エセすすきの日ごろの話題

2017-03-21 第728回

通告 10:39

オンバトサポーターにトラブルの通告を受けた私にとってこれまで迷惑をかけた。かけ続けたものである。

オンバトサポーターのレポのすべて自分のものにしようとしか考えられなかったので、これを書くためにお笑いライブを行っていた。

この点について自分でも図々しすぎたことに反省してる。

私が、ankenさんからしつこくメールである人の名前を出した。

その女性、今、30歳の人は、たしかに当たり障りなく気持ちよく書くことを考えて、レポを書いた。また、ファンである芸人を目当てに夢中に行き、夢中でレポを書きたかったはず。

今になれば彼女の思うことが分かった。それが私にも笑いを見るうえで生かさないといけないと思った。その気持ちを彼女が教えてくれたのだ。自分がどこまでできるか、今試されるときである。

728回目…自分にとって通告はどういう意味だったかを書く。

ネットの言葉 10:39

3月になってネット上の言葉はどういうものかを書いているが、善悪の判断がウヤムヤなのがあるとネットを通して思うことだ。私もブログを書くものとして気を付けたいものだ。728回目の「ネットの言葉」に続きあり。

不確かか、それとも 10:39

先日、桂三四郎さんのツィッターで自分が高橋一生に似てると友達のメールの写真や高橋一生の雑誌の表紙の写真を載せた。

このことで「おぉ」と思い、すごいと思った。これでつまらないことでネットでつまらない情報を書かれることは確かである。しかし、本人の舞台で先日、そのような話が出て、うなづけた。

本人の言葉は大事だと思った。ネットで書くときは気を付けましょう。

728回目…最近の気になった話題を書く。

さて、話を戻す 10:39

さて、話を戻すが、ツイッターをやるつもりはない私は140文字で書くのは苦手で熱弁調の自分にはどうしても苦手である。

2009年ごろに、オンバトサポーターでレポを投稿した女性。本名も知り、また、そのときどうしてるかもネットで知った自分には探ったことはある。しかし、それ以上のことはしなくなり、今は関わりなしでいる。そのためが彼女には健全と思うのでそうしてる。

関わらないでいる自分には楽になり、彼女のことを気にならなくなったので自分もと思う。

今、できるのは彼女がやっていた。毎月の1回だけの楽しみや私が行っている∞ホールを週末だけにするか。いろいろ考えて、彼女のできたことを自分に生かすことである。彼女のしたことは実は自分にもできると思う私である。だから、∞ホールに行く自分は彼女がやってたことを自分は今、やっているわけである。

ということで、728回目…その女性をやったことを自分にも生かせると思う私のブログとなりました。

その熱弁調、オンバトサポーターで嫌われて、ankenさんも嫌がれたなぁ。

さて、次は 10:39

729回目の予告を書くなら、桂三四郎さんの落語家に行った話ですね。また、ふれあいホールの収録に久々に行った話も。それを書きましょう。

断っておくが、私は、予告して、事件を起こすつもりありませんよ。起こしたら、はてなに迷惑かけるから。

気がついたら、あと2日で730回目。さて、730回目もどうなることか?