Hatena::ブログ(Diary)

日暮れて途遠し このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ようこそ! 最初にお読みください。>
 告発、告訴の問題は、現在次のブログをメインにしています。
再審請求に向けて:http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
2008年1月21日

本日、金沢地方検察庁に電話連絡をしました。追って、エントリを書きます。
9月25日20時49分

 まだ書いていませんが、簡単にご報告しますと、今年度の新しい担当者のお名前は、「タカマツ」。たぶん、高松と書くのでしょう。当日不在ということで、 まだ声も聞いていないのですが、例の捜査官室長のような上司の人が、対応に出て、尋ねもしないのに、名前を教えてくれました。  とても変わった名前で、「戸澗(とま)」というそうです。  なお、この部分は、エントリに記載後、消去する予定のお知らせです。 10月4日23時31分


 ここ一ヶ月間のアクセス状況を公開しました。10分ほど前の記録になります。 2007年9月26日22時33分
2008年10月6日、金沢地方検察庁に電話連絡。応対したのは岸田さん。 2008年10月29日0時55分

2009-08-21 *1250862728*[Emacs][Ruby]rcodetools.el(Rubyスクリプトをファイル

[][][]PASSENGERインストール

PASSENGER

 主に次のサイトを参考にインストールしました。

http://a01.biz/wiki/index.php?rails%2F%A1%DApassenger%A1%DBApache%A4%C7%BC%EA%B7%DA%A4%CB%BA%EE%A4%EBRails%A4%CE%BC%C2%B9%D4%B4%C4%B6%AD

http://web7s.com/blog/13

http://maskana.homedns.org/rails/pro/body/142


 昨日の夕方にインストールしました。けっこうやっかいで手こずりました。それぞれに環境も異なるので、一筋縄ではいかず、別途インストールしたソフトの数もけっこうありました。

 残念ながらさくらインターネットのサーバでは使えないみたいですが、インストールさえしてしまえば、Railsでの設定の数は少なく済むみたいです。とりあえず、次の設定ぐらいで動きました。


config/environment.rb

u8w@u8w-desktop:~/Rails$ head px1/config/environment.rb
# Be sure to restart your server when you modify this file

# Specifies gem version of Rails to use when vendor/rails is not present
RAILS_GEM_VERSION = '2.3.3' unless defined? RAILS_GEM_VERSION

# Bootstrap the Rails environment, frameworks, and default configuration
require File.join(File.dirname(__FILE__), 'boot')

Rails::Initializer.run do |config| ←このメソッド(?)の中に、
    config.action_controller.relative_url_root='/px1' ←この一行を加える。
u8w@u8w-desktop:~/Rails$

 後はApacheの設定です。方法はいろいろあるみたいですが、Apacheのドキュメントルートの中に、Railsアプリのpublicフォルダのシンボリックリンクを作り、Apacheの設定ファイルに、下記を追記。


/etc/apache2/apache2.conf(環境によっては、httpd.conf)

LoadModule passenger_module /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.4/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.4
PassengerRuby /usr/bin/ruby1.8

RailsBaseURI /Ex1
RailsBaseURI /px1 ←接続時のパスになります。例えば、http://localhost/px1 Railsアプリの名前と違っていても大丈夫みたい。
           ただし、environment.rbのconfig.action_controller.relative_url_root='/px1'の部分に一致。
RailsEnv development

 上の、3つの長いパスは、何かをインストールしたときに、表示されていました。英語でよくわからなかったのですが、コピペして使うような指示だったと思います。注意点としては、インストールの途中で、3つの選択肢のあるオプションがあり、それでApacheを選択しました。

 はじめは手探りの状態でしたが、冒頭のサイトを参考に、うまくいけば簡単に導入できると思います。


 うまくいけば、About your application’s environmentのリンクをクリックすると、次のように表示されます。薄い黄色ではなく薄い赤のメッセージが出たら、設定の見直しが必要だと思います。

f:id:hirono_hideki:20090821080922j:image

[][][]RadRails

 主に次のサイトの参考にさせていただき、導入しました。期待以上にすごいです。起動には相変わらず少々時間が掛かりますが、割と軽快に動作しています。Eclipseのバージョンは3.4です。

http://luroni.jugem.jp/?eid=177

http://www.atmarkit.co.jp/fjava/special/jruby01/jruby01_3.html

http://d.hatena.ne.jp/dkfj/20090415/1239810810

http://underrails.seesaa.net/article/54171247.html


ソースコードの編集画面

f:id:hirono_hideki:20090821071935j:image


View画面(mongrelでサーバ接続)

