Hatena::ブログ(Diary)

ヨコミミ通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-13 便秘やガス腹の解消法

便秘・ガス腹の解消にオリゴ糖が人気

f:id:hiroi0:20090913230313j:image:right

朝からスッキリしなくて一日が憂鬱になる便秘。夕方、お腹にガスが貯まってきてキツいガス腹。どちらも不愉快なものですねえ。これ、どちらもストレスや腸の運動不足になって起こることが多いみたいです。まあ便秘とガス腹には相関関係があり、ガス腹でおならを我慢していると便秘になりやすくなるし、便秘で腸に負担がかかるとガスが発生し、それをとりもつのがストレスというわけで。まったく困ったもんです。

ガス腹の原因となるガスは、腸がタンパク質を分解する時に発生するもの。タンパク質はイモや豆なんかに多く含まれてますから、イモ喰いの屁こきというのは当たっているのです。まあ人前もはばからず貯まったら速やかに出す、ということができていれば、ガス腹や便秘にはならないのですが、自宅ならともかくも職場や車内ではそう言うわけにもいきません。いわゆる職業病です。腸が正常な働きをしていればガスも貯まりにくくなるので、体操やツボ押しなどで腰の筋肉のコリをほぐしてやれば改善されることも多いようです。

便秘の場合もガス腹も市販の胃腸薬で解消はできるんですが、クスリで強引に改善するわけですから腸にとってはかえって負担になっている場合が多いのです。できるだけ自然な形で腸のはたらきを正常にしてやるのがいいんです。それで有名な善玉のビフィズス菌を活性化させて腸内の発酵を推進させてやるのが体にやさしい方法。ではビフィズス菌を活性化するにはどうするか…乳酸菌飲料を飲む手もありますが、善玉菌を活性化させるためにはビフィズス菌のエサになるものを与えてやるほうが効果的。そのエサに最適なのが最近話題のオリゴ糖と言うわけ。オリゴ糖は吸収されにくく、カロリーの心配をしなくていいので便秘やガス腹の解消に人気があるんですね。→便秘に悩む人に爆発的人気の高級オリゴ糖一か月分プレゼント