エセすすきの日ごろの話題

2017-08-07 第862回

項目化 08:38

昭和は輝いていた戦時歌謡 08:38

  • 初めて「昭和は輝いていた」を見る。戦時歌謡特集。時代の証として忘れてはいけない事実を伝えることは確かにいい。ただ、内容がついていけない傾向が多いのでマニアなら喜ばれる。一般視聴者には全く喜ばれない部分があったので今一つという感があった。

個人的な感想の戦時歌謡 08:38

  • 戦時歌謡を取り上げるのは、相当なことで戦争の時代にそれを鼓舞する歌として歌われたのである。だから、取り上げるにも相当な思い出取り上げるものである。ただ、今回はちょっと失敗であったかもしれない。一部歌謡マニアに喜ばれた程度でファンにはうってつけじゃない面があったと思う。「昭和は輝いていた」では取り上げるテーマじゃなかったと思った。別のジャンルならよかったのではと思った。見てる人は喜ばれる内容じゃないといけないと見ててそう思った。

自分の恥ずかしいこと 08:38

  • 「男の子は戦隊もの?にあこがれる」
  • 男の子たるもの誰もがそう思うものである。ところが、自分が男のくせしてヒーローもの?・戦隊ものに興味を持たなかったのは恥ずかしくなり、36年も関心がなかったことに我ながら情けなくなった。仮面ライダーがどこのチャンネルでやってるかも知らなかったから情けないものだ。
  • おそらくこれは小学生か中学生の時分に「りぼん」という少女マンガが影響してて、それに興味を持ち過ぎたから他の少年漫画やヒーローマンガも興味を持たなくなったと思う。小学生の時分、同じ友達少年マンガ・「少年ジャンプ」など少年マンガに興味始めた時期に自分は少女マンガに興味を持ち、特に「りぼん」に興味を持ち過ぎたことで少年マンガに関心を持たなくなった。このことが影響してると思う。最近、仮面ライダーがどういうものか覚えたばかりで男の子があこがれやすいものがある。そういうものに疎い自分がいたので恥ずかしいことと思った。
  • 結論は少年マンガへの関心を持たなかったことかもしれないです。

山根良顕に似てる人…評判編 08:38

ネオホストに似てる人は致命傷 08:38

  • それにしてもmessyでのイケメンヌードは致命傷でゴシップサイトで似てるは実は相手にされないということである。
  • ネオホストが本物のイケメンに似てるは愚であることだ。三峰彰人が岩田剛典に似てるはあいてにされないのだった。また、中丸雄一に似てる。また、月野帯人に似てるネオホストもぺケ。相手にされないとそこまでである。messyもそこまでだ。そういえばだが、この前デビューしたイケメンAV男優。山内惠介に似てる山内惠介に似てるAV男優は間違いなくはじかれることである。

クイズダービー08:38

  • 大橋巨泉の「クイズダービー」足掛け17年・862回放送。その後特番で復活した。巨泉司会の「クイズダービー2014年2015年巨泉ががんに侵されながらも老骨に鞭打って司会を務める。2015年巨泉自身最後の司会の「クイズダービー」は、一時は相当いい線まで行って、10万確実と思われたが、最後の問題で全員不正解で10万でないまま幕を閉じた。だが、その前の2014年は、インパクトが強かった。はらたいらの代役として中居正広が出場者の期待を裏切り、巨泉をはじめ、ブーイングという「裏切りだぬき」より質の悪い裏切りはまるで寓話的なものだった。また、長山藍子が最後の問題で正解の答えを言うハプニングがあった。それで不正解で巨泉に謝るシーンがあった。長山藍子の謙虚さが出て、印象深いものとなった。今更だが、2015年より良かったと思う。今はもうできない「クイズダービー」すべてが思い出深いものとなった。巨泉亡くなって1年。誰もそれを悼む人がいない中で今は自分で書き記してるのみである。それだけ巨泉はテレビ界に影響を残したと思う。
  • ただ、巨泉があるとき竹下景子に自分が喜寿の祝いに「クイズダービー」をしようという話があった。それもできなかったのは残念である。それ以上書くとくどくなるのでこの話もここまでとする。

今日は… 08:38

  • 今日はものすごい書いたと思うのでここまでにする。この前の3つしか書けない自分と大違いである。でも、自己満足せず、思ったことを書いていきたいです。今日はこれを入れて9個