Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2009-05-24 *1243139443*[司法][裁判官]判事ロックバンド

[][]「容疑者側の主張をできる限り取材・放送する」

裁判員制度で放送局も試行錯誤 「発言自由」でも「犯人扱い×」

配信元:産経新聞

2009/05/24 10:16更新

このニュースに関連したブログ

関連ブログをスキップして本文へ移動する

ブロガーの声ユーザー受刑者の待遇案ユーザー政府の狙いは報道管制ユーザー報道「全部」そうしたら?ユーザー裁判員のみが知る事件 〓 【判官贔屓】ユーザー「殺され損」を増やす弁護士ユーザー公平ユーザー報道機関って馬鹿の集団ですねユーザー「たかじんのそこまで言って委員会」裁判員制度…

ブログを書くバルーンを開く一覧表示関連ブログエントリー一覧(バルーンを開くリンクをクリックするとリストが作成されます。閉じるリンクをクリックするとリストが削除されます。)

記事本文

 国民が刑事裁判に参加する裁判員制度がスタートした。報道機関の中でも映像や音声などで印象を左右しやすい放送局では、裁判員に選ばれる国民への影響を考え、逮捕や裁判の過程で犯人を断定する表現にならないよう徹底する方針を打ち出している。ただ関係者からは「やってみないと分からない面もある」「報道に触れにくくなる危険もある」といった懸念の声も聞こえてくる。(草下健夫、三宅陽子)

関連記事

裁判員制度21日スタート 責任感と不…

島田事件で冤罪の赤堀さんが「裁判員制…

記事本文の続き                   ◇

 NHKは昨年12月にガイドラインをまとめ、「容疑者側の主張をできる限り取材・放送する」「専門家のコメントは容疑者を犯人と断定した言い方にならないよう注意する」など、視聴者に予断を与えない配慮を打ち出した。

 出演する外部の識者にも、規定はないが「出演交渉時や収録前などに留意を求めることがある」(広報部)という。

 今年から社会部でガイドラインを試行、4月から全局で導入した。容疑者が犯行を否認している場合、ニュース原稿の冒頭部分で「容疑を否認している」と入れるほか、「〓と供述していることが(警察など)への取材で分かりました」と、情報の出所をできるだけ具体的に示している。

 被害者遺族の談話などは「感情的な発言だけを強調せず、事件全体のバランスを考慮する」としている。

民放連でも昨年1月に「被疑者被告人の主張に耳を傾ける」「予断を排し、その時々の事実をありのまま伝える」「未確認の情報はその旨を明示する」などの項目からなる指針をまとめた。

 これを受けて各局も「予断を与えないよう、公平、公正、正確を三原則として放送する」(フジテレビ)、「裁判や事件報道の留意点を社員やスタッフに周知している」(日本テレビ)と対応している。

民放連の方針に沿いながらも柔軟さを残すべきだとする声もある。テレビ東京の宮田鈴子報道局次長は「本番直前に注意喚起することはあるが、コメンテーターは自由に発言する。台本を読むわけではない」とした上で、「判断に迷うケースは起きると思う。実際にやってみないと」と課題を示す。

 自由度の高いトークを特徴とするラジオ各局も対応に努めている。文化放送の清水克彦編成部次長は「番組で、『これは死刑でしょう』というタレントはいる。その場合、ディレクターの指示で(他の出演者が)『でも分かりませんよね』などと言って中立に戻すこともある」。

 ニッポン放送の上柳昌彦チーフアナウンサーは「容疑者を犯人視しない、情報の出所をはっきりする、と整理しながら語るのは大変。だんだんラジオが報道に触れないようになるのが一番危険」と懸念する。



http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/257609/


 「被疑者・被告人の主張に耳を傾ける」というのも当たり前のことのように思えますが、あまり重視されることはなかったのかもしれません。

2009-04-05 *1238920013*[弁護士ブログ]日本の拘置所が野蛮な場所である理由〜控

[]「先入観だらけの裁判に正解なんてあると思う?」

父親「ほっとした」/八戸母子3人殺害(2009/04/04)

 昨年一月、八戸市で母子三人が殺害された事件で、青森地裁から無期懲役判決を受けた無職長男(19)の弁護側が三日、控訴した。控訴期間を一週間残しての決断。控訴に至るまで長男の気持ちは揺れ動いていた。精神的な治療を求め控訴の意向を示していた父親(56)は、本紙の取材に「ほっとした」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 

