ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-12-18 ノロウィルス感染の重症化を防ぐ

私は味には無頓着なので、基本的に何でも食べます。子どもの頃は少々傷んだ物でも気づかずに食べていました。そのお陰かどうか身体は今のところ丈夫です。


先月くらいから保育園などを中心にノロウィルスと思われる嘔吐下痢症が流行っているようです。ノロウィルスを直接殺す薬はないため治療は対症療法になります。対症療法といっても整腸剤が中心であとは脱水症状に対する管理です。


脱水症状に対して医療機関では点滴が行われますが、小さいお子さんに対し針が刺されるのは辛いものがありますね。点滴に代わる方法として近年、経口補水療法が注目されています。


経口補水療法とは嘔吐や下痢で失われた水分や電解質をドリンクという形で飲んで補う治療法です。注目される理由は経口補水療法を採用している医療機関で点滴と変わらない効果が確認されているからですね。


製品として発売されていますが、自宅でも簡単に作れますので紹介します。なおポカリスェットなどのイオン飲料は汗をかいた時用で水分補給が目的です。嘔吐や下痢の時は水分と電解質の療法を補う内容にしなくてはいけません。


水1リットル・食塩3g・砂糖40gを混ぜて溶かし果汁(リンゴ・ミカン・レモンなど)を適量入れてカリウムを補うと同時に味を調えて出来上がりです。ポカリスェットより飲みにくいかもしれませんが製品もこの点は同じです。


嘔吐がある場合はショウガの絞り汁を加えるのも効果的です。吐気を抑える働きもあり一石二鳥です。飲むときは少しずつ飲ませてください。吐気があっても少量ずつなら飲めるはずです。


お金をかけず、しかも痛い点滴をせずに重症化を防ぐ方法です。感染しないに越したことはありませんが、感染しても軽症で済むようにしたいものですよね。少しの手間をかけてみませんか?

  --------------------------------------------------

心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演の依頼に関しては、ホームページに掲載してある講演内容を参考にして、お申込下さい。