ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-09-30 湿疹とは言うものの・・・

薬局での皮膚病相談の大半は湿疹・皮膚炎関連疾患で占められています。私らはステロイドを中心に、どの強さのステロイドで基剤をどのように選択するか考えアドバイスするのが仕事の中心になります。


とは言うものの何でもかんでも湿疹・皮膚炎ではありませんね。一般の方は、顔ならニキビ、股ならインキンタムシ、足なら水虫、と決め付けてこられることが多いのですが残念ながら3〜4割は別の皮膚病が混じっています。


言われるままに薬を販売すれば効果がないばかりか、逆に悪化させることさえあり、皮膚病を研究する者とすれば確認してから薬を選びたいものなのです。


通常、湿疹・皮膚炎ならば適切な強さのステロイド軟膏(もしくはクリーム)の使用で1〜2週間もすれば治ります。アトピー性皮膚炎など慢性湿疹は別ですが・・・。


慢性に経過する湿疹・皮膚炎の場合は、A・使用された薬は適切かどうか、B・湿疹・皮膚炎以外の皮膚病ではないか、C・慢性の湿疹・皮膚炎なら刺激は体外にあるか体内にあるか、D・その刺激を避けるにはどのようにするか、・・・などを考えなくてはなりません。


治りにくい皮膚病では、皮膚の栄養療法も同時に行うべきと考えます。ビタミンミネラル等の不足(飽食の現代で考えられないでしょうけれども)によると思われる場合も実際に経験すると試す必要が充分あります。


一般的にはビタミンB2やB6を使いますがビオチン葉酸なども重要です。ニキビや手あれではビタミンAなども有効な場合がありますし、潰瘍性病変では鉄・亜鉛なども注目されます。ビタミンミネラルの総合的な補給にレバコールを使う理由がここにあります。


アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬・掌蹠膿疱症・天疱瘡・・・などの難治性の皮膚病では、漢方的な考えを積極的に取り入れるほうが有効ですが、あくまでも皮膚病相談の原点は皮膚の観察にあることに変わりはないでしょうね。

 ------------------------------------------------

皮膚科の病気・生活習慣病心療内科相談・不妊症・漢方薬

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演を希望される方はホームページを参考にしてください。