エセすすきの日ごろの話題

2017-02-17 第697回

エセすすき、ハヤシダユウイチ氏を本気で叱る 15:47

697回目。1969年の紅白の視聴率が69.7%。当時の大きな事件でした。そして、13年後の1982年紅白歌合戦視聴率は69.9%を当時70%を割ったので視聴率で話題になった紅白です。その70ならぬ700回目が近くなったお話です。

ハヤシダユウイチ氏のブログの言葉は目に余るもので私より年上のくせして高慢ちきなことを書くので確かにひどいです。

2003年ごろ、彼のサイト兼日記で「思い出のメロディー」について昭和30年代のころの歌手でとわがままが強く、本当にひどいと思った。

NHKに対して何ひとつほめず、批判してる彼は、その年の暮れに再放送の1968年の紅白は見てて、それに関してほめて、自分の都合のいい時だけ、ほめて都合が悪いと批判するので彼の図々しさは、2003年ごろからおかしかった。

どこかおかしいから、やがて時代に取り残されるようなことをしてるので彼のブログを見てると独りよがりが多く、勝手すぎるので変な奴でしかないのだ。

オンバトサポーターの管理人・ANKENさんからこれまで怒られて、オンバトサポーターではおかしいと見なされた私。オンバトサポーターの要注意人物も別のところでおかしい人を見ると、「こいつは怪しい」と見抜かれるので「時代錯誤が激しい男」のハヤシダユウイチ氏と吐き捨てたようなことを私が書くので見放されたも当然ですね。

もうすぐ700回。これで私のブログは終わりではなく、800回目に向けて書き続けます。

「ハヤシダユウイチ氏はおかしい」と悪人扱いして、はじき出すまで書き続けます。

ANKENさん、私、まだおかしいことを書いてるけど、私だっておかしい奴がいるので変な人がいると分かっているんですよ。叱った私だって見破るのできますから。

697回なので、何かここで 15:47

1969年紅白歌合戦視聴率が69.7%なので、それにちなんで何かと思い、また書く。

1970年代、それ前後のNHKの番組、全く残っていない点についてですが、特にカラー放送開始前後の1968年から72年ごろが残ってなく、見る機会がないのでそういう懐古ファンの私も悲しいです。

その中でわずかに残っている紅白。当時カラー放送時代に実はモノクロ映像しか残ってないのである意味では資料になると思うのです。

ハヤシダユウイチ氏がぼこぼこに「NHKは映像が悪い」と批判してるが、そう批判してるが、NHKは当時、テレビ局が映像保管管理が整ってなく、放送した番組を残せなかった。だから、テープが残っていない。

今、1970年代に放送された番組を後世に残そうという取り組みがある。NHKが必死になって、発掘に取り組んでいるのでそれをあざ笑って、「テレビ東京はすごい」と言い張るのはおかしい。

NHK蔑視してるようでならない。

それはいいが、当時はNHKは残せなかった。だから、発見されたVTRが映像が劣化して、モノクロ映像やカラーでも鮮明ではないので彼が言ってるのは一理だが、残せなかったから、視聴者に呼びかけている。

私がこれから思うのだが、1968年から72年までの番組は紅白しかないNHK揶揄されないことだと思う。

それしかないのは悲しいが、それ以外の番組を発掘して、「昔、NHKはこういう番組がありました」と伝えていくことである。今やっておかないと後では遅いのである。

今やっておく事業なので、願ってる一つです。

番組発掘プロジェクト。立ち上げてこの4月で3年。番組発掘プロジェクトファンの小生に楽しみが増えるわけですから、まだまだ生きるわけです。

それより気になるが、民放のテレビ局。どれだけ保存してるか気になる。

テレビ朝日が気になる。謎的なテレビ局だから…。