Hatena::ブログ(Diary)

ヨコミミ通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-15 究極の通販グルメ クエ鍋を喰え!

究極の通販グルメ クエ鍋を喰え!


↑アラ(クエ)鍋4-6人前

クエって魚、ご存知ですか? ハタの仲間で九州ではアラと呼ばれている、コワモテの顔をした大型魚です。1m以上もある雄がいるので、釣り好きにとっては憧れの魚。幻の魚と言ってもいいでしょう。しかし食材としてもわれわれ庶民にとっては超高価な幻の魚です。ただし希少な天然物をいただこうと思うとね。このクエ、旬は冬で、クエ鍋(アラ鍋)やクエの刺身、ちゃんこ鍋の具材としても使われます。顔や姿はグロ気味ですが、淡白で美味しいんです。よくグルメ漫画の題材にされてますしね。


水族館に行くと、巨大水槽の底の方に大概どてーっと不貞腐れていらっしゃいますから、いつもよだれを吸い込みつつ見てるんですけど、高いからなあ。およばれで料亭なんかに席をいただいたとき、た〜ま〜にクエに出くわしたことがありましたが、味がわかるほどの量を口にしたことがありません。魚好きとしては、ぜひしっかりと味わってみたい魚なんであります。鱈腹なんて贅沢は申しません。せめて味が分かる程度に喰えればと。ただし天然物!のクエです。博多や南紀などの産地にいけば比較的安く食せるのでしょうけど、旅の予定がたたない。そこで通販グルメをググりましたら…あるもんですな。玄界灘に浮かぶ壱岐の島の旅館の通販。しかしけっこういい値段してますね〜天然物のクエは。二三人前でもやっぱり15000円は下りませんかぁ。通販サイトの方でも品薄なせいか積極的に売ろうとしてませんな。「あまり売ってません、あしからず」なんて小さく書いてある(笑)。


しかし気を取り直して、商品一覧を見ていると、さすが天然物のクエを通販するだけのことはある。結構、旨そうな鮮魚の食材が並んでます。タイやイカを漬けにしたお茶漬け「島茶漬け」とか、「ウニの炊き込みご飯」とか。オッ!「幻の魚・アラ(クエ)茶漬け・からすみ添え」というのがあるぞ…これなら4750円か。ひとまずこっちにしとくかなあ。魚好きならクエを喰え!ですからな。

詳細は→「フグよりもうまい!」と賞される「クエ」(九州では「アラ」と呼びます)の贅沢鍋をお取り寄せ