ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2009-11-02 殺虫剤とリウマチ

それにしても寒くなりましたね。我が娘の通う中学校は学校閉鎖でしたから今朝久しぶりに登校して行きました。新型インフルエンザに加え季節型インフルエンザもこれから流行に入ります。気をつけてゆきましょう。


チョット興味深いニュースが飛び込んできました。興味深いと思うのは私だけかもしれませんが紹介します。ゴキブリやハエ・カなど衛生害虫が家庭に発生した場合殺虫剤を使いますよね。また庭木などの害虫退治にも殺虫剤を使うこともありますね。


米国での閉経後の女性を対象に聞き取り調査をした結果として、殺虫剤の使用回数が多い人や庭での殺虫剤散布年数が多い人にリウマチなど自己免疫疾患が2〜2.5倍高く発生していることが報告されました。


職業柄、農薬を使う回数の多い農家に多いわけではなく、詳しい理由は不明だとしています。また具体的にどの成分が原因となっているかも不明で、わからないことが多い現状ですが注意が必要だと思いますね。


可能性の一つとして、室内でスプレー式殺虫剤を使用した場合、屋外に比べ分解されにくく残留した成分により免疫系に乱れが生じるとされています。日本でも農薬散布時期に原因不明の神経疾患・自律神経症状が発生しやすいとの報告もありますから免疫系に乱れが生じても不思議ではありません。


リウマチ漢方で”湿の病(湿気の病気)”に分類され、屋内での生活が長ければ、漢方的にもリウマチの発生が高くなることは充分予想できます。漢方では治療方法に変わりはなく普通のリウマチと同じように使います。


具体的には、ケイシカブシトウ・ケイシブシトウ・ビャクジュツブシトウ・カンゾウブシトウ・エッピカジュツトウ・などが多く使われるのではないでしょうか。


家庭で殺虫剤を使用する場合、今後は残留性なども気をつけて使うのがいいように思いますね。もう少し詳しい研究報告を待ちたいところです。

 --------------------------------------------------

心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

あるいは⇒http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/sub6.htm

新型インフルエンザの情報はこちら

  ⇒http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/sub13.html

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演の依頼に関しては、ホームページに掲載してある講演内容を参考にして、お申込下さい。