Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2016-03-09

そのためには、指定弁護士の報酬の限度額を大幅に増額するとか、検察事務官を派遣するとか、緊急に公的バックアップを図らないとまずいのではないか。/原発事故で東電元会長ら強制起訴 だが本当に法廷で真相解明できるのか?

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://biz-journal.jp/2015/08/post_10970_2.html (2ページ目)原発事故で東電元会長ら強制起訴 だが本当に法廷で真相解明できるのか? | ビジネスジャーナル

裁判を開くことを決めた以上、少しでも新たな事実が出され、本件事故の原因究明や原発の安全性に資するものにしてもらいたい。そのためには、指定弁護士の報酬の限度額を大幅に増額するとか、検察事務官を派遣するとか、緊急に公的なバックアップを図らないとまずいのではないか。

 そのうえで、いま一度強調しておきたいのだが、どれほど充実を図ったとしても、刑事裁判はあくまで個人責任の追及の場であって、事故の真相解明にベストの場ではない。

********************(引用終了)********************/

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457505514