ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2009-09-10 自殺予防に向けて

最近は忙しさにかまけてスッカリご無沙汰なのですが、趣味で山登りを始めた頃から天気図を読むよう心がけています。今日の雨は私は天気図からは予想できませんでしたね。ここ数日の涼しさは寒気の南下によるようで高層天気図がなければ読めなかったと思います。


今日9月10日は『世界自殺予防デー』だそうです。確か新潟県でも自殺予防推進月間を9月に設定しているとおもいますが、残暑が残るとは言え秋ですから何か寂しいものを感じる頃です。


自殺の原因は、経済的な問題や病気を苦にしてのことが多いと調査結果が出ています。経済的な問題に関しては行政を中心に支援策を講じたり弁護士司法書士による法務相談が行われていますが更なる充実が必要です。


病気に関しては私ら医療人が工夫しなくてはならないでしょう。死を考えるようになるのは”うつ”が関係すると言われます。そしてどんな病気でも人は”うつ状態”になり得るのですから、情報提供の方法に工夫の余地があるように思うのです。


一方で介護が必要になるような状態では、長い年月を要することから介護サービスなどを上手に利用することが大切ですね。ただ農村部を中心に介護サービスの利用に対し心理的な抵抗が強い人もいますので理解を深めながらの利用が重要なのでしょう。


うつの予防には各種ストレス発散法がありますから自分にあう方法をいくつか身に付けておかれると良いでしょう。私が最近感じていることはうつの人は気持ちの整理に問題があるのではということです。


過去の経験から、自身の未来を過剰なまでに心配してしまう傾向があるように感じています。いつまでも過去を引っ張っているように思うので「過去のことは余り気にしないで今できることだけを考えてみよう」とアドバイスしています。


また周囲の人が変化に早く気づくことも重要です。単なる落ち込みなら必ず立ち直るのですが、うつの場合は立ち直りが見えません。過去に引っ張られているのですから、立ち直れないのです。3〜10日経っても気持ちの整理がつかないようなら話を聞いてあげるといいでしょう。


人間関係が希薄になっている現在ですが、まだまだ捨てたものではないはず!この社会、持ちつ持たれつです。いい時もあれば悪い時だってあります。いつまでも悪いことが続きはしませんよね。

 --------------------------------------------------

心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

あるいは⇒http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/sub6.htm

新型インフルエンザの情報はこちら

  ⇒http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/sub13.html

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演の依頼に関しては、ホームページに掲載してある講演内容を参考にして、お申込下さい。