 父親は二日、主任弁護人の猪原健弁護士とともに、先月二十七日の地裁判決後、初めて長男と面会した。普段通り落ち着いた様子だったという。

 二人は控訴を勧めたが、長男は煮え切らない様子で、首を縦に振らなかった。父親が同席できる時間は三十分。この間に結論を出すことはなかった。

 「先入観だらけの裁判に正解なんてあると思う?」

 判決後、父親の元に届いた長男からの手紙には、司法への不信感とも受け取れる文章がつづられていた。父親によると、長男は自身の治療の必要性を感じていたが、青森地裁が矯正や治療よりも刑事罰を重んじた判決を下したため、少なからず落胆していた。

 この日の面会でも、「家裁と地裁の判決はほとんど同じ。高裁でも同じじゃ意味がない」と語ったという。

 さらに「今でも当時の記憶が薄れている。控訴で一年、二年と時間がたてば、さらに不利になるのでは」との不安も口にした。

 父親は「刑務所で更生はできない。お前の場合は治療が必要だ」と控訴を勧め、時間切れで面会室を出る際も「絶対に控訴だ。おれの(二人で喫茶店を経営する)夢を壊すな」と念を押した。

 三日午前九時ごろ、父親は猪原弁護士に電話をかけ、控訴決定を確認した。

 父親は「地裁では、言いたいことの半分も言えなかったと思う」と長男の心境を代弁。「本人の更生のため、高裁では治療の必要性を認めてもらいたい」と訴えた。

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2009/04/04/new0904040903.htm

 偶然というかたまたま見つけた記事です。そういえばそういう事件があったと思い出しましたが、すっかり忘れていました。マスコミはかなり大々的に報道していましたが、被疑者の異常性のみが強調されていたという印象があり、伝聞になりますが、ここで読んだ被告人本人の声というのは意外なものでした。

2008-06-26 *1214488576*[2008]元検弁護士のブログについて<5>

[]拘置所内から架空請求 拘置先に「金郵送を」

拘置所内から架空請求 拘置先に「金郵送を」 詐欺未遂容疑で男逮捕 熊本県警

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080626-00000021-nnp-l40

6月26日7時7分配信 西日本新聞

 拘置所から郵便書留を送って架空請求詐欺を企てたとして、熊本県警捜査二課などは25日、詐欺未遂の疑いで、福岡拘置所小倉拘置支所(北九州市小倉北区)に拘置中の無職松下寛容疑者(36)を逮捕した。

 調べでは、松下容疑者は5月30日ごろ、同県水俣市の会社役員男性(68)の自宅に「貸金請求通告書」と記した郵便書留を拘置支所内から郵送。男性の死亡した妻に借金があると偽り「相続権がある貴殿は支払う義務がある」として、返済金名目で百数十万円をだまし取ろうとした疑い。男性が不審に思い県警に相談。調べたところ、差出人の住所が拘置支所だったという。

 松下容疑者と男性は面識はなく、県警は新聞の訃報(ふほう)欄などで、男性の妻を探し出した可能性もあるとみている。書留では拘置支所の住所の同容疑者あてに現金を郵送するよう指示していたという。

 刑事施設受刑者処遇法で、拘置所では信書の検閲が認められており、証拠隠滅を示唆したり、誰かを脅迫したりする内容の場合は差し止めることができる。だが、「今回の文面に明確な犯罪性はなく、拘置所側が不審に思ったとしても差し止められなかったのではないか」と県警はみている。

 松下容疑者は福岡県警などから恐喝などの容疑で逮捕、起訴され公判中。同時期に拘置支所から数十通の郵便書留を送っており、熊本県警は余罪を調べる。

=2008/06/26付 西日本新聞朝刊=

みのもんた司会のお昼の番組で知りました。

 本当に驚きましたが、拘置所側は知っていて犯罪の成立を待っていたとしか考えられません。

 内容証明郵便を使っていたそうですが、これにはたぶん、特別な許可が必要なはずです。私の経験では、B4用紙を入れる大型封筒を使うにも願箋(がんせん)という特別な手続きと許可が必要でした。

 特別と言っても、拘置所でも願箋だらけでした。上申書の作成にも認書作成許可が必要であり、これはたしか、主席矯正処遇官宛だったと思いますが、大型封筒の購入には、会計課長殿と書いていた覚えがあります。

 自分の場合、内容証明など使ったことはなかったし、聞いたこともありませんでしたが、拘置所から私選弁護人宛に、電報を出したことはありました。特別な許可が必要であったかは覚えていません。

