ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2010-01-19 私が考える正しいダイエット

私はいわゆる甘辛両刀使いなのでしょうね。お酒は飲みますし、羊羹や饅頭も嫌いではありません。それでも運動していた頃はベスト体重を維持できていたのですが、社会人になり運動の時間も少なくなるとアット言う間に10kgも太ってしまいました。でも初めて買ったスーツは何とか着ることは出来たので体形はある程度維持できていたかとおもうのですけど・・・。


太るのは単純です。飲食物から得られるエネルギー基礎代謝や運動で消費されるエネルギーの引き算で、プラスになれば太りマイナスになれば痩せてゆきます。色々なダイエット食品がありますが、最終的にこの引き算で結果が出ます。


さて、ダイエット食品は本当に痩せるのでしょうか?私はノーと言います。だって引き算を無視してダイエット食品だけで痩せようといっても余ったエネルギーの行き場がありませんからね。ダイエット食品は、飲食物のエネルギーの吸収を若干低下させるとか、基礎代謝をわずかに上昇させる程度の働きしかありません。


もっとも医師が処方する肥満治療薬も現実にはありますが、重い副作用の報告もありますし、肥満治療薬が違法に含まれる健康食品(私に言わせれば不健康食品)で死亡者が出るなど、安全とは言えませんから、楽して痩せようということは現実にはほぼ不可能だと考えて良いでしょう。


この点は漢方薬でも同じと考えます。漢方薬だって魔法の薬ではないわけです。ただ、私の経験では漢方薬+ある程度の努力で体重を落とすことは可能です。体重以外にも体調は改善させやすいし、やるなら漢方薬をお奨めします。


私はダイエットとは、運動とカロリー制限を同等に考えています。どちらかと言えば運動に重点をおく立場でしょう。いくつか理由があるのですが、体重を落とす場合に重要なのは脂肪を落とすということですね。


運動をしないと、どちらかと言うと筋肉が落ちやすい印象を持っています。そうすると体に残った脂肪は重力に負けて垂れてきますから、せっかく痩せても美しい体形とは言えませんね。また基礎代謝の多くは筋肉で消費されますから、筋肉が落ちると基礎代謝も低下し痩せにくい体質になるのです。他にも運動のメリットはたくさんあるのですが省略。


また食事を極端に落とす方も多いのですが、感心できません。ある程度余分なエネルギーは抑えなくてはいけませんが、極端に制限してしまうとエネルギー代謝に必要なビタミンミネラルも不足してしまい、逆に痩せにくくなるのです。ですから○○だけダイエット式の方法は問題が多いと言わざるを得ません。


また長期間にわたって徐々に落とすことが望ましいことから、短期間に集中して行う方法ではなく、無理のない計画を日常生活に当てはめる必要があります。私は食事と行動の記録を1週間程度つけてきてもらい、いくつかの提案の中から選んでもらうようにしています。自分で出来そうな方法を選ぶので続けやすいという利点があります。


日常生活の記録から、正しい知識に加え行動療法や心理療法を取り入れ、漢方薬などを使うのが無理のない理想的で健康的なダイエットだと考えています。またBMI肥満の程度を把握し、単なる痩せ願望による不健康なダイエットはお断りしています。(だから、売れないのでしょうねぇ)

 --------------------------------------------------

心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

あるいは⇒http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/sub6.htm

新型インフルエンザの情報はこちら

  ⇒http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/sub13.html

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演の依頼に関しては、ホームページに掲載してある講演内容を参考にして、お申込下さい。