Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2016-03-18

弁護側は、被告は偶然出会った女児友達になりたいと考えて声をかけたと反論。「飲酒の影響で衝動的に行動した。心から後悔している」として懲役25〜30年が相当と主張/神戸小1女児殺害事件、被告に死刑判決

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://www.asahi.com/articles/ASJ3K4QVHJ3KPTIL023.html 神戸小1女児殺害事件、被告に死刑判決 神戸地裁:朝日新聞デジタル

弁護側は、被告は偶然出会った女児と友達になりたいと考えて声をかけたと反論。「飲酒の影響で衝動的に行動した。心から後悔している」として懲役25〜30年が相当と主張。仮にわいせつ目的の誘拐が認められるとしても、無期懲役にとどめるべきだと訴えた。

 過去の裁判員裁判で死刑判決を受けた被告は26人。3人が被害者1人の事件で、うち2人は控訴審で無期懲役とされ、最高裁で確定している。(佐藤啓介)

********************(引用終了)********************/

調教師がショーの最中にシャチに襲われて死亡した事件を取り上げたドキュメンタリー映画「ブラックフィッシュ」が2013年に公開されて以来/米シーワールド、シャチの繁殖とショーを中止へ

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://jp.wsj.com/articles/SB11840501165892254124304581605551714313190 米シーワールド、シャチの繁殖とショーを中止へ - WSJ

海洋テーマパークを運営する米シーワールド・エンターテインメントは17日、シャチの繁殖とショーを中止すると発表した。シャチの扱いについて激しい批判にさらされていた同社にとって大きな方向転換となる。

 シーワールドは調教師がショーの最中にシャチに襲われて死亡した事件を取り上げたドキュメンタリー映画「ブラックフィッシュ」が2013年に公開されて以来、来場者数や業績が低迷し、最高経営責任者CEO)が辞任に追い込まれた。

********************(引用終了)********************/

「愛犬家が無料で王林市を宣伝してくれる。(おかげで)多くの人が(犬肉を)食べに訪れ、私たちも多くのカネを払わなくてはならなくなった」と言う。/中国の「犬食い祭り」、愛護団体の抗議は逆効果?

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702303844704580000364286237730 中国の「犬食い祭り」、愛護団体の抗議は逆効果?―騒ぎで犬肉消費が拡大 - WSJ

物愛護団体は中国の広西チワン族自治区王林市で毎年実施される「犬食い祭り」をやめさせることはできなかったが、犬肉価格を大きくつり上げることには成功したようだ。一方、愛護団体の抗議で「犬食い祭り」の知名度が上がった結果、犬肉を食べる人が増えたという皮肉な現象も生じたようだ。

 中国メディアによると、調理済み犬肉の価格は21日時点で1キログラム(kg)当たり50元(約815円)まで急上昇。北京晨報によると、これは過去最高の価格だという。

 チャイナ・リアル・タイム(CRT)は犬肉価格が本当に過去最高値をつけたかどうか確認できなかったが、地元民の一人は動物愛護団体の反対運動で犬食い祭りへの注目度が高まった結果、価格が昨年からほぼ2倍になったと語った。

 地元に住むNingさんは「去年は犬の生肉を(1kg当たり)26元で購入したが、今年は40元も払った」と述べた。「愛犬家が無料で王林市を宣伝してくれる。(おかげで)多くの人が(犬肉を)食べに訪れ、私たちも多くのカネを払わなくてはならなくなった」と言う。

********************(引用終了)********************/

一審で有罪になっても、控訴審、上告審でそのハードルを越えられるかも問題になってきます。/<栃木女児殺害>自白調書の証拠採用決定 宇都宮地裁/弁護士 落合洋司

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20160318#1458271919 2016-03-18 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日

