ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

高次脳機能障害と診断されたけど、古本屋開業して元気にやってます by園田広宣 ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

古本屋 エイジロメン HP http://eziromem.jimdo.com/ ■買取フォーム 左記HPから■

2016-05-16

育児中の父親、子供の泣き声は刺すように辛いもの。男の育児は辛い事が多い。

こんなことを、ブログに書くと、人格を疑われそうだが
悩んでいる男性がとても多いようなので、はっきりと書いておく。

子供というのは可愛らしいもので、特に赤ちゃん、自分の子供というのは本当に可愛らしい。
しかし、子供の泣き声と言うのは父親にとって非常に苦痛なものなのだ。
女性というのは、母性本能が出ているからなのか、ホルモンの関係なのかわからないが赤ちゃんの泣き声を大変に心地良いものと感じるらしい。
しかし男性にとって子供の泣き声(赤ちゃんの泣き声)はまるで頭に突き刺さるように苦痛であり、イライラするものなのだ。
特に車の運転中に聞く子供の泣き声は、本当に辛い。
気がおかしくなるんじゃないかというぐらい辛い。
やはり、男性と女性は違うものなのだと、育児の時にひしひしと感じた。
これに悩んでいる男性はとても多いらしく、子育て中の夫婦はこれでよく衝突するらしい。
イクメンなどと言う言葉が流行って久しいが、私は男性は育児にはあまり向かないと思っている
男性が子供かわいらしいと自覚するようになるには、大体3歳から5歳位、もしくは小学校3年生ぐらいからではないかなと思う。
意思疎通ができるようになり、会話が通じると言うようなレベルになって、男性はやっと自分の子供であるということが認識できるようになるらしい。
それまでは実際に血がつながっていたとしても、子供に対してなかなか愛情を抱けないものなのだ。
(血がつながっていなければさらに難しいと思うが)

私は友人が出産、育児を迎えると必ず言うのだが、男性にとって子供と言うのはドラマや漫画など違い、すぐに愛情を感じられるものでは無いのだ、と話している。
そうすると、想像以上に友人たちは皆一様に安堵した表情を作り、気持ちも随分と楽になるようだ。
どうしても、子供は天使と言う概念に囚われてしまい、男性は自分自身を責めるようだ。

自分自身の子供が、なかなか可愛くなれなくても、自分を責める事は無い。
いずれ本当に自分の子供なのであれば、そのように自覚するようになるであろうし、可愛くも感じるようになるだろう。
それに父親の本当の役目は、母親のように子供を愛することではなく、一定の年齢まで成長した子供の自立を促し、家庭から外へ出すことが本当の仕事なんじゃないかなと思ってる。
最近の父親たちは皆一様に子供を可愛がりすぎて、子供を家庭から出られないようにしてしまっている。
よく親の仕事は高校生まで大学生までと言うが、むしろ今のように結婚が難しい時代、結婚するまでを親の仕事したほうがいいんじゃないかな?思ったりもする。
そんなことを言うと、働いてることをの世話を親がしなきゃいけないんじゃないのか?と反論も来るかもしれないが、いやいやそうじゃない。
働く事は子供に任せればいい。働くことよりも、結婚を優先したほうがいいんだと私は思う。
恋愛至上主義の現在だが、お見合いがされなくなって久しい。
もっとお見合いを親が子供にさせるべきだし、周りも受け入れるべきだ。
恋愛結婚なんていうものは、コミニケーション能力の高い人物に限定されているものでコミニケーション能力の低い男女は、恋愛結婚なんて望むべきものじゃない。
若いうちの恋愛結婚というのは、なかなか相手を正しく評価できないものだ。
正直言ってあまりオススメできない。

話がそれたが、私が言いたいのは、父親にとって親の仕事は、赤ちゃんの頃の育児よりも
成長した後の思春期から青年期、独立への橋渡しを担当するべきだと思う。
もちろん幼児期のサポートも父親がしてもいいと思うし、思春期から青年期のサポートを母親がしてもいいと思う。
しかし、父親が幼児期の育児をメインにするのは危ないかもしれないね。