f:id:hirono_hideki:20090821072812j:image

2009-08-03 *1249310825*[裁判員制度]女性「公判前整理手続きで裁判の筋書きが決

[]nautilus-dropbox

いろいろ調べたところ、DropBoxはパッケージでインストールするよりも、リポジトリを設定してコマンドでインストールしたほうがいいらしい。

apt-get install nautilus-dropbox

でインストールしたのち、いったんログアウト、ログインしたのち、コマンドで

dropbox start -i

とやってDropBoxの本体をインストール。そして

dropbox start

でようやく起動することができた。

新しくなったUbuntuとKDE - コデラノブログ 3

 いつの間にか、使えなくなっていたので、再インストールし、上記の記事を参考にやってみたところ、うまくいったみたいです。


f:id:hirono_hideki:20090803031604j:image

2009-05-05 *1241521595*[警察]まあ、捜査機関は保身も含めて、先回り、先走りを

[]digiKam デジカメ画像管理ソフト

f:id:hirono_hideki:20090505030007j:image


 Ubuntu8.10からUbuntu9.04にアップグレードしたところ、削除されてしまったので、インストールし直しました。

 探せばほかにも便利なソフトはあるかと思いますが、これもLinuxでとても重宝しているソフトです。メニュー項目も多くって、高機能みたいです。

 とりわけ便利だと思うのが、ファイル名変更の一括処理です。選択した画像の順番を変えて、連番を振ることも出来ます。順番に規則性があれば、シェルで処理をやることもあるのですが、まかり間違えると、とても面倒なことになりそうです。

 一括した画像サイズの変更も出来たと思いますが、これは同じ適用をまとめてやることが多いので、シェルを使っています。

 画像をクリックするだけで、サムネイルの一覧と選択画像の拡大が切り替わるので、まったく無駄のない操作が出来、このあたりも気に入っています。

 情報も少ないのか、名前を見かけることも少なく、Linuxを使っている人の間でも知られていないソフトなのかもしれません。もっともgoogleで検索すると、デジカメでヒットしてしまうので、情報自体が見つかりにくいのかもしれません。



 拡大されている写真は、能登北辰高校の隣にある小さな公園の桜です。4月14日に撮影しました。昼の14時ぐらいで、曇りがちだったもののそんなに天候も悪くなかったのですが、写りが悪くなっています。書面の接写用に設定を変更したのが原因かと思われます。

 以前は石川県立水産高校の建物でした。手前に見える校舎などは20年以上前と変わっていないように見えます。

 桜の木のすぐ後ろにコンクリートの塀のようなものがありますが、これはもともと防波堤でした。昭和の終わりか平成の初め頃に、埋め立てられたのですが、桜の木のあるあたりは全部海でした。物心ついた頃から、このすぐ近くに住んでいて、よく来る遊び場の一つでした。

 夏になると毎日のように泳いだりしていましたし、魚釣りもよくやっていました。近くの神社から竹を切ってきてそれを釣り竿にしていました。ろくな魚が釣れませんでしたが、当時は海の透明度も高く、目視で見つけたタコを専用の針に引っかけて釣り上げたりもしていました。

 自分が2,3歳ぐらいと思われる写真には、更地で校舎のない風景が写っているのですが、建物のない風景というのは記憶になく、建設中の状況というのも、まったく記憶にありません。

 おそらく校舎が出来たのは、自分が2,3歳頃だった昭和42,3年ではないかと思われます。

 この小さな公園の道路を挟んだ向かいに、職業安定所があり、用事を済ませて出たところ、ふと気がついて、バックの中にあったデジカメで撮影しました。

 現在は宇出津新港と呼ばれています。以前も宇出津と辺田の浜の境になります。

 後ろで丘のように見えるのが、崎山台地です。写真の写り方もあると思いますが、実際はもう少し高い山に見えます。自分が小学校の低学年の頃から住宅地としての開発が進んでいましたが、一面畑だけだった風景もかすかに記憶に残っています。開発が始まってからも、そこで土器を掘り出しに行ったことが何度かありました。学校の教科書で見ると弥生土器のように見えた記憶がありますが、その後、宇出津新港が出来た頃から、この付近は縄文遺跡として注目を集めたこともあったようです。車で10分ほど離れたところになりますが、真脇遺跡が有名みたいで、温泉も出来ました。一頃、注目度も高かった見たいですが、自分はその温泉にも入ったことはありません。

