ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2009-04-09 わきが(腋臭)と対処法

薬局の近くに福島江という用水があります。この福島江沿いにサクラが植えられていて、この陽気で週末はちょうどよい見頃でしょうね。きっと多くの人で賑わうことでしょう。


私の薬局にはオドレミンという、わきが・体汗臭用の製品があります。暖かくなるとネットか何かで探して買いに来る方が増えるのです。日本人は欧米人に比べ臭いに敏感なようですが、若い人は過敏になっているようにも感じます。


なぜワキガは臭うのでしょうね。ワキガはアポクリン汗腺から出た汗が細菌により分解されて独特の臭いになるとされています。まず通常の汗(体温調節や老廃物の排泄など)はエクリン汗腺から出て、その構造も分泌される成分も身体の分布も異なります。


身体での分布を考えると一種のフェロモンとしての役割も考えられ、ある程度臭うのは当たり前なのだと思います。ですから完全な無臭にはならないはずで、必要以上に過敏になってはいけません。


私達の皮膚にはどんなに清潔にしても皮膚常在菌が住み着いています。分泌された汗はこの皮膚常在菌によって分解され腐敗臭を発するようになります。わきが(腋臭)の臭いの正体はこの腐敗臭なのですね。


さてワキガ対策は、アポクリン汗腺からの発汗を抑え細菌の繁殖を最小にすればよいのです。もちろん神経質にならない程度に清潔にしてもらわなければなりませんけど、最近の傾向として過ぎたるは猶及ばざるが如し・・・。


私の方法は、

1.殺菌剤と制汗剤配合のエチケットローションをコットンに含ませ腋の下を拭き取ります。

2.乾いたらもう一度エチケットローションで拭きます。

3.更にオドレミンを指先で塗ります。

4.1〜3を1日2〜3回行うと10日〜2週間程度でアポクリン汗腺からの発汗量が減ってくるはずです。


上のような方法で効果が不十分な場合は、漢方薬を使ったりササヘルスを使ったりします。身体の臭いはデリケートな要素ですから、心理的なサポートも必要となるケースも少なからずありますね。

  --------------------------------------------------

心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

あるいは⇒http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/sub6.htm

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演の依頼に関しては、ホームページに掲載してある講演内容を参考にして、お申込下さい。