エセすすきの日ごろの話題

2017-07-23 第847回

11:15

11:15

11:15

11:15

11:15

11:15

11:15

2017-07-22 第846回

エロいヌード 11:15

messy夏目哉大のヌードはエロティックなものが出てしまい、エロいヌードになった感がある。原因は彼の乳首が大きいことで乳首が際立つところに目が行く。messyのイケメンヌードで披露した男優のヌード。乳首が異常という人はいなかった。夏目哉大だけ気になる乳首だったのでそれが目立ち過ぎた。これを雑誌で取り上げない。雑誌で紹介できないからある意味では不幸だと思う。色白の体も肉体美も雑誌で取り上げないのは不幸かもしれないのだ。男の美しさ、グラビアで見せるイケメンの美しさ、男優でも紹介を。雑誌で取り上げていかないと取り残される気がすると思った。今回も今一つなイケメンヌードであった。

遭難した人、75年ぶりに発見 11:15

アルプス山脈で遭難した夫婦が75年ぶりに遺体で発見。遺族もようやくその悼みの念をというニュースがあった。

75年経って、ミイラとなって現れた遺体。家族がどれほど苦痛でいたか。痛みがぬぐえなかったかを学んだ。歴史に埋もれていつしか忘れ去られたニュースもあるものである。

心の病気 11:15

精神の病気。病気ゆえに感情のコントロールを抑えられない人が多い。さて、感情表現が下手と感情表現が病気ゆえにできない。いずれも不器用と。これは病気がどうこうという問題ではないと思う。病気してない人にでも感情表現が苦手な人はいると思う。苦手ゆえにうまくできないまともな大人もまたいることは確かで病気がどうこうではないと思う。苦手な人は何をやってもできない。まともな大人にもいるので病気でひとこと片づけてはいけないことである。

〇夜〇〇ス 11:15

番組発掘プロジェクトで投稿してる〇夜〇〇〇スとハヤシダユウイチ氏は、同一人物ツィッターで成りすまして投稿したことを書いている。これが怪しいことに気が付いた。彼が病気持ちかどうか探るつもりはないが、あまりの露見の下手さ、稚拙さが出て、おかしい奴である。ネットという狭い社会で笑いものにされやすい環境の中で笑われているのがいる。笑われてはおかしいものである。

私は、彼の言動にだまされないと思う。だまそうとしてる手口をしてる気がするのだと思う。こんな子供だましでネットで多くの人をだますなんて愚かなことかと思う。ネットは間口が狭いため、すぐ笑われる。これだけは気を付けたほうがいいと書きたい。あと4回で850回。

11:15

11:15

11:15

2017-07-21 第845回

上野東京ラインネタ 11:15

私も人間であるから見落としや失敗はある。841回を過ぎて、気が付いたが、「841」と言えば、熱海発8:23沼津着8:41。だが、上野東京ライン宇都宮発4:37熱海行き8:20着。熱海乗り換えで沼津まで8:41着。計4時間4分かかる。だが、宇都宮熱海行きの上野東京ライン始発列車は3時間43分かかる。もし宇都宮沼津行きの始発列車は、4時間はかかるので、何か自分の心が浮き立つお思いがした。

2004年のダイヤ改正以降、東京沼津行き。日中のみ縮小された。現在は、ごくわずかである。沼津宇都宮高崎行き。あってもいいのではと思う。日中でもいいのでと思った。

845回目に書く841で浮かぶ話。

今年の「思い出のメロディー」はもう見ない? 11:15

今年の「思い出のメロディー」はもう期待はできず、見る気もないので、完全に卒業した。

今の民放各局が夏の大型歌番組を年に1回放送していく。放送も力を入れている。テレビ東京も「夏祭りにっぽんの歌」以外にも新しい夏の歌番組をやっていくのを見て、今までの歌番組の枠にとらわれない新しい形の歌番組をやっていく。年々進化していると思う。いつまでも「思い出のメロディー」が昭和歌謡にとらわれたら取り残されていくことだと思うのだ。だから、私もきっぱり見るのをやめようと思った。

