Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2016-03-09

山崎さんは40の取材から1を生かすといわれる膨大な取材と資料をもとに作品が書かれているといわれる。/2013-10-01 山崎豊子 ドラマ 木村拓哉 盗作 大地の子 10月1日密葬

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://trend-w.blog.so-net.ne.jp/2013-10-01 山崎豊子 ドラマ 木村拓哉 盗作 大地の子 10月1日密葬

山崎豊子さんの作品は、大病院の裏側から政府、大企業などの真実を描き出し、そのリアリティに小説なのに事実かと思わせてしまう作品力があった。

その作品を支えていたのが取材量だという。

10の取材から1を生かすなどと言われるが、山崎さんは40の取材から1を生かすといわれる膨大な取材と資料をもとに作品が書かれているといわれる。

なかでも大病院の真実を描いたといわれる「白い巨塔」は、病院での不祥事事件などが起こると今でも引き合いに出される言葉だ。

先週最終回を迎えた「半沢直樹」のようにガンガン言っていく主人公とは違い、静かに間違った事を正そうとして潰されていく、そんな人の世が描かれている作品とも言える。

また、その背景資料の多さゆえか盗作疑惑が起こる事もある。

中国残留孤児の半生を描いた「大地の子」が「出口なき大地」の盗作だとして著者の遠藤誉氏から提訴された話しは有名だ。


********************(引用終了)********************/

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457506622