 少し離れ、時間と季節も変わると、次のような風景になります。左側の対岸が堤防になりますが、桜のところの堤防跡の角からは一直線の端になっていました。地元では「沖のチッコ」と呼ばれているあたりです。そのもう一つ外海に宇出津新港の堤防が出来、写真はその堤防から写しました。昔は海の上だったことを考えると、不思議な風景にも思えます。

f:id:hirono_hideki:20061012225843p:image


[]Xara Xtreme ベクター画像の作成・編集が可能な画像エディタ

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080121/291579/?ST=oss

f:id:hirono_hideki:20090505012929j:image


 Ubuntuでは、

sudo apt-get install xaralx

でインストールできました。

 英語なので、使い方もほとんどわからないのですが、デタラメにやっただけでもいろいろなことが簡単に出来ました。同じくベクター画像が扱えるようですが、ParaDrawに較べると、癖の少ない使用感でした。ParaDrawだとアンカーの意味がわからないと、収拾のつかない状態になってしまい、色づけもけっこう大変です。

 ネットで少し調べると、Windows版には日本語版もあるようでした。ただ、フリーウェアではないのかもしれません。

 jpegにエクスポートしてみましたが、範囲を指定する必要があるみたいで、適当にやると画像の一部分だけがjpegファイルになっていました。

 フォント名に日本語が含まれていると呼び込めないみたいです。日本が含まれていなくても呼び込めないみたいでした。

 次のサイトを参考に同じことをやったところ、日本語が使えましたが、入力のとき、変換状態が表示されませんでした。いったん別のソフトで入力したものをコピペをした方が、使いやすいかもしれません。

日本語フォントの利用に難あり

 Xara Xtremeは日本語のTrueTypeフォントも利用できる。しかしフォント名に日本語が使われている場合(全角アルファベットを含む),フォント選択リストに表示されず,その結果利用できないという問題がある。

 この問題は,フォント名に日本語を含まないフォントを導入する方法で回避できる。そのようなフォントには,例えばIPAフォントとM+フォントを組み合わせた「M+1P+IPAG」(http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/)などがある。

 フォントを入手したら,フォント・ファイル(.ttfファイルや.ttcファイル)を~/.fontsディレクトリ(あるいは/usr /share/fontsディレクトリ)にコピーし,次のコマンドを実行する。/usr/share/fontsなどのシステム・ディレクトリにコピーした場合は,管理者権限で実行する必要がある。


$ fc-cache


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080121/291579/?ST=desktop&P=4


 フォントの入手先ですが、2,3年ほど前にもダウンロードして使わせていただいたことのあるサイトでした。フォントには好みもあると思いますが、見やすく整った文字です。

日本語の使用

f:id:hirono_hideki:20090505022026j:image


 すぐに画像扱いになるらしく、拡大縮小、変形、コピペ、色替えと、とても簡単に扱えました。このあたり、GIMPだと一度入力した文字列ごとのレイヤー扱いにもなりますし、拡大すると文字がぼけてしまいます。あとあとの操作も少々面倒です。


[]Plone オープンソースのアプリケーション・サーバーZope上で稼働するCMS

 2006年9月26日,内閣総理大臣に就任した安倍晋三氏の公式サイトは,オープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)を採用していることをご存知だろうか。「Plone」と呼ばれるCMSである。同サイトは2006年の3月にリニューアルを実施した際,同じくオープンソースのCMSであるXOOPSからPloneに移行している。

 Ploneはオープンソースのアプリケーション・サーバーZope上で稼働するCMSである。特徴はインストールが容易なこと,アクセス権管理機能がきめ細かなこと,ワークフロー・エンジンを備えること,視力の弱いユーザー向けのアクセシビリティにも対応していること,そしてカスタマイズやアドオン・ソフトウエア作成の効率が高いことなどだ。

 ここ数年,Ploneの採用サイトが増加している。欧米における事例はPloneコミュニティのポータルサイトであるplone.orgの事例リストをご覧いただきたい。日本においても安倍氏の公式サイトのほか,山形県庁 ,JETRO(日本貿易振興機構),大型放放射光施設Spring-8の公式サイトがPloneを用いて構築されている(3ページ目にSpring-8公式サイトの事例を掲載)。


