ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-12-10 ニコチン毒ジュース

私が力を入れている分野の一つに救急医学があります。もちろん薬剤師ですから行える医療行為に制限があり、心肺蘇生法や応急手当・中毒対策(啓蒙や予防)が中心です。


先ほどラジオを聞いていたらシモヤケ対策に”タバコの葉を洗面器の湯に浸し、シモヤケの部位を浸すとよい”と歯科医が紹介していました。この方法には大問題があります。


家庭での中毒事故の大半は子供で占められ、その多くがタバコの誤飲です。タバコには多くの有害物質が含まれますが、タバコそのものを直接口に入れた場合は大した事故にはなりません。


その理由はタバコを口に入れた時の違和感から1本以上口に入れることは考えられないからです。でも子どもの場合はたとえ少量でも身体の大きさが違いますから、吐き出させて(大抵は口の中の物を出すだけで充分)から医療機関で診てもらいましょう。


よく空き缶を灰皿代わりにする方を見ます。タバコの火が消えるように水が入れてあり、当然タバコの成分が水に溶け出しています。わからない子供は口にくわえて、このニコチン入り毒ジュースを飲むことがあります。


葉っぱの状態と違い水に溶けたタバコは吸収されやすく、しかも1本以上の量でも飲むことができます。タバコの誤飲で怖いのが、このニコチン毒ジュースなのです。葉っぱの時と違い、できるだけ吐かせて大至急救急病院へ向かう必要があるのです。


シモヤケには有効であっても、このニコチン中毒を考えると医療人としては薦める気になりません。有効性よりはるかに大きな危険性があると思うからですね。あなたの家族でタバコを吸う方がいたら、水にタバコを浸すことだけは絶対にしないで下さい。

  --------------------------------------------------

心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演の依頼に関しては、ホームページに掲載してある講演内容を参考にして、お申込下さい。