Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2016-03-25

元検事で、刑事事件の捜査に詳しい落合洋司弁護士は/「虐待死の疑い」と医師が判断 全国で154人 | NHKニュース

/ ********************(引用開始)********************

引用URL>>>>:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160324/k10010454111000.html 「虐待死の疑い」と医師が判断 全国で154人 | NHKニュース

元検事で、刑事事件の捜査に詳しい落合洋司弁護士は、「立件するには、いつ、どこで、誰がどんな行為をしたのかを特定する必要があるが、虐待は家庭内という密室で行われるため、証拠が断片的なものしかないことが多い。虐待を素直に認める親も少なく、立件できないケースはどうしても出てきてしまう」と話しています。

そのうえで、「虐待の確証がないケースでも、児童相談所は子どもを保護すべきときがある。そのために捜査機関とも情報を共有して、児童相談所が対応できる範囲を広げていく必要がある」と指摘しています。

********************(引用終了)********************/

[]2016年03月24日の「廣野秀樹\さらば弁護士鉄道泥棒神社の夜」ツイート