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060926/249033/?ST=oss&P=1

 たまたま見つけたのですが、これもかなり使えそうなソフトです。さっそく試したいところですが、勉強をしなければならないので、当分出来そうにありません。

 サーバの方も休止状態が続いていますが、今度稼働させるときは、こちらを使ってみるかもしれません。

 安倍晋三氏の公式サイトを見ましたが、よほど高性能なサーバシステムをお使いなのか、レスポンスもずいぶんと軽快でした。

《上杉隆氏の嘘  動かぬ証拠》

最終変更日時 2009年03月30日 10時50分

 自称ジャーナリスト上杉隆氏の週刊文春2月26日号掲載の捏造記事により安倍晋三議員の名誉が傷つけられ、上杉氏に抗議した件については当HPでお伝えいたしました。

3月2日に上杉氏ではなく「週刊文春編集部」より回答書がきました。

 この回答書を読み、驚きあきれてしまいました。なんと、回答書の末尾にこう記されております。

『なお、当回答は、未公表の著作物ですので、

      そのままHPで引用、公開されることはお控えください。』

週刊誌という媒体を使い大々的に安倍議員を誹謗中傷しておきながら抗議されると「それは密室でやりましょう」というのは虫が良すぎるのではないでしょうか。

よほど後ろめたいのか、恥ずかしいのでしょう。


http://www3.s-abe.or.jp/

 上記のような記事が冒頭にありました。ほかにも具体的な裁判のことも書いてあり、いろいろ参考になりそうでしたが、ほかに予定もあるので、ざっと眺めただけです。

2009-04-27 *1240835186*[繧ス繝輔ヨ]Flash菴懈?繧ス繝輔ヨSuzuka

[]Flash作成ツールSalasaga

f:id:hirono_hideki:20090427194824j:image

 キャプチャ画像にあるチーパオは、株式会社山佐のキャラクターです。サービスになっているオリジナルCDのラベル用の画像ファイルもものをGIMPで加工しました。

http://www1.yamasa.co.jp/mkl_official/index.html


滑り出し好調なFlash作成ツールSalasaga

2008年03月27日 11:53AM 1 2

* スラッシュドットにタレコむ

* あとで読む

*

 以前からGNU/Linuxデスクトップに足りなかったものの1つが、Flashコンテンツを作成するエディタである。Flashファイルの閲覧であれば、Adobeのプロプライエタリなプレーヤやまだ不完全だがフリーのGnash player(翻訳記事)で間に合わせることができる。だがFlashの作成となると、OpenOffice.orgのDrawが持つ限られた機能を使ってFlash形式へのエクスポートを行うのが関の山だ。Flashの用途には他愛もないものが多いのでFlash作成機能の欠如は嘆くほどのことではないが、AdobeのFlash CS3 Professionalに匹敵するものが皆無なのも事実である。 Salasaga (最近まではFlame Projectと呼ばれていた)は、PC向けの教材やアニメーションをFlashで作成できるAdobe Captivateの機能を提供することにより、こうした不足を補おうとする取り組みだ。ただし、バージョンがまだ0.7.7ということもあって、機能の実現が優先されており、インタフェースの完成度は二の次になっている。

 Salasagaはクロスプラットフォームのソフトウェアであり、GNU/Linux、BSD、Solaris Nevada、Windowsで利用できる。GNU/Linuxではソースコードからのインストールが可能なほか、Gentoo、Fedora、 Ubuntu用のパッケージもダウンロードできる。依存関係ファイルには少なくとも、GlibおよびGTK+のバージョン2.10、Pangoのバージョン1.16、libxml2のバージョン2.6.30、そしてFlash機能を提供するMingのバージョン0.4.0.beta5が含まれる。いずれかの方法でインストールを終えると、GNOMEデスクトップの「Graphics」メニューに項目が追加される。

 Salasagaを立ち上げると、プレゼンテーションソフトのような画面が現われる。画面の左側には個々のスライドが、右下の領域には現在のスライドが表示される。また、現在のスライドの各レイヤに関する情報が画面の右上に表示される。


http://sourceforge.jp/magazine/08/03/27/0025235


 昨日の朝だったと思いますが、この記事を見て、さっそくインストールし、使ってみました。英語のメニューということもあり、慣れるのに少々時間が掛かりましたが、試していくうちにだいたいのことはわかるようになりました。

 とても便利なところと、融通が利かず不便なところがあります。読む込む画像ファイルのパスに一部でも日本語が含まれているとはねられます。テキストの挿入でも日本語を使うと、即座にソフトが落ちてしまいました。日本語に対応していなくても仕方ないのですが、他にも操作性の悪いところがいくつかありました。