従来の、職業裁判官のみで行われてきた刑事裁判実務では、自白の任意性(証拠能力)が問題となった場合に、そこで飛ばして却下するということは、まったくないわけではありませんが、ほとんどされていなくて、焦点は信用性(証明力)ということになるケースが多くあったという実態があります。証拠を見た上で判断したいという裁判所の思惑による面もあるでしょうし、控訴された場合に任意性で飛ばしているとその判断を誤ったとされることで判決が根底から覆りますから、無罪にするとしても任意性の判断を信用性のそれの中で実質的に織り込んで判断する傾向があるという面もあるでしょう。元々、「任意性」といっても、一般常識的な任意(心の底から、自白的に)とは違って、「明らかに無理な、違法な取りし取り調べが行われたとまでは言えない」程度の緩いハードルとされてきたのは事実です。

こういう構造にあるので、そうであるからこそ、焦点は信用性ということになり、今後、裁判官が、取り調べの状況や自白と客観証拠との整合性、矛盾などを慎重に見て、信用でき被告人が犯人と合理的な疑いがなく認定できるか、判断することになります。そのハードルは、任意性よりもはるかに高いものになるだろうと私は感じています。一審で有罪になっても、控訴審、上告審でそのハードルを越えられるかも問題になってきます。

********************(引用終了)********************/

検察官が取引構造の理解を欠いたまま、思い込みに基づく不適切な誘導を行った可能性すら疑わせる」と指摘した。/架空取引事件、5人に無罪 56億円「詐欺ではない」 - 共同通信

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://this.kiji.is/82788399120990209 架空取引事件、5人に無罪 56億円「詐欺ではない」 - 共同通信 47NEWS

電通の子会社「電通ワークス」から、発光ダイオード(LED)照明の納入代金名目で約56億円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われたLED開発会社「ワールド・ワイド・エンジニアリング」(東京都中央区)の元実質的経営者津田悦資被告(65)ら5人に、東京地裁は16日、いずれも無罪判決を言い渡した。

 江見健一裁判長判決理由で、津田被告の自白調書について「動機の供述が明らかに不合理で、到底信用できない。検察官が取引構造の理解を欠いたまま、思い込みに基づく不適切な誘導を行った可能性すら疑わせる」と指摘した。

********************(引用終了)********************/

裁判所の判断がどちらに転ぶのか、かなり危うい微妙なものを感じさせられます。/2016-03-15 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20160315#p2 2016-03-15 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日

被疑者被告人は、弁護人に依頼する権利を持ち、その中には弁護人に対し必要に応じて相談する権利も含んでいるので、上記のような経緯が、そのような権利を侵害したかどうかも、任意性が判断する上での考慮される要素になりそうです。

任意性だけでなく信用性にも関わることですが、この被告人について報じられている供述状況を見ると、否認と自白の間を、供述が二転三転しています。こういった供述の変遷は、信用性判断にあたってはマイナスに働く要素ですし、変遷について合理的な理由があったかどうかが、過去の同種のケースでは重視されてきていて、そういった点も、裁判官や裁判員はおそらく慎重に見ているでしょう。

裁判所の判断がどちらに転ぶのか、かなり危うい微妙なものを感じさせられます。

********************(引用終了)********************/

裁判所の判断がどちらに転ぶのか、かなり危うい微妙なものを感じさせられます。/<栃木女児殺害>殺害供述、同日撤回…公判で取り調べ映像 

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20160315#p2 2016-03-15 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日

被疑者被告人は、弁護人に依頼する権利を持ち、その中には弁護人に対し必要に応じて相談する権利も含んでいるので、上記のような経緯が、そのような権利を侵害したかどうかも、任意性が判断する上での考慮される要素になりそうです。

任意性だけでなく信用性にも関わることですが、この被告人について報じられている供述状況を見ると、否認と自白の間を、供述が二転三転しています。こういった供述の変遷は、信用性判断にあたってはマイナスに働く要素ですし、変遷について合理的な理由があったかどうかが、過去の同種のケースでは重視されてきていて、そういった点も、裁判官や裁判員はおそらく慎重に見ているでしょう。

裁判所の判断がどちらに転ぶのか、かなり危うい微妙なものを感じさせられます。

********************(引用終了)********************/

[]2016年03月17日の「廣野秀樹\さらば弁護士鉄道泥棒神社の夜」ツイート