Hatena::ブログ(Diary)

(ひ)メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-11-30 (Fri)

負荷をかけるツール - HTTP編

ApacheCon US 2007の、『Apache Performance Tuning / Part One: Scaling Up』, Sander Temme (PDF) より。

ab
おなじみ、Apache付属のあいつ
http_load
http://www.acme.com/software/http_load/
flood
http://httpd.apache.org/test/flood/
JMeter
http://jakarta.apache.org/jmeter/ 最近のバージョンは使いやすくなったらしい

あと、ほかには

httperf
http://www.hpl.hp.com/research/linux/httperf/

とか。

2007-11-28 (Wed)

Pandionの見た目をカスタマイズ

アラートとかをJabberで受けてるんすけど、ふと思い立ってPandion (Jabberのクライアント) の見た目を若干カスタマイズ。

フォントとか変えるインターフェースがないので、C:\Program Files\Pandion\src にあるCSSをちょろっと編集。編集後は、Padionを起動し直さなくてもウインドウを開き直せば反映される。


--- chat-container.css.orig 2007-11-27 16:35:33.481167200 +0900
+++ chat-container.css  2007-11-27 16:35:55.705813600 +0900
@@ -1,6 +1,6 @@
 TEXTAREA, INPUT, BUTTON {
-   font-family: "M+2VM+IPAG circle", monospace;
-   font-size: 9px;
+   font-family: Tahoma;
+   font-size: 11px;
 }
 BODY {
    cursor: default;
@@ -184,7 +184,8 @@
    margin-right: 2px;
 }
 #send-text {
+   font-family: "M+2VM+IPAG circle", monospace;
+   font-size: 9pt;
    overflow: auto;
    height: 100%;
    width: 100%;
--- chat-messages.css.orig  2007-11-27 16:21:31.174944000 +0900
+++ chat-messages.css   2007-11-27 16:51:11.957373600 +0900
@@ -32,15 +32,16 @@
 }
 .body-recv {
    padding: 0px 0px 4px 4px;
-   font-family: Arial;
+   font-family: "M+2VM+IPAG circle", monospace;
    font-size: 9pt;
    color: #00396d;
    overflow: hidden;
    text-overflow: ellipsis;
+   border-bottom: 1px dashed #eee;
 }
 .body-send {
    padding: 0px 0px 4px 4px;
-   font-family: Arial;
+   font-family: "M+2VM+IPAG circle", monospace;
    font-size: 9pt;
    color: #004200;
    overflow: hidden;
@@ -73,8 +74,8 @@
    color: #b7babb;
 }
 .me {
-   font-family: Tahoma;
-   font-size: 12px;
+   font-family: "M+2VM+IPAG circle", monospace;
+   font-size: 9px;
    color: purple;
    margin: 0px 4px 4px 0px;
 }
@@ -170,11 +171,12 @@
 }
 .history-body-recv, .history-body-send {
    padding: 0px 0px 4px 4px;
-   font-family: Arial;
+   font-family: "M+2VM+IPAG circle", monospace;
    font-size: 9pt;
    color: #5B7389;
    overflow: hidden;
    text-overflow: ellipsis;
+   border-bottom: 1px dashed #eee;
 }
 .history-body-recv A, .history-body-send A {
    color: #ACACD2;

2007-11-21 (Wed)

utf-8 vs shift_jis

    あ        い        う    (utf-8)
 +------+  +------+  +------+
 E3 81 82  E3 81 84  E3 81 86
 +---+ +----+ +---+  +---+
  縺     ゅ    >     縺      (shift_jis)

縺はもつれる。

Net::GrowlClientのほうがよさげ

ネットワーク(UDP)越しにNet::Growl@Linux → Growl-1.2.2@Macへ通知送ろうとしたがうまくいかない。

自ホスト(Mac)からならNet::GrowlでもgrowlnotifyでもOKなんだけど。

ちょっとふごふごしてみたけどだめだった。

で、CPANいったらNet::GrowlClientというのがあって、これ使ったらあっさりうまくいきましたとさ。

というのを忘れないようにメモっとく。

2007-11-08 (Thu)

dirtree.plつうはずかしいコードをコミった

もっと直感的に(あまり考えずに)、探せるコマンドはないのかなあと思って tree コマンドを使ってみた。

tree コマンドが便利 - IT戦記

no kyプラグマを使って2001年(最初の版は1999年)のコードをはずかしげもなくコミったのがこれ。

実行例はこんな感じ。


普通に:

$ dirtree-hirose31.pl yaruo
*** dirtree of bora:yaruo/    Thu Nov  8 01:03:27 2007 ***

凡例
     / : ディレクトリ
     →: シンボリックリンク
     ? : 除外ディレクトリ(-xオプション)

┼ yaruo┬ bar/ ┬ file3
        │      └ symlink2file2 → ../foo/file2
        ├ blankdir/
        └ foo/ ┬ file1
                └ file2

罫線片をASCIIな文字で:

$ dirtree-hirose31.pl -b 1 yaruo

 - yaruo+- bar/ +- file3
        |       `- symlink2file2 -> ../foo/file2
        |- blankdir/
        `- foo/ +- file1
                `- file2

一部のディレクトリを除外:

$ dirtree-hirose31.pl -x 'b.?a.*r' yaruo

┼ yaruo┬ bar/ ?
        ├ blankdir/ ?
        └ foo/ ┬ file1
                └ file2

無駄に長い、ので、sourceはcodereposにコミットしたけど、キモはjcode.pl。かろうじてjcode'toじゃなくてjcode::toと書いてる。

いじりたい人がいたら、codereposにあるのでcoしてくだsi。


もう、どうかんがえてもtreeコマンドの方がいいですね。-Fでディレクトリには末尾に/がつくので空のディレクトリとファイルの区別が視認できる(これはdirtree.plでもやってるけど)わ、色はつくわで。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 |
2015 | 01 | 02 | 07 | 10 |
2016 | 01 | 05 | 10 | 12 |
2017 | 07 |
2018 | 05 |