Hatena::ブログ(Diary)

ヨコミミ通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-14 よもぎの効能で自然なスキンケア

よもぎの効能で自然なスキンケアを

f:id:hiroi0:20090914213320j:image:right

よもぎ(蓬)は日本中どこでも見られるキク科の多年草で特有の香りがする。昔から食草や薬草として多用されているので、親しみ深い植物のひとつだ。春先の新芽は茹でておひたしや椀の具にされるし、よもぎの天ぷらなんてのもオツなもんだ。あとはヨモギの草餅もおいしい。薬草としては生薬の煎じ薬に使用され、胃腸の薬や貧血、冷え性などに効能があるとされている。またお灸の艾(もぐさ)はよもぎの葉っぱの裏側に生えている綿毛から作られている。

アウトドアのキャンプで眠る時、断熱やクッション用にグラウンドシートを持参する人が多いだろうけれど、わたしは荷物になるから何も持って行かない。現地に生えている、ヨモギやカワラヨモギを刈ってきてベッドマットのように敷き詰めシュラフを載せて眠るのだ。しばらくすると香ばしさとともに体の下からポカポカしてくる。これもよもぎの効能のひとつで血行を促進する効果があるのだ。冷え性の方の野宿にはぜひおススメしたい。よもぎの葉は止血にも効果があるのでアウトドアでは大変重宝する草なんであります。

よもぎの効能には、皮膚のケラチンを柔らかくしてくれる作用や保湿作用もある。なので天然よもぎ成分配合のスキンケア用品や石鹸、入浴剤などを使うと、肌がすべすべになり皮膚の炎症やあせもにも有効だ。また、かゆみにもいい。天然よもぎの成分を抽出したスキンケア製品のなかから、ノンステロイドで無香料のクリームや石鹸を選べば、敏感肌の人や赤ちゃんにも安心して使える。かゆみやあせもなどには、ヨモギローションやヨモギ化粧水を使えば自然なスキンケアができる。昔の人の知恵が現代にも有効に受け継がれているわけですな。→かゆみ対策の必需品。ノンステロイドのよもぎクリーム