Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2016-03-09

参考とした資料をほとんど脚色せず作品に反映させたため、盗作との指摘を資料の執筆者から何度も指摘を受けている。/山崎豊子 - Wikipedia

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://www.ammanu.edu.jo/wiki1/ja/articles/%E5%B1%B1/%E5%B4%8E/%E8%B1%8A/%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E8%B1%8A%E5%AD%90.html 山崎豊子 - Wikipedia

大阪市生まれ。旧制京都女子専門学校(現・京都女子大学)国文学科卒。毎日新聞社に入社し、学芸部に勤務。当時、学芸副部長であった井上靖のもとで記者としての訓練を受ける。勤務のかたわら小説を書きはじめ、1957年に親子二代の昆布商人を主人公とした『暖簾』を刊行。翌年吉本興業を創業した吉本せいをモデルにした『花のれん』により第39回直木賞受賞。新聞社を退社して作家生活に入る。

「日本のバルザック」と呼ぶファンがいる一方、盗作疑惑が何度も指摘されている作家でもある。参考とした資料をほとんど脚色せず作品に反映させたため、盗作との指摘を資料の執筆者から何度も指摘を受けている。よって盗作問題については、『資料の引用』とするか、『盗作』と取るか意見が分かれる所である。

********************(引用終了)********************/

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457510230