 出来上がるswfファイルのデータサイズもかなり大きいです。WindowsXP環境のsuzukaでも同じようなswfを作ったのですが、似たような内容でも、10倍以上ファイルサイズが大きいような気がしました。そんなに使っていないのではっきりしたことはわかりませんが、目安として1分程度の動画再生で10MBぐらいになることもありそうです。

 フレーム数も一秒あたり12とかに、かなり抑えてみたのですが、それでもファイルサイズは大きいです。ちなみにsuzukaの方では、25ぐらいにしました。以前テレビだったと思いますが、これぐらいが人間が識別しうる視覚能力の限界でもあるそうです。

 操作性のよいところもあるので、スライドショーのようなものを作るには、suzukaより手軽かもしれません。ただ、一度読み込んだ画像ファイルは、使い回しが出来ないみたいで、改めて読み込む必要があるみたいでした。

 もともとプレゼンテーション作成用のソフトみたいですが、とにかくファイルサイズが巨大になりがちで、実用性が高いとは思えないのが残念です。

 出来上がったswfをflvに変換しようとしたのですが、Linuxではできませんでした。FFmpegを使ったのですが、ソースコードからコンパイルしており、コンパイル時のオプション指定で不足の機能もあるのかもしれません。aviへの変換もできません。

 そんなことで、VMware PlayerのWindowsXP環境で、動画変換のフリーソフトをインストールし、いろいろ試してみたのですが、結果はダメでした。他のファイルも変換が出来なかったので、仮想OSのシステム状態にも問題があるのかもしれません。

 ブラウザの方からは、問題なくFlashの動画再生が出来ているみたいです。flvに変換できなかったので、YouTubeにアップロードすることもできませんでした。

 仕方がないので、以前お世話になったこともある、サービスでガジェットを利用して表示します。


 今回はスライダーというのを一つしか使わなかったのですが、スライダーを複数にすれば、ボタンで画面を切り替えることができます。また、この操作ボタンは自動的に作成されていました。

 繰り返し再生になっているはずですが、この程度で、ファイルサイズは4.3MBほどあります。使用している画像ファイルはすべてjpegなので、画像ファイルのサイズは小さいはずで、サイズも800x600という控えめな大きさです。


 後で、suzukaで作成したものもアップロードしますが、216KBという信じられないようなものになっていました。

2009-04-18 *1240065021*螳??豢・譖ウ螻ア?医?縺阪d縺セ?臥・ュ

[]dillo軽快なウェブブラウザ

 Ubuntu8.04では、メニュー項目や設定ダイアログが文字化けしていましたが、

http://syoshinsya-linux.seesaa.net/article/49020010.html

とか参考にして解決。

 以前、ノートパソコンのFedora8でも使っていましたが、見た目が古くさい感じでした。画面の解像度の違いもあるのだと思いますが、Ubuntuで使うと、けっこう綺麗に表示されています。

 JavaScriptやFlashはもちろん、CSSまで無効というか扱えないみたいなので、軽量、高速なのは当たり前かもしれませんが、とにかく動作が速いので、ちょっとした確認や、文字列のコピーには役立つソフトだと思います。

 ホームページのレイアウトでtableタグを使っていれば、Firefoxとも見栄えはそう変わらないのですが、divタグでCSSを読み込む設計になっていると、部分ごとの表示位置まで変わってしまいます。

 ちなみに、gooのブログだと、普通に近い状態で表示されることが多いみたいな感じです。

f:id:hirono_hideki:20090418183814j:image


f:id:hirono_hideki:20090418183540j:image


f:id:hirono_hideki:20090418163010j:image

[][]Audacious音楽プレイヤー

http://linuxos.blog102.fc2.com/blog-entry-4.html


 UbuntuにXMMSをapt-getでインストールしようとしたところ、古いパッケージでインストールできない、というようなメッセージが返りました。

 XMMS2というのがあって、これをインストールしてみたのですが、どうも音楽プレイヤーと言うより、音楽の配信サーバのような感じのソフトでした。

 そこで探して、見つけたのがこのAudaciousというソフトです。どうもXMMSの後継のようなソフトらしく、外観の違いも文字にアンチエイリアスが掛かっている程度とのことでした。

 Linuxでは、Amarokというソフトもあって、インストールしているのですが、XMMSの方が懐かしさもあるのですが、手軽に使え、パソコンの負担も軽そうだし、デザイン的にもいい感じです。