Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2016-03-05

2016-03-03 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日/ロシア人男性の拳銃所持 札幌地裁が再審決定 「おとり捜査は違法」

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20160303#1456995042 2016-03-03 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日

犯意誘発型であれば直ちに違法とまで断定されているわけではありませんが、犯意誘発型は権力が犯罪を「作り出す」ものであり、捜査自体に例外的に相当高い必要性や緊急性でもない限り違法という判断を受けるでしょうし、そのような性格からして、それにより得られた証拠は、最高裁により確立されている違法収集証拠排除法則により、重大な違法があり将来の違法捜査抑止の見地から排除されると考えるのが自然でしょう。起訴自体が、違法捜査がなければあり得なかったものとして違法、無効とされることも十分あり得ます(最高裁判例ではそこを極めて限定的に捉えていますが、本件での捜査を見るとあまりにもひどく、最高裁判例に照らしても起訴が無効とされかねないものがあります)。

警察による銃器、薬物捜査のかつての暗部が白日のもとにさらされた感がありますが、その後、現在に至るまで是正される流れにはあったとはいえ、今なお、その名残り、残渣のようなものが残っていないか、改めて問われる切っ掛けにも本件がなりそうな気がします。

********************(引用終了)********************/

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160305/1457188335