Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2009-09-11 *1252629812*[インターネット]野心作Google Waveの壮大なビジョン.

[][]従来よりも被告に有利な点を考慮して求刑を決める

9月10日21時26分配信 毎日新聞

 2件の裁判員裁判を担当した、さいたま地検が、求刑の考え方を裁判員裁判で変更し、従来より軽めの量刑となっていることが分かった。裁判官裁判で、司法関係者の間で言われた「求刑の八掛け」とされる「判決相場」が崩れる可能性を示す取り組みともいえる。

 地検幹部よると、裁判員に、「検察対弁護側」の構図ではなく、治安維持など公益を守る立場である検察官の量刑意見として受け止めてもらうため、従来よりも被告に有利な点を考慮して求刑を決めると、結果的に従来より軽くなると言う。

<裁判員裁判>求刑、従来より軽めに さいたま地検(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

2009-08-12 *1250003923*[時効]東京新聞:時効の廃止 国民巻き込んだ議論を:社説

[][]被告に不利な事情だけでなく有利な事情も併せて考え、

■結論

 三宅被告については、刑務所に入れて反省の情を深めさせ、そのうえで再出発を期待すべきことは明らかである。そこで三宅被告に不利な事情だけでなく有利な事情も併せて考え、過去の裁判結果も検討した結果、三宅被告を懲役6年とするのが相当と考える。

「【2例目 裁判員論告要旨】被告の反省、評価するのは難しい…懲役6年求刑」:イザ!

2009-08-03 *1249310825*[裁判員制度]女性「公判前整理手続きで裁判の筋書きが決

[][]日弁連が求めている取り調べの全面可視化に対して、検察側なりに取り組んだ結果ともいえる。

 初の裁判員裁判に検察側が出した被告の供述調書は、従来の刑事裁判に提出されていた簡略なものに比べて数倍もの分量となった。厚い調書には、取り調べの密室性を批判する声に対する一つの回答としての意味が込められている。また、取り調べの様子を詳しく裁判員に伝えることで、その公正さを強調する狙いもあるようだ。

関連記事

* 3日に全国初の裁判員裁判 東京地裁

* 裁判員裁判 「どうかわる?」直前チェ…

記事本文の続き 検察官や警察官による取り調べは、第三者の立ち会いがないため、その密室性に批判が集まってきた。捜査当局は取調室での様子の録音・録画を始めているが、「不十分」との声が弁護士を中心としてある。

 検察庁による取り調べの一部の録音・録画は平成18年8月から、警察でも昨年9月から始まっている。ただ、その録画時間は20分程度と取り調べのごく一部。日本弁護士連合会(日弁連)などは取り調べ過程の全面可視化を求めているが、捜査当局側は「すべてを記録されることで被告が萎縮(いしゅく)し、供述を得られない可能性がある」などと消極的だ。

 こうした中、東京地検が今回の裁判で提出した供述調書は、弁護側によると従来の刑事裁判に提出されていた簡略なものに比べ数倍の分量がある。事件に関係のない雑談部分なども含めて、詳細に書き込まれているためだ。

 専門知識のない裁判員にとって、取り調べの様子をゼロから想像することは難しい。詳しい供述調書の作成には、検察官の取り調べを形に残し、裁判員に詳しくその様子を伝えることで、公正な取り調べの中で供述を得ていることを訴える狙いがあるとみられる。

 さらに、雑談部分まで含んだ今回の詳細な供述調書は、日弁連が求めている取り調べの全面可視化に対して、検察側なりに取り組んだ結果ともいえる。

 被告弁護人を務める伊達俊二弁護士も「被告の供述調書を細かく取ることで、検察側なりに全面可視化に近づけようとしている」と一定の評価をしている。

「【裁判員裁判】分厚い供述調書は検察なりの“可視化”?」:イザ!

