Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2009-08-21 *1250862728*[Emacs][Ruby]rcodetools.el(Rubyスクリプトをファイル

参考:

さて、これで何ができるようになったかと言うと、

  • xmpfilter で # => を挿入した行の式の結果が表示される

上記設定で使えるようになっている *ruby scratch* 上で、

C-c C-d でスクリプト評価できるようになっている。

ruby-mode への hook なので、当然、ruby-mode に入っている Ruby ソースで

全てこの恩恵を受ける。

ソースの変更を行った場合、全て再評価される。

この *ruby scratch* だが、結構便利だ。

irb が一行一行評価されるのに対して、一気にまとめて評価を行うことができる。

再評価がされるので、一度書いておけば、何度でも使える。

長めの処理を評価したい場合、irb だと結構メンドイことがあるので、

これは便利だ。

また、当然だが、書いたものをそのままファイルに保存可能なので、

試しながら、かつ、それがそのまま本チャンのソースになるという優れもの。

\M-\C-i でメソッドの補完が可能となる。

  • ドキュメント(ri)の参照

fastri-server を起動した状態で、クラス、メソッド名で、C-c C-f を押すと、

ドキュメントが表示される

これは凄い。

MuraTaka 速記メモ / 2008-12-11

 使ってみましたが、確かに便利です。編集中のRubyコードを実行して、出力をコメントアウトしたかたちでファイルの末尾に書き出してくれます。

実行結果は次のような感じです。

f:id:hirono_hideki:20090821224326j:image

[]anything-config.el

History of anything-config.el

EmacsWiki: History of anything-config.el

 Emacsの起動時にエラーが出ていたのですが、こちらのを使うとエラーがなくなりました。

[][][]PASSENGERインストール

PASSENGER

 主に次のサイトを参考にインストールしました。

http://a01.biz/wiki/index.php?rails%2F%A1%DApassenger%A1%DBApache%A4%C7%BC%EA%B7%DA%A4%CB%BA%EE%A4%EBRails%A4%CE%BC%C2%B9%D4%B4%C4%B6%AD

http://web7s.com/blog/13

http://maskana.homedns.org/rails/pro/body/142


 昨日の夕方にインストールしました。けっこうやっかいで手こずりました。それぞれに環境も異なるので、一筋縄ではいかず、別途インストールしたソフトの数もけっこうありました。

 残念ながらさくらインターネットのサーバでは使えないみたいですが、インストールさえしてしまえば、Railsでの設定の数は少なく済むみたいです。とりあえず、次の設定ぐらいで動きました。


config/environment.rb

u8w@u8w-desktop:~/Rails$ head px1/config/environment.rb
# Be sure to restart your server when you modify this file

# Specifies gem version of Rails to use when vendor/rails is not present
RAILS_GEM_VERSION = '2.3.3' unless defined? RAILS_GEM_VERSION

# Bootstrap the Rails environment, frameworks, and default configuration
require File.join(File.dirname(__FILE__), 'boot')

Rails::Initializer.run do |config| ←このメソッド(?)の中に、
    config.action_controller.relative_url_root='/px1' ←この一行を加える。
u8w@u8w-desktop:~/Rails$

 後はApacheの設定です。方法はいろいろあるみたいですが、Apacheのドキュメントルートの中に、Railsアプリのpublicフォルダのシンボリックリンクを作り、Apacheの設定ファイルに、下記を追記。


/etc/apache2/apache2.conf(環境によっては、httpd.conf)

LoadModule passenger_module /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.4/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.4
PassengerRuby /usr/bin/ruby1.8

RailsBaseURI /Ex1
RailsBaseURI /px1 ←接続時のパスになります。例えば、http://localhost/px1 Railsアプリの名前と違っていても大丈夫みたい。
           ただし、environment.rbのconfig.action_controller.relative_url_root='/px1'の部分に一致。
RailsEnv development

 上の、3つの長いパスは、何かをインストールしたときに、表示されていました。英語でよくわからなかったのですが、コピペして使うような指示だったと思います。注意点としては、インストールの途中で、3つの選択肢のあるオプションがあり、それでApacheを選択しました。

 はじめは手探りの状態でしたが、冒頭のサイトを参考に、うまくいけば簡単に導入できると思います。


 うまくいけば、About your application’s environmentのリンクをクリックすると、次のように表示されます。薄い黄色ではなく薄い赤のメッセージが出たら、設定の見直しが必要だと思います。

f:id:hirono_hideki:20090821080922j:image

[][][]RadRails

 主に次のサイトの参考にさせていただき、導入しました。期待以上にすごいです。起動には相変わらず少々時間が掛かりますが、割と軽快に動作しています。Eclipseのバージョンは3.4です。

http://luroni.jugem.jp/?eid=177

http://www.atmarkit.co.jp/fjava/special/jruby01/jruby01_3.html

http://d.hatena.ne.jp/dkfj/20090415/1239810810

http://underrails.seesaa.net/article/54171247.html


ソースコードの編集画面

f:id:hirono_hideki:20090821071935j:image


View画面(mongrelサーバ接続)

f:id:hirono_hideki:20090821072812j:image