Hatena::ブログ(Diary)

ヨコミミ通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-21 軽い腰痛ならサポーターで凌げ

軽い腰痛ならサポーターで凌げ

前回は骨盤ダイエットについてつぶやいたので、今日は腰をまわし過ぎたときの話題で(笑)。腰の痛みっていうのは突然来るから厄介で、また来そうな兆候を察知すると、えもいわれない恐怖を感じますね。わが家は古いマンションなのでキッチンの高さが非常に中途半端。流しで食器などを洗うときに腰をピンと伸ばすことができず、作業が長時間になればなるほどジワジワと負担が来ているのがわかりビビリます。こういう体勢が腰にイカンのですね。

そんなときは腰をくの字にして横向きに寝て腰を休ませるのが効果的です。また重いものを持とうとした時に急にくる、いわゆるギックリ腰なんかは最初は冷やした方がよいようです。ただし冷やし過ぎはNG。痛みがやわらいだら今度は温めたりマッサージをするのが有効。いずれにせよ、痛みがかなりひどい場合は医療機関を受診すべきですが、軽度の腰痛なら腰用のサポーターをするのも効果があります。

腰用のサポーターは、腹部を適度に圧迫することで腹腔圧を高めて腰椎の負担を軽減し、姿勢を正しく制御し、骨盤を安定させてぐらつきを抑えます。また腰サポーターをすることで腰の保温もできますから、リラックスできていいんですね。腰痛に悩んでいる人はたいへん多いようで、職場や家庭で腰用サポーターを常用する人が増えています。つけていても目立たないタイプや、おしゃれなカジュアルサポーター、自分の体に合わせて作るオリジナルオーダーサポーターなど種類も豊富。腰痛に悩んでいる人は腰用サポーターを一度試してみたらいかがですか。→30の色柄×5サイズ=150のパターンから選べる腰用サポーター