2009-07-31 *1249052209*[讀懷ッ歉螳??螳ョ蝨ー譁ケ讀懷ッ溷コ√?繝??繧ソ繧剃ス

[]検察庁の人員構成

女性検事と立会事務官

検事 松山奈津子...

 検察庁というと,捜査や公判を行う検察官が仕事をしている場所というイメージがまず頭に浮かぶと思いますが,検察庁では,検察官の数倍の人数の検察事務官が働いており,検察官の仕事をサポートしています。たとえば,宇都宮地方検察庁では,支部等も合わせて168名の職員が配置されていますが,検察官は,検事正・次席検事を含めて,そのうち32名であり,残りは検察事務官となっています。

 検察事務官の仕事は様々で,検察官とのペアで捜査・公判の仕事を直接的にサポートする人もいれば,交通事件等について自ら主任として事件の捜査処理を担当する人,罰金の徴収や証拠品の管理・処分を担当する人,人事や庶務などの事務を担当する人などもおり,非常に多岐にわたります。

検察官から

 検察庁のホームページですが、具体的に参考になりました。

 調べたところ、栃木県の人口は、

平成21年7月1日現在推計人口(栃木県)  
総数 	2,010,653 人
男 	   999,586 人
女 	1,011,067 人
世帯数 	      745,738 世帯

http://www.pref.tochigi.lg.jp/pref/toukei/toukei/top.html


とのことです。


 宇都宮地方検察庁においても,検事が17名配置されているうち,女性検事は3名で,全国平均とほぼ同じとなっています。

とも書いてありました。

また、

 もっとも,女性検事の人数は年々増加しています。先日の報道によれば,検事に占める女性の割合は,95年は5.7%で,法曹三者(裁判官,検事,弁護士を合わせてこう呼びます。)中で最低でしたが,08年には17.2%に急上昇し,裁判官の15.4%,弁護士の14.4%を上回りました。08年に検事に任官した人のうち34%が女性でした。現在では,検事が,法曹三者の中で女性の占める割合が一番高い職業となっています。

と言うのも、特徴的な傾向のようです。女性検事が増えていることは知っていましたが、34%というのは、やはり突出した割合と思われます。


f:id:hirono_hideki:20090731201907j:image

2009-07-29 *1248869335*[テレビ]土木作業員が一念発起!土木2級の国家試験に挑戦

[][]検察庁における、人の劣化、かなり荒廃した職場環境になっているのかも

先ほど、受任事件の関係で、横浜地検公判部の第5検察官室に、記録の開示時時期を問い合わせる電話をかけたところ、出てきた事務官が、口のききかたがなってない男で、ものすごく横柄な口ぶりで、「係、なんなんですかあー?」と、およそ、公務員が国民に応対するものとしてはあまりにも横柄な口をきくので、どういう口のききかたなんだと文句を言ってやりました。本日の午前中に、裁判所から第1回期日の打診があり、係属部はわかっていたものの、係はまだ把握していませんでしたが、聞くにしても、ごく普通に、「係はわかりますか?」と聞けば済むことで、「係、なんなんですかあー?」などと、知らずに電話するのが、さも許されないことであるかのように横柄に言うのはおかしいし、そもそも失礼でしょう。

担当検事の立会事務官が不在で、検事がその後に出てきたので、検事にも文句を言っておきましたが(隣の検察官室の事務官だ、などと言い訳していましたが)、横浜地検公判部における、外部への対応についての教育、指導に、強い不信感を持ちました。

かなり荒廃した職場環境になっているのかもしれませんが、こういう態度の悪い、横柄な人間は、どこへ行ってもそういう態度で仕事をしている可能性が高く、その存在自体が国民の不信を招き、検察への信頼を低下させている可能性が高いでしょう。

検察庁における、人の劣化ということを、改めて感じさせられました。

■[話題

 落合弁護士のブログです。程度や、臨場感の伴う具体的な状況はわかりませんが、よほど腹に据えかねたみたいです。