2008-03-11 *1205246054*[Emacs]静的略語展開(abbrev)

[]法学部4年の大学生が、痴漢事件をでっち上げ、虚偽告訴で逮捕

国内

「痴漢見た」と虚偽申告=容疑の大学生逮捕−大阪府警

3月11日20時31分配信 時事通信

 地下鉄内で女性が痴漢被害に遭ったと警察官に虚偽の申告をしたとして、大阪府警阿倍野署は11日、虚偽告訴

の疑いで、京都市山科区北花山寺内町、甲南大法学部4年蒔田文幸容疑者(24)を逮捕した。「弁護士が来るまで

何も言いません」と黙秘しているという。

 調べでは、蒔田容疑者は2月1日午後8時半ごろ、大阪市営地下鉄御堂筋線の動物園前—天王寺駅間で、当時交際

していた女(31)に堺市の男性会社員(58)が痴漢行為をしたと警察官にうその申告をした疑い。蒔田容疑者は

「痴漢を見た」と証言し、会社員は府迷惑防止条例違反で逮捕されたが、3人の供述が食い違うなど不審な点があ

ったため、会社員は翌日釈放された。 

【関連記事】中年男性、飛び降り死亡=痴漢の疑い、駅長室から-大阪

【関連記事】 JR東海社員、痴漢で逮捕=電車内で女性触る-警視庁

【関連記事】隣家嫌がらせの女に有罪=転居迫り、迷惑条例違反-千葉地裁

【関連記事】電車内痴漢で無罪確定=控訴を断念-東京地検

【関連記事】 JR車掌、痴漢で逮捕=電車内で女性の胸触る-滋賀

最終更新:3月11日20時37分

時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080311-00000150-jij-soci


 たまたま見付ました。女性との共犯関係がはっきりしませんが、美人局の一種みたいです。

 また、「弁護士が来るまで何も言いません」と黙秘している、ということですが、これも大学での教育の成果なので

しょうか。正当な言い分もあるのかもしれませんが、すくなくとも反省しているとは思えないです。

 「課外授業、実践、刑事弁護」といったところなのかも。

2007-11-16 *1195224525*[蛻台コ句シ∬ュキ]讖倶ク句シ∬ュキ螢ォVS蜈牙クり」∝

[]ストーカー行為は立件されておらず、ストーカー警部補に退職金

 立件されていないので、事件にもならないのかもしれません。

 被害者が意識不明になってこともあり、警部補にストーカー扱いされ、そのような判決が確定した身としては、参考にもして頂きたい問題です。順不同になりますが、中山研一先生のブログより先に読んでいました。

ストーカー警部補に退職金…聴取後自殺、2千万円支給

 女性にストーカー行為を繰り返した後に自殺した愛知県警西尾署の警部補=当時(52)=の遺族に対し、県警が警部補を「死亡退職」扱いとし、通常の在職死亡と同じ約二千万円の退職金を支給することが13日、分かった。

 県警警務課は「ストーカー行為は立件されておらず、懲戒免職にもなっていない。県の『職員の退職手当に関する条例』に従い手続きを進める」と説明している。

 不祥事を起こした警察官への退職金では、警視庁が、知人女性を射殺後に自殺した立川署の巡査長への約1200万円の支給を、両親の申し出を受けてやめた例がある。

 県警警務課などによると、退職金が支払われるのは、定年、死亡、自己都合などで、勤続年数に応じて算出。警部補は退職金が減額されない死亡退職扱いとし、11月中にも遺族に支払われるという。警部補は勤続29年で、退職金は月給49カ月分に相当する。52歳で自己都合退職した場合は通常約400万円減額される。

 監察官室によると、警部補はパチンコ店の新台入れ替えの届け出処理を担当。8月下旬、書類を取りに来たパチンコ店の20代女性からメールアドレスを聞き出し「恋人になってほしい」などのメールを繰り返し送付。監察官室の事情聴取で送信などを認めた後、10月、自宅で自殺した。

ZAKZAK 2007/11/13

http://www.zakzak.co.jp/top/2007_11/t2007111334_all.html


 どうもこちらからリンクをたどったようですが、その前の大元がはっきり思い出せません。

<「ヤメ検」脱税指南…仕入れ水増し計上で女社長ら逮捕>

http://www.zakzak.co.jp/top/2007_11/t2007111328_all.html