ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-12-17 薬の飲み過ぎによって起こる頭痛

今年も残り2週間となりました。そろっと年賀状の準備にかからなくてはなりません。私はその前に町内役員として総会資料をまとめる必要があり、頭が痛みます。


頭痛は女性に多い症状の一つです。何故女性に多いのかわかりませんが、女性ホルモンが影響しているのかもしれませんね。その証拠に生理リズムに対応するように起こる頭痛がありますから。


頭痛に対して痛み止め(鎮痛薬)を使います。痛みが強くなってから使うよりも痛み始めの軽いうちに使うのが効果的です。でも、ここが難しいところで軽い段階で使うと使用回数はどうしても増えることになります。


痛み止めの使用回数が増えると、薬による頭痛(薬剤誘発性頭痛・薬剤性頭痛)が起こることも知られており、鎮痛剤の乱用につながってきます。


私も今まで何人か薬剤性頭痛と思われる人の相談を受けました。漢方薬を使うことで鎮痛剤の使用頻度を減らして行きますが、頭痛の強さ・頭痛の頻度によっては鎮痛薬を併用する人がほとんどです。


鎮痛剤は副作用も起こりやすい薬剤で、胃腸障害・肝障害には注意が必要です。特に薬剤性頭痛の人は胃腸障害(胃潰瘍など)があると見なければいけないと思っています。だから早く脱するために漢方薬を私は使うのです。


ケイシニンジントウ・ゴシュユトウ・カッコントウ・ケイシカカッコントウ・ケイシトウ・ケイシブクリョウガン・など多数の漢方薬の中から症状・体質に合せて選びます。


頭痛が強い人・使用頻度が多い人・鎮静薬配合の頭痛薬を使用している人は、通常治るまでの期間が長くかかります。それだけ薬に頼った身体になっているということですね。

  --------------------------------------------------

心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演の依頼に関しては、ホームページに掲載してある講演内容を参考にして、お申込下さい。