Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2009-03-01 *1235919111*[弁護士]刑事事件の被告人たちの人生と向き合い、「真実

[]平成11年12月21日金沢地裁判決

h11-12-21_hanketu_0002
h11-12-21_hanketu_0002 posted by (C)hirono-hideki

h11-12-21_hanketu_0003
h11-12-21_hanketu_0003 posted by (C)hirono-hideki

h11-12-21_hanketu_0004
h11-12-21_hanketu_0004 posted by (C)hirono-hideki

h11-12-21_hanketu_0004
h11-12-21_hanketu_0004 posted by (C)hirono-hideki


内容につきましては、後日言及しますが、とりあえず資料としてアップしておきます。

追記:

 このままでは、文字が小さすぎて内容がわからないと思います。画像そのものもしくはファイル名になっているリンクの部分をクリックすることで、保存先であるフォト蔵のサイトに移りますので、そこで表示された画像をもう一度クリックしてみてください。すると、表示サイズを変更する選択メニューが出ます。

 また、このエントリの画像やリンクをクリックするとウィンドウの内容自体が移り変わってしまうと思いますので、マウスで右クリックした上で、「リンクを新しいウィンドウで開く」を選択した方が、ページの移り変わりもわかりやすく扱いやすいのではないかと思います。

2008-12-27 *1230358251*[告訴事件]告訴状の作成状況 2008年12月27日

[]斐川雅文弁護士作成上告趣意書(途中経過)2枚目

f:id:hirono_hideki:20081226004752p:image

[]斐川雅文弁護士作成上告趣意書(途中経過)1枚目

f:id:hirono_hideki:20081226004613p:image


 gooのブログだったような気がしますが、だいぶんまえに同じものをアップしてあるはずです。そちらの方が、画像のサイズも大きく、文字を読みやすかったかもしれません。たぶん、スキャナを使った画像です。

[]小島裕史裁判長、申立人独自の見解

f:id:hirono_hideki:20021229163411j:image

[]金沢弁護士会人権擁護委員会回答書

f:id:hirono_hideki:20021229163215j:image

2006-09-25 *1159194506*[写真資料]平成6年3月8日付「処分通知書」

[]平成15年付「再審請求棄却決定書」

 gooのブログにはずっと前から公開していた写真だと思います。

 「廣野秀樹こと廣野秀樹」となっていますが、金沢地方裁判所に電話で確認したところ、印刷の印字が異なっていたのでそうなったという説明でした。実は、江村正之検事が、起訴だったかをした時点でも「廣」という字を手書きで修正し書き直していました。

 金沢地方裁判所の人が、わざわざ担当者のことを、次席書記官だと教えてくれたこともありました。その担当者に住所変更をするように求められたのですが、私の方で断りました。あの時、受け容れていれば、あるいは再審が開始され、まったく異なる展開になっていたかもしれません。

追記:

 ※写真ファイルの元のサイズは、1000x750です。このブログエントリでの表示は660x495にしてありますので、画像を右クリックして、「画像を表示」や「名前を付けて画像を保存」すれば、細かい部分まで識別しやすくなると思います。

2006-09-17 *1158461504*[時事]亡国ニッポンの象徴なのでは?

[]斐川雅文の上告趣意書(デジカメ

 Googleで検索を掛けても、私のブログ以外の情報はヒットしないようです。実在しない幻の弁護士なのかもしれないので、資料を公開しておきます。

[]組織犯罪の協力関係の写真資料

 この問題については、連載エントリ「組織犯罪と法的救済について」において詳細を書く予定です。

事前に、写真資料を公開しておきます。

 この問題に関連しているのは次の人々です。

●エヌー・ケー興産株式会社

●西宅建株式会社

●本陣不動産株式会社

●チェリー商事

 エヌー・ケー興産株式会社の西永親子においては、より濃厚な関与を行っており、美人局のような工作活動を私に仕掛けてきました。娘の名前は「西永KHN」でした。漢字の方を忘れてしまいましたが、金沢地方検察庁に平成14年1月頃、資料として名刺等を郵送してあります。

 西永親子は、金沢市古府町あたりにエヌー・ケー興産株式会社の事務所をかねた自宅兼建物を所有し、その一部屋を借りて不動産会社を営業していたのが「西宅建株式会社」です。

 被告訴人OKNによると、西永はもともと富山県福光市あたりに済んでいたとか、以前は通勤していたそうです。金沢市内示野あたりに、割と規模の大きい材木会社を営業していました。

 西宅建株式会社の社長は、西という名前ではありませんでした。名前を忘れましたが、自宅は金沢市大野にあると聞いていました。

 写真に写っているのは、西宅建の倉庫であり、本年(2006年)3月20日に撮影したものです。となりにあるのが、被告訴人OKNがチェリー商事の社長からもらい受けると話していた倉庫です。