世の男性に言いたい。
幼児期は母親に任せて、青年期、独立時期の橋渡しに力を注ぐべきだと。
そして、その前の学生時代にかかる養育費用の為にも、幼児期は仕事に専念すべきだと。


◆追記
誤解を生みそうなので補てんしておくと
女性は育児が苦痛ではないという事を言っているのではない。
ホルモンの分泌の違いから全体的に男性の方が不利な状況が多いという事を書いている。

男性は力仕事に有利ではあるが「力仕事が苦痛ではない」わけではない。
それと同じように
女性は育児に有利ではあるが「育児が苦痛ではない」わけではない。

それに何事も例外は存在する。
男性でも力仕事には体格的に不利な人が存在するように
女性でも育児においてホルモン不足で体力がもたなくなる方は多数存在している。

しかし
基本的な問題として、男性が男性であるにはち○ち○が付いているだけではないように
女性が女性であるのはお。ぱいが付いているだけではない。
男性には男性ホルモンが存在し、女性には女性ホルモンが存在する。
それが男性たらしめ、女性たらしめる。

ホルモンの分泌物が少ない事で、起こる問題に関しては
個別に判断すべきであって、当方ではよく分からないので
病院に相談したり、環境を変えたりして対応してほしい。



【応援リンク アマゾン編】
↓マウスを応援リンクにカーソルを合わせると本音コメント見られます。↓


さらにバーナー画像をクリックすると、アマゾンへ移動します。

2016-05-14

左半身の麻痺と頭痛がふたたびおとずれ、病院へ行ったらあれよあれよと気が付くとERに連れて行かれていた。

先日お風呂の浴槽につかっていた時、突然体がこわばり、身動きが取れなくなった。
そのままズルズルと浴槽に沈んでいくので、足の指で何とか引っ掛けて、お風呂の栓を抜くことに成功し、お風呂の中で溺れる事だけは避けられた。
声を出すことができず、言葉にも若干の障害のようなものが出ている感じだった。
たまたまお風呂を見に来た相方に助けてもらった。

その後転がるように体調が崩れていき、ひどく癇癪を起こすようになった。
イライラが酷く、頭痛がして、お腹が痛くなり、背中が背骨に沿って痛くなる。
かかりつけの病院に行ったところ、背中のところを触りながら脊髄かなぁ、神経かなぁと話されたのでちょっと恐怖を覚えた。
ところが薬として出されたのは、過敏性腸症候群と胃薬のブスコパン。本当にこれで合っているのかなぁと思いながら、薬を飲んでいたがいちにちたっても2日たっても体調は良くならない。

かかりつけの医師でどうにもならないのなら、少し離れているが大きな総合病院でかかってみようということになる。
できることなら担当医のいる、多摩総合医療センターが良い。
あそこなら脳神経内科の磯崎英治先生がいる。
近所のかかりつけ医が脊髄かな、神経かなぁと話していたので、脳神経内科ならわかるんじゃないだろうか?

そこで予約ではなかったが、直接総合受付に連絡して当日診察を受けられないか確認してみたところ
電話を磯崎先生に回してもらえることになった。
これは助かった、診察が受けられると思ったら・・・そうはいかず
なんと救急外来ERに移送されてしまった。
なんだか大事になっている、周囲に迷惑をかけているんじゃないか?と思いながら、それでも診察を受けたかったのでひたすら耐えた。
ERは思ったほど、重症の患者っぽい人は少なかった。
寝たまま移動という人は一人しか見かけなかったし、車いすもちらほらいたが
半分以上の人は、普通に立って歩けるようだった。
付添いの人・・・にしては数が多すぎるから、やはり立って自力で歩いてきた人も結構いるようだ。
気が付くと私も車いすに乗せられていた。


診察は2時間待ちと言うことだったが、思ったよりも早く対応してもらえた。
診察の結果、構音障害、歩行障害の所見
小脳梗塞の疑いあり 要検査
と書かれてしまい、かなりびびった。
脳のCTをとってもらい、胸や腰のレントゲンを撮ってもらう