テレビ東京の「テレ東音楽祭」新しいテレ東の歌番組である。懐メロ番組も時代の流れには勝てなくなった気がする。

見てない番組と「昔よかった」は… 11:15

BSジャパンでやっている。「昭和は輝いていた」。私は見てない番組だが、昭和がいつまでも「よかった」と思っても間もなく昭和が去って30年になる。いくら昭和のことを浸っても今は平成で21世紀も17年。最近、平成生まれの有名人もどんどん出てきたので昭和のことを浸ってもやっぱり前に進まないのだ。「昭和は輝いていた」は私にはどうしても見る気がないと思う。だが、ある方のツィッターで見て気になったのはある。

琵琶湖哀歌」 11:15

ツイッターで見て気になったが、最近、「昭和は輝いていた」の番組の中で「琵琶湖哀歌」を紹介された。1969年放送の「なつかしの歌声」のVTRから紹介。ところが、編集されていたのだ。1番目はそのままだが、2番目と4番目は風景画像で歌うシーンをかぶせていた。こればかりは仕方がないと思う。無責任な書き方になるが、そのときの歌うシーンを見ても知ってる人はいないため、見ても分からない人が歌ってるので面白くない。そうすると編集されてしまうので、昔みたいにそのままではいかなくなった。時代の流れで昭和の歌も様変わりしたようだ。

やはり昭和の歌もそのままで紹介できない時代になったかもしれないものか?

messyのイケメンヌード 11:15

messyのイケメンヌード。7月に夏目哉大。美しいどころではなかった。彼の色白の体が際立ち過ぎたこと。夏目哉大の乳首が目立つように大きく見えたなど美しさが全くなかった。また、男のエロスのヌードばかりで引いた。男優のヌードは露骨にむき出ししていくので男のヌードもひどいものになってる。ゴシップサイトで載せるイケメンヌードは品がなくなりつつあるのではないか?と思った

843回目は… 11:15

843回目は今一つで書いたのは3つと不調だったが、今日は5つ書いた。5個だけでもいいものである。4つ以上書いていこうと毎日決めていきたい。845回目はこれを入れて6つ。

2017-07-20 第844回

日野原先生 08:14

  • 100歳を過ぎても現役の医者であり続けた日野原重明先生。テレビで100歳になってもそれ以降の予定を手帳にびっしり記しているのを見たことがある。向上心が耐えなかった日野原先生。日野原先生のように耐えず、劣らず、求める心がないといけないものだと思った。先生は、不死身で「まだまだ」と思っていたが、まさか具合が悪かったとはと初めてしまった。先生、まだまだ生きたかったと思いを今更知った。

梅雨明け 08:14

  • 夏本番、暑い夏はまだ続く。7月の夏も8月の夏も暑い。関東で梅雨明けしたので書く。

1990年7月19日 08:14

  • 1990年7月19日・聖教新聞1万号達成。「人間革命」の連載再開してない時期だった。2019年ごろには2万号達成する予定。版で1万に行くのは29年近くかかる計算である。今日は今一つ不調で書こうとしてもチカラが入らないため、ここまでとする。

2017-07-19 第843回

日野原先生… 07:54

  • 日野原重明先生、105歳で永眠。105歳と長生きである。最近になって時代の流れのせいか「大往生」は死語になりつつなった、「大往生」は、昔の言葉のように聞こえる感じがする。日野原先生の訃報でそう思った。医者として「生」や「いのち」の在り方を考えた方に「大往生」はよくないと思った。むしろ、別の言葉がふさわしいと思うのだ。明治生まれの人はほとんどいなくなった。昭和生まれや平成生まれの人が活躍する今で時代の流れで言葉も変わったと思った。

アリューシャン地震 07:54

  • 朝のニュースでアリューシャン地震が起きたニュースが流れた。日本への津波の心配はなしということである。しかし、東日本大震災の影響もあって、最近、日本にいつ災害が起きるか分からない状態である。災害は日々一刻である。もし日本に起きたらと人の不幸を喜んだらいけないと思った。アリューシャン。日本から遠く離れた島にある。そのことで一瞬だけ、日本にもし起きればどうなるかと頭をよぎった。

ひょうが降る 07:54

  • 関東にひょうが降った今日。雷がものすごい勢いで飛んできた。あまりの恐ろしさに飛んだ日でもあった。さて、明日はどうなることかと思った。

今日は 07:54

  • 今日は、自然の尊さや命の大切さの日となり、そのことがブログで書く日となった。書くだけでも大変だったが、さて、明日はどうなることかと思った。「明日は我が身」である。そして、次は844回目