Hatena::ブログ(Diary)

(ひ)メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-05 (Tue)

DBサーバのストレージをDRBDで冗長化するのは是か非か

LinuxにはDRBDというものがあります。

DRBDとは何か? 簡単にいうと、ミラーリングです。ミラーといっても、RAID-1のようにディスクtoディスクではなく、2つの異なるサーバ間のネットワーク越しのミラーリングです。

RAIDの場合は、ディスク故障の耐性は高まりますが、サーバのほかの部分(電源など)が壊れると元も子もありません。DRBDだと、そういった場合の障害にも対応できますね。

DRBDには普通のブロックデバイスとしてアクセスできます。つまり、mkfsしてmountしてフツーのディスクのように使えます。

で、

は、そのDRBDを使って、MySQLのストレージを冗長化するという話。(だと思う。ナナメ読みなので)

しかーし、いくつか危険な点があるので、この構成はやらんほうがいいというのが個人的な意見。以下、その理由。

  • InnoDBやMyISAMのデータファイルが論理的に壊れたときに、そのままDRBDのセカンダリ側にも壊れたデータが同期コピーされちゃう。
  • mysqldの稼働中にDRBDがfail overすると、(MySQLの世界でクローズ処理されていないので)データファイルが論理的に壊れる可能性が高まる。

なので、MySQLのストレージとしてはちとキビシイと思うす。


一方、NFSなんかしているストレージサーバにはDRBD使えると思うす。

例えば、

  • 一応、RAID組んでるけど念のためコールドバックアップもとっときたい。
  • でも、ストレージがでかすぎ or ファイルが多すぎて rsync とか rdist が全然終わらん。

というときに、DRBDはよさげす。

ちなみに、/var/lib/nfsもDRBDでミラーすれば、NFSのfail overもすんなりいきます。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hirose31/20060905/1157459401
2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 |
2015 | 01 | 02 | 07 | 10 |
2016 | 01 | 05 | 10 | 12 |
2017 | 07 |
2018 | 05 |
Connection: close