結論としては、脳梗塞は確認されなかった。
確認されなかったと言うのは、画像の荒いCT映像では小さな脳梗塞は確認できないという程度。
とりあえず、緊急で手術だとかそういった事は無いようだ。
また血液検査の白血球が平常値に近い。CRPがやや高かったらしいが、白血球が平常値に近いと言う事は、症状は急性期を出して安定期に移っているタイミングらしい。
どこかで炎症が起こっているのは間違いないが、強く意識する必要は無いようだ。
それとヘルニアの可能性が指摘された。
確かに以前、やや軽いヘルニアになっていると言う話は聞いた。あれから症状が改善されたので、てっきり問題ないものとばかり思っていたが、どうやらそういうことではないらしい。
軽いヘルニアと言うのは、出たり引っ込んだりすることがあるらしく、軽く飛び出ても吸収される?と言うようなことが起きて改善される、また飛び出すと言うことを繰り返すらしい。
これに関しては、ボルタレンの座薬をいただいた。
左半身の麻痺は、脳梗塞というよりも、過去の事故の後遺症ではないかとの事。

ボルタレンは良く効いた。
ただ左半身の不自由さは、いまだにかなり気になる。
本当に脳梗塞じゃないんだろうな・・・と不安に思うが。

そもそも「後遺症」ってなんだ?
これは過去に何度も医者から説明されたが、後遺症では漠然としすぎていてさっぱり分からない。
私の脳の中のダメージはどこにあるんだろう?
キズはみつからないと何度も繰り返し言われてきたが、じゃあ後遺症になんかなるはずないじゃないか・・・そもそも後遺症ってのは
どこかにダメージがないと後遺症って言わないような気がするんだが・・・。


【応援リンク アマゾン編】
↓マウスを応援リンクにカーソルを合わせると本音コメント見られます。↓


さらにバーナーをクリックすると、アマゾンへ移動します。

2016-05-09

info@jp-bank.japanpost.jpというアドレスに注意 ゆうちょ銀行システムってとこからメールが来た。

たったいま届いたメール。

「登録変更完了のお知らせ」
と来た。

しかもゆうちょ銀行。


ううう・・・うち、ゆうちょ使ってる・・・。
中身確認すると登録パスワードが変更されたとの事。

一瞬冷や汗をかく。


こういう迷惑メールは迷惑メールと分かっていれば対処は早いのだけど
それと分かるまでが結構大変。

まずアドレスをチェックする。
迷惑メールだと、海外から送ってくる場合もあるので
アドレスの最後の方がjpやcomじゃないタイプは怪しい。
さらに@の後ろのアドレスをチェック。
だいたいが会社名なので内容とズレがある場合が多い・・・


しかし今回のは両方ともクリアしてしまった・・・ううん、本物か?パスワード乗っ取られたか?と一瞬とまどうが


いったん、このアドレスで検索してみよう。

するとゆうちょ銀行のサイトが

ゆうちょ銀行を装った不審なメールにご注意ください
http://www.jp-bank.japanpost.jp/crime/crm_email.html


最近、「振込みのご案内」などのタイトルで、ゆうちょ銀行からの入金連絡メールを装い、無関係なサイトへ誘導する不審なメールが送信される事案が多発しています。
ゆうちょ銀行からお送りしている電子メールの主な送信元と差出人名は以下のとおりです。


1.ゆうちょダイレクト

(1)ゆうちょダイレクトをご利用で、メールアドレスを登録されているお客さまには、電信振替等の送金や各種取扱の結果をお知らせする「取扱確認メール」、振込などの入金をお知らせする「入金お知らせメール」などをパソコンや携帯電話にお送りしています。
送信元:information@jp-bank.japanpost.jp
差出人名:【ゆうちょ銀行】

(2)トークンをお届けする事ができなかった(不着)場合などに、ご登録のメールアドレスあてにお知らせをお送りしています。
送信元:direct-information.ii@jp-bank.jp
差出人名:【ゆうちょ銀行(ゆうちょダイレクト)】


2.ゆうちょ投信WEBプレミア

ゆうちょ投信WEBプレミアをご利用で、メールアドレスを登録されているお客さまには、電子交付を行った場合のお知らせや各種キャンペーンに関するお知らせなどを、電子メールでお送りしています。
送信元:toushin@jp-bank.japanpost.jp


