ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-12-16 二日酔は予防できるか

今朝ビワの木の枝を1本切り落としました。樹形を考えて落としたのですが、資源を無駄にしてはもったいないと思い、葉を採取しガンの相談に来ている方に差し上げようと考えています。ビワの葉療法の効果を期待してです。


ところで「著効の意味・定義について」質問が届いてますのでお答えします。著効(チョコウと読みます)とは、治療法の効果の程度を現す表現です。薬を評価する時、どの位の割合の人に効くかは重要な点です。この割合を有効率と言い、特に効果がある時を著効といいます。


例えば、ガンの人にビワの葉療法を施したら2割の人でガンが小さくなったとすれば有効率20%とするわけです。また同様に100人中3人の人でガンが消えれば、3人にとってビワの葉療法が著効したと言えるわけです。ただ病気や症状によってどの程度の改善で有効・著効にするかは異なります。


さて本日のテーマです。今年は忘年会も少ない様に感じますが、例年この時期「二日酔にならない薬ください」と相談されます。これは大変難しい相談で、正直に「ありません」と答えています。


アルコールの解毒を助ける薬はあるので、これらを活用してもらうのですが、宴会前に薬を飲むと、いつもより多くアルコールが飲めるようになります。結局二日酔の予防にはなりませんね。


まぁ一般的に回答すれば、宴会前には粘膜保護系の胃薬を使い、宴会(一次会)後に解毒系の薬を飲みます。そして帰宅して睡眠前に解毒系の薬を追加して飲み、翌朝排泄を促す薬を飲むのがベストだと思っています。


解毒・排泄に効くのがインチンゴレイサンという漢方薬で、あまり馴染みではないかもしれませんが玄人好みの漢方薬です。よく知られているウコンは解毒を助けると考えられます。


ポイントは、体内に入るアルコールを極力少なくし、宴会が終わったら速やかに排泄を促すことです。そのつもりで薬を使用すれば、宴会を楽しく過ごし翌日もスッキリしていられると思います。

  --------------------------------------------------

心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演の依頼に関しては、ホームページに掲載してある講演内容を参考にして、お申込下さい。