ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2009-03-27 めまいには漢方で

昨日はなごり雪とは言えないような量の雪が降りました。三寒四温のこの時期、温暖な初夏の陽気と冬に逆戻りした寒さとのギャップは当たり前とはいえ身体にこたえる筈です。体調管理に気をつけましょう。


春先の季節の変わり目は、身体のバランスが大きく崩れやすい時期です。加えて生活上の変化などもあり心理的な負担も更にバランスを崩す原因となります。この結果、自律神経失調に伴う諸症状が現れやすいのです。


自律神経失調症状の一つに”めまい”があリます。やはり春先のこの時期に相談が増えますね。めまいにもいろいろな原因があるのですが、気をつけなくてはいけないのが脳の障害に伴うめまいです。症状の変化などを確認することである程度確認できますが、疑わしい時は医療機関を紹介することになりますね。


特にどこにも異常が見当たらないケースは漢方薬が得意とする分野です。めまいは水分代謝の異常として対応することが多いのですが、時々血液循環に問題があったり心理社会的な要因が原因で起きるめまいもあります。


水分代謝に異常が認められる場合は、ジュツ・ブクリョウ・タクシャ・ハンゲ・などの生薬が配合された漢方薬を用いることがほとんどです。東洋医学新潟県部会で私が発表したケースはグルグル回る回転性のめまいですが、これにはタクシャ配合の漢方薬が高い効果を現します。


めまいなどの相談を多く受けると、水分の摂取過多が傾向として浮かび上がります。血液サラサラブームなどの水健康法で逆に体調を崩している人が多いので、多くの漢方家は水分摂取を控えるように指示していることでしょう。


この時期めまいで苦しんでいる貴方、水分の摂取を見直してみてはいかがでしょう。ひょっとしたら、それだけでだいぶ症状が軽くなるかもしれません。

  --------------------------------------------------

心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

あるいは⇒http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/sub6.htm

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演の依頼に関しては、ホームページに掲載してある講演内容を参考にして、お申込下さい。