Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2009-04-22 *1240394522*[裁判員制度]生活を邪魔する制度には断固として反対した

[]欲に引かれる社会を作った多数決の論理?

■2009/04/20 (月) 議会というトリック

 阿久根市議会が特に愚かだというつもりはない。

そもそも、議会というものの仕組みがものすごくバカバカしい。

1、議会では議員同士の議論ができない事になっている。

2、議案を提案した者は相手に質問が出来ない。取調べのようなものだ。

3、質問は三回まで、

4、判定する者はいない。

5、多数決ですべてが決まる。すなわち、理屈も良心も関係ない、多数勢が好きなように決めてしまう。

 私は議会規則を初めに誰が作ったのか知らない。しかし、どういうつもりで作ったのかは解かる。良心でも道理でもない、欲に引かれる社会を作ることだ。

この国、そして世界がデタラメな状態になっているのには難しい仕組みによるのではない、薄っぺらで極めて簡単なトリックに人間の欲が絡めとられた事による。

臨時議会を覗いてテレビ取材を受けた。しかし、最も肝心なところが放送から外された。

職員組合に乗っ取られた議会に意味は無い。自治労が市民をどれだけ意識するかだけだ。人件費を書いた紙が勝手に剥がされた件については、本当の権力者が職員である事を示したもの。」と発言した。

今の阿久根市議会は「役人の役人による役人の為の議会」だ。反対派議員達は保身のために役人を守る。職員給料削減に賛成した反対派議員は自分のために世間体を気にしただけ、その本心は反対した蜜柑議員と同じ。了解の上でそれぞれのたてまえを守った。見せ掛けがどのようなものであろうとも、ひたすら「自分の為」だ。議会の仕組みがこれを許している。


http://www5.diary.ne.jp/user/521727/

 鹿児島県阿久根市現職市長のブログみたいです。今年の2月ぐらいにテレビ報道がきっかけで、存在を知りました。ブックマークに登録していますが、あまり訪問していません。

 市議会の仕組みがそういうものとは、これを読んで初めて知りました。

 余談になりますが、阿久根市については、個人的に思い出があります。昭和62年頃、阿久根市の東町というところから、10トン保冷車に養殖のブリを満載にして、大阪、京都の市場まで運んだことがありました。東町は小さな島のようなところで、曲がりくねった狭い道を走って港に着きました。今日との市場で荷物を降ろし終えてから、車通りの少ない広い道路にトラックを駐車して、少しパチンコをしていたのですが、トラックに戻ると警察がいて駐車違反の切符を切られました。それから夜中のうちに、大阪の住之江あたりの場所に翌日の荷積みのために移動したことなど、断片的に記憶しています。

 阿久根市では、前の晩から国道沿いにトラックを駐車して待機し、朝になってから東町の港に向かいました。国道沿いには古い小さなパチンコ屋があり、そこで確かパチスロをしていたのですが、結構長い時間遊べた上、1,2万円勝てたような想い出もあります。

 もう20年以上前になりますが、ほんとうに遠い昔話ような記憶になっています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20090422/1240388814