Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2009-09-15 *1252999902*邀ウ蝗ス豌代??厄シ難シ?′蝣ア驕薙r縲後@縺ー縺励?荳

[]教え子乱暴で懲役30年、有期刑の上限

 小学校で教え子の女児10人にわいせつ行為を繰り返したとして、強姦(ごうかん)や強制わいせつなどの罪に問われた広島県の元公立小教諭森田直樹被告(43)=懲戒免職=の判決公判で14日、広島地裁(奥田哲也裁判長)は求刑通り有期刑の上限の懲役30年を言い渡した。

「教え子乱暴で懲役30年 広島地裁、元小学校教諭に」:イザ!

 こういう事件があったこと自体知りませんでしたが、殺人より重い判決みたいです。

2009-09-11 *1252629812*[インターネット]野心作Google Waveの壮大なビジョン.

[][]従来よりも被告に有利な点を考慮して求刑を決める

9月10日21時26分配信 毎日新聞

 2件の裁判員裁判を担当した、さいたま地検が、求刑の考え方を裁判員裁判で変更し、従来より軽めの量刑となっていることが分かった。裁判官裁判で、司法関係者の間で言われた「求刑の八掛け」とされる「判決相場」が崩れる可能性を示す取り組みともいえる。

 地検幹部よると、裁判員に、「検察対弁護側」の構図ではなく、治安維持など公益を守る立場である検察官の量刑意見として受け止めてもらうため、従来よりも被告に有利な点を考慮して求刑を決めると、結果的に従来より軽くなると言う。

<裁判員裁判>求刑、従来より軽めに さいたま地検(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

2009-09-07 *1252314842*[陬∝愛蜩。蛻カ蠎ヲ]迥ッ鄂ェ縺ォ縺ェ縺倥∩縺ョ縺ェ縺

[]個々の検察官の資質や人間性に左右されるのかも・・・弁護士にも、おそらく言えること

昨日、私が被害者参加人代理人を務めた事件の一審判決東京地裁であって、結果は実刑でしたが、被害者の気持ちは、公判の中でかなり反映できたと感じ、また、弁護士である私がサポートすることで、一定の貢献はできたのではないかとも感じましたね。

上記のアンケートでは、検察官に対する不満も述べられていますが、私が関わった事件では、公判立会検察官(東京地検公判部の吉川検事)は対応に誠意があり親切で、被害者の気持ちをできるだけ酌んで公判に反映させようという努力が伝わってきて、満足できるものでした。その辺は、個々の検察官の資質や人間性に左右されるのかもしれません。その点は、代理人になる弁護士にも、おそらく言えることで、刑事事件というものをきちんと理解し、検察官の公判立会というものも現実的に捉えつつ、無理難題にならないように言うべきことをきちんと言う、ということをしないと、的外れな不満だけが残るということにもなりかねないでしょう。

今後、この制度が軌道に乗る中で、徐々に運用も円滑になり確立されて行くはずで、また、そうなる必要があると思います。

2009-09-04 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

 落合弁護士のブログからです。

[]厳罰にすべきであると考えるようなツボにはまる状況

裁判員裁判の展開が、裁判員をしてこういう犯罪こそ厳罰にすべきであると考えるようなツボにはまる状況になると、こういった形で思い切りがつんときてしまう、ということでしょうね。被告人、弁護人としては、こうならないように、慎重の上にも慎重に裁判員裁判に臨む必要がある、ということでしょう。

なお、この公判で弁護人になっていた竹本真紀弁護士は、元検事で、最後は東京地検公判部で勤務されていましたが、退官直前に、私が受任していたある事件で、公判に立会していて、退官して青森で弁護士登録する、ということで、頑張って下さいと激励したことが思い出されます。ニュースで写真も出ていて、元気で頑張っていることがわかりました。

2009-09-04 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」

 落合弁護士のブログからです。

[]従わない場合、開示命令を行う可能性

 会見した弁護団によると、佐藤裁判長再審について、誤判原因の究明が目的ではないと指摘。その上で「弁護人が証拠能力を争っており、証拠調べを実施することは再審公判の目的に反するものでない」とし、証拠調べについて今後検討するとした。

 また、検察や県警が保管している別の女児殺害2事件に関する取り調べ録音テープについて、「事件は別件だが、本件に影響を及ぼしている可能性は否定出来ない」と述べ、検察側に「テープは開示されるべき」との意見を述べたという。従わない場合、開示命令を行う可能性も示した。

足利事件:再審公判 地裁裁判長、証拠調べの可能性示唆 弁護団、高く評価 /栃木(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

2009-08-23 *1251039411*[vim]vim-rubyのオムニ補完

[][]「絶望裁判」中尾幸司著「絶望裁判」中尾幸司著

2009.8.23 08:11

「絶望裁判」中尾幸司著「絶望裁判」中尾幸司著

 労作、である。著者は精緻(せいち)な現場取材をもとに事件ルポルタージュを発表してきたジャーナリスト。その著者が本作で“現場”に選んだのが、刑事裁判の法廷である。週刊誌上で2年にわたり連載された傍聴記から、48の事件が掲載されている。

 快楽殺人に連続レイプ、児童虐待…。とりあげられた事件は、陰惨で目を背けたくなるようなものばかりだ。だが、こうした罪に問われた被告人について、著者はこう言う。「私や本書を読んでいるあなたと同じ生身の人間なのである」

 不条理極まりない犯罪が、われわれと地続きの世界で起きている現実。裁判員制度が始まった今、だれもがその現実を見据えねばならないことを感じさせる。(小学館・1575円)

【書評】『絶望裁判』中尾幸司著 - MSN産経ニュース

 ボ2ネタで知りました。

2009-08-14 *1250252844*[Rails]Railsのバージョンを指定してアプリを生成

[]結局、ほとんどの方が「被害者に原因があったとしても、被告の行為が正当化されるわけではない」

 ここで、《被害者の落ち度を強調されたら、本当に反省しているのだろうかと首をかしげたくなってしまいます》というのは、懲役5年が相当とした女性。女性は法科大学院に在籍中で、《一般の方の感覚を取り入れる裁判員裁判では、被害者の落ち度をあげつらう従前の弁護を見直す必要があるのではないかと思います》との意見をもらった。

 結局、ほとんどの方が「被害者に原因があったとしても、被告の行為が正当化されるわけではない」と実刑を選択。ただ、いずれも検察側の求刑を下回っていた。

「裁判員2例目 被害者に原因あっても実刑選択」:イザ!