hiropunの『It’s my style』

2005 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2010年8月8日 日曜日 しばしの別れ。


7月1日

嫁に妊娠の兆候。

産婦人科に行くも、初期段階のため、はっきりとした状況は不明。

空気読めない医師が「子宮妊娠のおそれが…」等と余計な言葉ぬかす

不安な日々を過ごす。


7月9日

子宮内に子供の姿を確認。

安心と喜びで涙が止まらない。

『卵巣の腫瘍』という不安要素が判明したが、子供母親の危機を教えてくれたと思うと嬉しかった。


妊娠確定後。

嫁のつわりが徐々に酷くなってくる。

毎週のように味覚が変わり、食べられる物がコロコロと変わる。

トイレに駆け込む回数・時間が増え、低血糖のため意識が遠のく等の症状まで現れる。

つわり睡眠にまで支障をきたすようになる。

仕事で30時間継続して嫁の傍にいられない事がとてつもなく苦痛だった。

でも嫁はそれ以上に不安で寂しがっていたと思う。


8月

ただでさえろくに食事をしていなかったのに、固形物をほとんど口にできなくなる。

優等生だったグレープフルーツゼリーもついに脱落。

グレープフルーツジュース、サイダー、アイスでは空腹を満たせない。

食べたいのに食べられない、眠れない、旦那は仕事で家にいない。

精神的にも相当参っていたと思う。

体重は去年出会った頃から10キロ痩せていた。


8月6日

職場で休憩中、嫁が6日の夜明け前に書いていた日記を読む。

限界が近づいていると感じた。

一日でも早く実家に帰そうと決意。

11日に診察の予約がを入っていたが、悠長に待っていられない。

病院に、嫁に、義母に、母に、すぐさま電話した。

明日病院に連れていく。

 問題なければ明後日には実家に連れていく」

独断だった。

有無を言わさず、無理矢理話を勝手に進めていった。

ずけずけと意見を言える立場にあるのは自分だけだった。

旦那の両親があまりに近くに住んでいるため、嫁は「実家に帰りたい」とは簡単には言えない。

互いの両親は、心配はしていても、こちらから協力を求めない限りは口出しをしづらい。

微妙バランスで成り立っているのはわかっていたから、利用させてもらった。

誰からも反対はなかった。


8月7日

夜勤明け。

普段より早くあがらせてもらう。

心配していた両親が車で病院まで送ってくれた。

午前中に受付けをし、前日の電話の事もあり、不調を訴えると優先してすぐ診てもらえた。

結果は。

子供は順調に成長していた。

写真を見せてもらうと、頭、手足がはっきりと確認できた。

「腕の付け根辺りで心臓が動いてた」と聞かされた。

卵巣の腫瘍は相変わらずあるものの、肥大はしておらず、慌てて対処する必要はないらしい。

仮に手術するとしても、卵巣の機能は失われないようにできると説明を受けた。

嫁の安心した顔を見て、子供が無事成長している事がわかって、嬉しくて涙が出てきた。

診察を受ける前と後では、嫁は明らかに元気を取り戻していた。

安心したせいか、夜勤明けという事もあり、僕は買い物を終えた夕方以降爆睡してしまった。


8月8日

両親が車で名古屋駅まで送ってくれた。

指定を取った新幹線はまだ混み合っておらず、大阪の嫁の実家まで座りながら順調に帰る事ができた。

高槻駅前で昼食や買い物をし、タクシーで嫁の実家に帰った。

お義父さん、お義母さんは嫁の元気そうな顔を見て安心されていた。

独断で話を進めた事を謝ると、「迷惑かけた」と逆に謝られてしまった。

迷惑なんて思った事は一度もないし、いつもやりたいようにやらせていただいてるのに。

感謝したいのは僕の方やのに。

近所に住んでみえる親戚のおじさん夫婦も、僕が来ていると知って会いに来てくださった。

嫁を通じてお義父さん達と家族になれて本当に良かった。

翌日はまた朝から仕事なので、夕方には高槻を出発した。


実家に帰った嫁は、以前より元気になった。

診察の結果、お腹子供や卵巣腫瘍に対する心配はかなり軽減された。

実家に常に両親のどちらかがいる事で不安がなくなり、その影響か、すでにつわりが多少軽くなっている。

嫁と一緒に過ごせないのは寂しいけど、元気でいてくれたらそれが一番。

つわりが治まるまでのちょっとの間、しばしの別れ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hiropun/20100808

2010年7月9日 金曜日

hiropun2010-07-09

今月一日、妻に妊娠の兆候があり、産婦人科へ行ってきました。

検査の結果、数値上では妊娠しているとの事でしたが、

お腹の中を調べても肝心の子供の姿も形も見えません。

妊娠4週目では通常発見できないらしく、見えるようになるのは5週目以降。

病院に来るのが時期的に少し早過ぎたと言われました。


それだけなら何も問題は無かったのですが、医師からは

子宮妊娠の可能性がある」

という話が。

もし子宮妊娠なら、お腹の子は投薬なり手術なりして下ろさなくてはなりません。

母体にも負担がかかります。

嫁は不安に駆られ、

自分のせいで小さな命を死なせてしまう」

と、泣いて眠れない日々を送る事になりました。

仮に子宮妊娠だとしても、誰の責任でもないのに。

一緒にいてあげたくても、僕は泊まりの仕事をしているので、夜中一人ぼっちにさせてしまいました。

嫁程ではないにしろ、僕にとっても辛い一週間を過ごしました。


そして今日

再び産婦人科に行ってきました。

予約時間を2時間半も待たされ、心身ともに疲弊した状態で聞かされた結果は。


「ちゃんと子宮内に着床しています」


ずっと聞きたかった言葉でした。

家に帰ってから嫁を抱きしめ、

「良かったね、本当に良かった」

と言ったところで涙が溢れました。

嬉しかった。

本当に嬉しかった。


良い結果だけではなく他に心配事が無い訳ではありませんが、最悪の事態は免れました。

何はともあれ、まずは嫁の身体を大切にして、来る日を楽しみに待ちたいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hiropun/20100709

2010年7月1日 木曜日 赤ちゃんはどこからくるの?