3.インターネット伝送

インターネット伝送をご利用で、メールアドレスを登録されているお客さまには、各種お取扱いの結果等を電子メールでお送りしています。
送信元:JPBANK@finemax.net


4.外貨宅配サービス(ゆうちょの外貨宅配 トラベル with You)

サービスの利用開始時にご登録いただくメールアドレスに、お取引に関するお知らせなどをお送りしています。
送信元:info@jp-bank-gaika.japanpost.jp
差出人名:【ゆうちょの外貨宅配トラベルwith You】



この中の
information@jp-bank.japanpost.jp
info@jp-bank.japanpost.jp

・・・そっくりだ。
ていうか、@以後のアドレスは全く同じだ。


しかし、わざわざパスワードを変更のお知らせをするとはいえ
盗用の可能性なんて示唆するだろうか?
普通はまず確認してくださいと連絡が来るだろう。

盗用という言葉を使うのは、いわゆる詐欺業者の「危険を煽る事で、受信者を混乱させる」常套手段だ。
そしてリンクの以上に長いアドレス・・・途中まで日本郵便のアドレスっぽいが・・・
「長いアドレスは踏むな」という格言がある。
長いアドレスには、特殊なトラップが仕掛けられている事があるので
必要があれば、本サイトから手順を踏んでリンクをたどる方がいい。


というわけで・・・、ゆうちょ銀行から直接自分の残高確認まで出来るか確認してみた。


できた。じゃパスワード変更なんかされてないって事だな。(^_^;)


色々と調べると
ゆうちょ銀行システム登録変更完了のお知らせメールを分析した後  しゃしゃ(あなた)へ
http://www.megabe-0.com/archives/6066.html

というサイトで、この件について詳しく分析されていた。

と同時にゆうちょ銀行の不手際に違和感を感じた。
このアドレスを記載した方がいいんじゃないの?絶対検索で探してる人いると思うよ。


↓マウスを応援リンクにカーソルを合わせると本音コメント見られます。↓


さらに左をクリックすると、アマゾンへ移動します。

2016-05-05

フィトンチッドってなに?―植物の知られざる働き




こちらの本は、友人が探している本なのですが
アマゾンに1冊しかない上、価格が完全にプレミア価格になってしまっているんだよね。
こうやって紹介しておくと、せどりの人たちがかき集めてくれるかなと思ってさ。

出版社を確認したら、出版社と言うより印刷してるだけなのかな?
価格の推移をチェックしたら、4,000円位から800円位を乱高下しているみたい。
実際の適正価格は、おそらく2,000円位じゃないかなと思うんだ。
定価の1.5倍位かな?

もちろん私がそんなことを書いたからといって、そんな値段で出す必要はないと思う。
1万円で出したっていいし、500円ぐらいにしてもいいと思う。
ただ現場で、欲しがっている人がいるのに価格があまりに高すぎて欲しい人には当たらないと言うのはどうなのかな?

↓マウスを応援リンクにカーソルを合わせると本音コメント見られます。↓


さらに左をクリックすると、アマゾンへ移動します。

2016-05-02

iPhoneとウィンドウズ7の音声認識を比較

私の発音が悪いせいか、iPhoneの音声認識がいまいち正確でない。
そのために、マイク繋げて使うことが多いんだけど
これはやはり、周囲の雑音を拾ってしまうせいなのだろうか?
iPhoneのは電話用のマイクなんだから、周囲の雑音はあまり拾わないと思うのだけど。

とは言っても、ウィンドウズ7の音声認識と比べたら、iPhoneの音声認識はかなり正確だ。
と言うよりも、ウィンドウズセブンの音声認識は、全く役に立たないと言ったほうがいい。
半分以上正確に認識しない。
もしかして私の発音が、一般的におかしいのだろうか?
ちょっと自分が心配になってしまって。



↓マウスを応援リンクに合わせると本音コメント見られます。↓
 ブログランキング応援クリック、イイネの代わりになります。よろしくお願いします。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



高次脳機能障害と診断されたけど、古本屋開業して元気にやってます by園田広宣 ブログ
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。