ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2009-02-16 桂歌丸師匠とタバコ

あなたもご存知のように笑天でお馴染みの桂歌丸師匠が1週間くらい入院されました。肺気腫急性憎悪だそうですね。肺気腫は今はCOPDと呼び21世紀の国民病とされています。原因の大部分はタバコです。


歌丸師匠は1日に60〜70本もタバコを吸っていたようですね。大雑把な計算ながら、1日の喫煙本数×喫煙年数が400を超えると何らかの影響が現れるとされています。つまり20歳で吸い始めれば1日1箱のペースなら40歳で身体に異変が現れるということですね。


COPDの知識を普及させようと呼吸器科医を中心に肺年齢という言葉を使い出しています。簡単に言えばタバコを吸うことで肺が早く老化するということなのです。歌丸師匠は会見の中で携帯用の酸素を見せていました。


肺の機能が傷害されて、酸素ボンベがなければ充分な酸素を身体に取り入れられない病気がCOPD肺気腫や慢性気管支炎)です。当然、日常生活にも大きな制約が出てきます。


今日は午後から栃尾の中野俣小学校に薬物乱用防止の話しに行きます。京大生の大麻事件・歌丸師匠の入院などを入れながら小学生に事の重大性を理解してもらおうと考えています。ただ、相手は小学生なので適当にゲーム的な要素を入れて飽きないようにさせなくてはいけませんが、そこは経験済みですのでクリアできるでしょう。


大人になってもタバコを吸いたくないと事前アンケートでは全員の児童が答えています。是非そのようであって欲しいとの気持ちで話をしてきます。

  --------------------------------------------------

心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

あるいは⇒http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/sub6.htm

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演の依頼に関しては、ホームページに掲載してある講演内容を参考にして、お申込下さい。