ここひと月位の間にマイミクさんや高校の同級生が出産されました。

お疲れ様でした。

本当におめでとうございます。

写真しか見てませんが、赤ちゃんからは暖かさと力強さを感じました。

とても神秘的で、まるで太陽を凝縮したようでした。


GW中には高校時代の友人らから結婚のお祝いをしてもらいました。

僕が結婚できたのは、元はと言えば、このメンバーで↑の子の結婚祝いをした事なので不思議なものです。

この時、女友達子供を二人連れてきて、お母さんぶりを発揮してました。

僕も少し面倒を見させてもらいましたが、人の子なのにめっちゃ可愛かったです。


そんなこんなで、今まで以上に子供が欲しくなってきました。

職場の既婚者は「子供は早い方がいい」と口を揃えて言うてますし。

でも、嫁とはまだ一年と二ヶ月の付き合いなんで、もっと二人きりの時間を過ごしたいとも。

人間てヤツはなんて欲張りなんでしょう。

一年と二ヶ月前から愛してる。


子供が早く欲しいような、まだしばらくはいいような、相変わらず優柔不断やってます。

僕ら夫婦が仲良く楽しく暮らしてれば、来るべき時に自然とできると信じて。

外界が楽しくて幸せな所だと伝えれば、居心地の良い母親お腹から出てきてくれるはずです。

…なんかどこぞの神話みたいな事言うてますね。

赤ん坊太陽みたいに感じたのは、日本人的な感性から来たんかなぁ?

生命誕生自体が奇跡のようなもんなんで、間違いでもないかな。


新しい家族を迎えるために、今ある家族を大切にしたいと思います。

まだ二人きりの最小規模の家族ですが、これも奇跡の積み重ねですので。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hiropun/20100701

2010年6月14日 月曜日 布教活動。

昨夜、NHK BS2水樹奈々特集がやってましたね。

僕は仕事だったので見てませんが。


何らかの科学反応が起きたら面白いと思い、嫁にその番組の事を伝えました。

案の定「ジェラシー」等の返事がありましたが、なんやかんやで見てくれたようです。


結果。

「ファンになっちゃいそう」

との事。

着々とライブ連行計画が進んでおります。

ちうか、すでに来月の西武ドームには行く気になってくれてました。

しかし、当日外せない用事があるので、計画は今回は断念する事に。

次回は年末年始頃やろか?

妊娠出産前には連れて行きたいと思っております。

嫁が『B型H系』にハマりました(笑)


僕は原作をちょろっと読んでたり、某やまなこが出てたりするので興味はあったのですが、

第8話になってようやく録画予約を始めました。(嫁に隠れてこっそりと)

で、録った翌日の仕事中に

「録画してたアニメ見ちゃった」

との嫁からメールが。

内容がアレですし、某やまなこ的に何か言われるかな…と多少の不安はありましたが、

思いもよらない「面白い」との好感触。

また、当時では僕がまだ知らなかったOPテーマをサビだけとはいえ歌えるように。

しかも「カラオケで歌いたい」とまで言い出す始末。


そこから転じて、秋のライブツアーにも行ってみたいとゆー話にも。

素人がいきなりゆかりんライブは厳しいんじゃ…。

無難水樹奈々から始めた方が…。(来月の西武ドームは日程が合わず断念)

とも思いましたが、面白そうなので、可能であれば夫婦揃って参加したいと思います。


昨日は頼まれていた原作1,2巻を購入。

漫画アニメじゃ表現が違うので、気に入ったかどうか聞いてみたいですね。


結婚してからは趣味を家庭にあまり持ち込まないよう細々と活動しようと考えてましたが、

この一件から、その考えも多少改めていくかもしれません。

一緒に楽しめるのであればその方が良いですから。

呆れられない程度にリリカルマジカル頑張ります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hiropun/20100614

2010年6月3日 木曜日 ハートキャッチ!

4月からプリキュアを見始めました。

続けて見てるのはマックスハート以来。

結婚してからちゃんと朝から起きるようになったのと、

今回はどんなもんなんやろうという興味があったからなんですが、

まんまとハートキャッチされてしまいました。

毎回感動して泣いちゃいそうになってます(笑)

自分て、こんなに涙腺弱かったっけ…。


5月に入ってからは、嫁も一緒に見ています。

僕が日曜仕事の時もあるので、毎週録画予約までするように。

嫁が水樹奈々を覚え始めたので、

嫁をライブへ連行計画はちゃくちゃくと進んでいるようです。


あと、ホンマにどうでもいい事なんですが、

「気分はいつもグルグル〜!忍でーす!」とか言い出したり、

ミップルメップルみたいな小動物若本ボイスにならないか心配です。









ちうか、ウチの嫁…。

「この人、久川綾さんやろ?」

って、なんで一発で聞き分けてんの?

セーラーマーキュリーは確かにウチら世代やけどさ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hiropun/20100603