ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2009-11-11 フットケアは総合診療

全国的にしばらく天候が悪そうです。さすがに雨が降ると寒さを感じますね。暖冬とはいわれてますが今年の冬はどうなるのでしょう。日本海側の地方では、これから冬季うつ病が増えてきますが、このような天候が気持ちには悪影響ですね。


心身医学は全人的医療と言われます。漢方の観方もまさしく全人的医療なのですね。そして漢方医学は総合診療でもあるのですが、昨日の講演では、フットケアをリードしている先生から「フットケアは総合診療だ」と言われ、確かにチーム医療が必要な分野だと感じました。


昨日行われた長岡フットケア研究会では『糖尿病とフットケア』と題し東京女子医大糖尿病センター講師新城孝道先生の講演がありました。日本におけるフットケアのパイオニアの先生です。


フットケアは本来、皮膚科や整形外科が中心だと思いますが糖尿病透析の先生が関心を持っている分野です。進行した糖尿病透析の患者は、足にトラブルを作りやすく体調を大きく崩したり場合によっては死に至ることもあるからでしょう。


皮膚の感染症では壊疽に注意しながら治療を行いますが重症化しやすく皮膚科医だけでなく感染症専門医との連携も必要になります。状態によっては足の切断も考慮することになり整形外科による手術を行うこともあります。


タコ・ウオノメの原因に老化などに伴う脊椎の変形も重要で単にタコ・ウオノメの治療だけしていては根本解決につながりません。脊椎の変形をどうするかとなれば整形外科との連携が必要ですし、靴を足にフィットさせて圧力を分散させるには靴の専門家にも意見を求めることもあります。


血流悪化が原因でトラブルが起きていれば、先ずは内科的治療をし改善が見られなければ血管外科による治療が必要になるなど、全身状態を把握しておかないと十分なケアができないと力説されていました。


フットケアだけでなくどんな相談にも、全身状態・生活環境・食事内容・・・を確認することが重要ですね。

 --------------------------------------------------

心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

あるいは⇒http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/sub6.htm

新型インフルエンザの情報はこちら

  ⇒http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/sub13.html

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演の依頼に関しては、ホームページに掲載してある講演内容を参考にして、お申込下さい。