ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-09-17 長びく不正性器出血

稲刈りのため、しばらく書き込みができませんでした。楽しみにしていた皆さん、本当にすいませんでした。予定では本日午後で今年の稲刈りが終了する予定です。化学肥料・農薬を標準量の半分以下に抑えての栽培のため大豊作は望めませんが、安全なお米が出来上がりました。”こがねもち”と”コシヒカリ”ご希望の方には販売いたしますので連絡下さい。


不正性器出血で相談にいらした女性のことです。3ヶ月ほど漢方薬を数種類試してみましたが、出血量はかなり減ったものの完全には止まりません。漢方薬の選択にも問題は無く、何か原因があるのではと考えられました。


女性に「年齢から考えて子宮筋腫子宮ガン・更年期障害・・・などが考えられるが、筋腫などがあるかもしれないから一度検査してもらったらどうか」と話し、しばらく考えてもらっていました。


1ヶ月ほど考えて検査する気になったと言うので婦人科の医師に紹介状を書いて渡したら、紹介状のお礼と検査結果が医師から届きました。その結果子宮筋腫が見つかり病院で治療することになったようです。「ガンでなくてよかった!」というのが正直な気持ちですね。


筋腫による出血でも漢方薬で止まる時はありますし、筋腫を小さくすることもできるといわれています。でも無理して漢方薬を続ける前に必要なチェックは入れるべきでしょう。今回は漢方薬の効果が上らないために、何か原因を疑った結果子宮筋腫の発見につながったものです。


子宮筋腫漢方的にはオケツ(疒+於 血)が主な原因と考えられます。オケツとは血(ケツ)の流れの悪くなった状態ですが、血(ケツ)は血液だけでなくホルモンのシステムとの意味もあると考えられ、血流とホルモンバランスの乱れた状態と考えられます。


立てば芍薬座れば牡丹・・・の芍薬・牡丹はこれから根を掘りオケツを改善する薬として使用されます。サフランやベニバナなども同様に効果があり、日頃から料理やお茶などに利用されるとオケツの防止に有効ではないでしょうか。

 ------------------------------------------------

皮膚科の病気・不妊症・心療内科相談・漢方薬生活習慣病

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演を希望される方はホームページを参考にしてください。