Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2016-01-25

[]「弁護士が3年で預かり金20億円を横領したというニュースの意味するもの : 大阪・淀屋橋の弁護士ブログ」からの引用

そして、今後も弁護士による預かり金に関する不祥事が続き、引き続き、大新聞が大々的に当該ニュースを取り上げ続ければ、弁護士会ではなく、行政機関に弁護士を監督させろという世論が形成されていくのは、目に見えている。
  つまり、今回の読売新聞のように、マスコミが大々的に弁護士の不祥事を取り上げることは、弁護士自治に重大な脅威を与えるのである。
  弁護士自治がなくなった社会とはどのようなものか。私は、弁護士自治がなくなった社会では、抽象的だが常に法テラスの監督に服するような形の弁護活動を強制されるのではないか、との疑念を抱いている。私は、そのような社会は絶対に嫌である。
  弁護士自治を維持するために、どうすればよいか。一つ言えるのは、無駄な活動を減らし、会費を減額することである。私は、弁護士会の経済的な負担の問題は、個々の弁護士の財布の問題ではなく、弁護士自治を継続できるかに関連する極めてマクロな問題と考えている。

引用:弁護士が3年で預かり金20億円を横領したというニュースの意味するもの : 大阪・淀屋橋の弁護士ブログ