 隣接していますが、いずれも金沢市桂町あたりで、丸西観光(以前は、丸西水産輸送)という運送会社の、道路を挟んで真向かいあたりです。






*画像を右クリックし、「名前を付けて画像を保存」することで、元の大きさで表示でき、細かい部分も見ることが出来ます。

[]事務官天山【金沢地方検察庁】の裁判資料(デジカメ)

 これは平成4年次の裁判関係の資料です。平成15年当時の告発事件の担当者も「テンヤマ」と名乗っていましたが、同一人物であるかは不明です。珍しい名前だと思いますが、同じ人であれば、10年以上、金沢地方検察庁で事務官をされていたことになります。

 年度ごとの担当交代には、いかなる意味があるのでしょう。「捜査官室」だそうですが、大抵は金沢地方検察庁に電話をすると担当者が直接すぐに出ます。最近になってからのことですが。


 このような資料を私が持っていること自体、それだけ問題を考える意義、価値があると思います。このブログのエントリを含めた資料を読む価値の参考にして頂ければ幸いです。

 市民生活に密着した組織犯罪が対象であり、検察の不当で行き過ぎた捜査をチェック、監視するためにも、参考にして頂ければと思います。巧妙な組織犯罪は、このように広汎に影響が及ぶのです。


参考:落合弁護士のブログ

いろいろな「入院」がありますから、軽々に論じられない面がありますが、結果を出そうと焦って、かなり無理な取り調べを強行しているのではないかと危惧されますね。

この種の経済事件につく「ヤメ検」弁護士は、特捜畑であるせいか、取り調べを受けるのは当然、という発想で臨む傾向が強いように見受けられますが、関係者により一斉に、公安事件型の対応(任意の取り調べには応じない、逮捕・勾留されても完全黙秘、調書にも署名指印しない)をされたら、特捜部もかなり辛いものがあるでしょう。

ただ、そういった対応には、するほうにもかなり辛いものがあり、経済事件の被疑者には無理な場合が多いのも事実でしょう。

昔、公安事件の被疑者だった人の経験談を聞いたことがありますが、取調官の目を見ると完全黙秘が崩れてしまいそうで、目の前にある机の端を、ただ、ひたすら、じっと見ながら耐えていた、と述懐していました。完全黙秘というのは、それだけ辛いもののようです。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060917#1158422363

 なお、担当事務官で、私に名前を公開されて泣き言を言ってきた人はおらず、まったく平静です。

2006-08-13 *1155440757*[蜿ク豕募?闊ャ]縲悟?鄂ェ縺ョ讒句峙縲阪↓縺、縺?※

[]上告審(最高裁)において郵送された資料

f:id:hirono_hideki:20021102052702j:image

f:id:hirono_hideki:20021102052855j:image

 はてなの画像はサイズが450ピクセルと決められているようです。このあたりも不便に感じ、これまで余り使わない出来ました。

[]写真資料についての説明

f:id:hirono_hideki:20021102152511j:image

f:id:hirono_hideki:20021102152812j:image

f:id:hirono_hideki:20021102152621j:image

 無料だと3MBまでの使用となっているようです。既に4割ほど使っているので、今後写真画像は余り使えそうにありません。gooのブログだと3Gまで無料で使えるので事実上無制限のようなものです。画像ファイルのサイズもオリジナルのままアップロードできます。画像ファイルのサイズの変更は色々な方法で行うことが出来ますが、私はよくGIMPを使っています。

 gooのブログの写真画像の扱いには特徴がありまして、まず私は「写真・画像資料」というカテゴリを使っています。直接そのカテゴリを指定したURLは次のものです。

http://blog.goo.ne.jp/hirono_2005/c/51068a55032ad9a925efeec8c5a40aae

 小さな四角形で画像が表示されていますが、画像の部分をマウスのポインターで指してクリックすると画像が元のサイズで表示されます。直接デジカメから取り込んだ場合は、1600x1200ピクセルになっているかと思います。17インチや15インチのモニターでは大きすぎるサイズかもしれません。お使いの画像ビューアソフトによっては、適当なサイズで表示してくれるかと思います。

 従いまして、大きく表示された画像を、これも画像の一部を右クリックして、「画像ファイルを保存」などのメニューを選択することで、いったんダウンロードするかたちで、ご覧頂ければ一番見やすいかと思います。

 また、パソコンの画面をそのまま画像ファイルとして取り込んだ場合は、1024x768ピクセルで保存するようにしております。これだとそのままブラウザで見ても、大きすぎることはないかもしれません。

 今回は、以前のエントリでご紹介したシッカロールとジュリスト、Perlの本の写真を掲載しました。福井刑務所での私本閲読許可証も写してあります。福井刑務所で受刑時の私の称呼番号は139になっています。金沢刑務所での受刑時は、272番。平成4年から6年にかけ拘置所にいたときは、57番でした。

 やはり「はてな」の450ピクセルの画像サイズでは、文字の識別が難しいようです。ご覧なりたい資料写真などあれば、検討致しますので、コメントを下さい。