Hatena::ブログ(Diary)

ヨコミミ通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-11 西京漬け おいしい魚種は?

西京漬け おいしい魚種は?

銀だら西京漬け

魚の西京漬けって魚の苦手な人やこどもでも喜んで食べられるし、滋味豊かでおいしいよね。よく京都の知人が贈ってくれるので、大好きになった。まあ毎日食べるものでもないし、贈られてうれしいグルメのひとつだ。詰め合わせでいただくから、いろいろな魚種の西京漬けが味わえて楽しい。特に気に入っているのが「銀だら」。たらというと鍋にしたときは淡白な魚なんだけど、旬の脂ののった銀だらが西京漬けになると、濃厚になって美味いからちょっと不思議な感じがするね。わたしの好みのランキング一番はやっぱし銀だらですな。

さわら西京漬け

京都の西京漬けと言うと、やっぱり「さわら」が有名。それだけにクセがなく西京漬けのスタンダードという感じ。まあ好き嫌いがあるからあくまでわたしの好みだけど。ほかに好きなのが「金目鯛」。この魚の上品な甘さと、身ばなれよく食べやすいところがお気に入りです。それから「かれい」もいいね。どうも白身魚のほうが、ベースにクセがないだけに、西京味噌の旨味が生きるようだ。相性がいいというのかな。そんでもって意外にイケると思ったのが青背魚の「さば」。庶民の魚も上品さを纏ってけっこうオツな味に変身する。

金目鯛西京漬け

蔵みそ漬詰め合わせ

ほかにもキングサーモンや紅さけ、メロなんかもおいしい。焼き方も簡単。おいしく焼くコツは、切身に着いている西京味噌を軽く拭き取ってから、揉んだアルミホイルに乗せて、あとはお好みの時間焼けばよい。以前は西京漬けと言うと甘いものだと思って敬遠がちだったけれど、本場の西京漬けは、甘いと言うより旨い。左党にもおいしいお酒の肴になります。もちろんご飯のおかずにも最高。いいね、京都の西京漬け。銀だらがオススメです。→京都一の傳 創業80年の西京漬