Hatena::ブログ(Diary)

こんにちは かろう洋です!こんばんは家老洋です!

2017-01-09

明けましておめでとうございます。

 昨年は地元長岡市新潟県、そしてアメリカのリーダーが変わる政治にとっては激動の年となりました。残念ながら今の日本は政治と行政同化してしまいい、政治不在の状況を呈しています。平和で、皆が幸せを感じられる社会を構築するのが政治の役割。

 しかし、最近、戦争の足音が聞こえ、貧富の格差が広がり、幸せを感じられない国民の数が増えています。額に汗し体を動かす仕事が疎んじられ、難儀せずに金儲けできる仕事が親しまれる。そんな社会では精神を病む人が激増し、いじめ自殺ドラッグ過労死など様々な社会問題が生じています。

 今年私は還暦を迎えます。通常であれば定年の歳ですが、今ひと踏ん張りして、もうちょっと社会福祉のために汗をかきたいと思います。

 そのためにも健康や事故には十分注意し一年を過ごしたいと思います。

  元気な内にまた、お目に掛かれますこと楽しみにしています。

2016-09-24

今どきの政党

 新潟知事選挙が間もなく始まろうとしている。

 前長岡市長が辞職し去る8月10日に出馬を表明、泉田知事(現職)との一騎打ちになるかと期待されていたが、8月30日突如、泉田知事が不出馬を表明し昨日まで選挙がないのでは?とささやかれていたのだが、米山さんが出馬を表明したことで、来週9月30日から10月15日までの選挙戦が行われる予定になった。

 新潟県にも当然政党があるが、今回の知事選のドタバタ劇を見る限る、既に政党政党として機能していないという感が否めない。

 最近の首長選挙は。官僚著名人を引っ張り出したり、自ら立候補した人が推薦願を出した時点で、面接選考するような手法で、政党内部から候補を出すことが出来ないこと自体、政党ではなくなったのではないかと思う。

 政党はただ個人選挙をする際のゆるやかな同志の集まり、大義名分的な存在でしかないのか?

 今回の新潟知事選日和見的な政党の所作に本当に残念に思う。

2016-09-11

政治家とは!

 以前、政治と行政について書いたことがありますが、改めて政治と行政についてこれまでの経験を下に書いてみたいと思います。

 政治と行政を人間の健康管理に例えるならば、政治は予防、行政は治療であると思います。

 社会を健全に維持するためには予防と治療が必要です。

 例えば貧富の格差があれば、行政はその格差で生じた問題を解消すること、政治はその原因を解決すことを目的にすべきかと思います。

 具体的には、貧困者を助けるために生活保護などの制度を施行するのは行政、その貧困を作らないためにはどうすべきかという方針を明示するのが政治であると思います。

 もう一つ例を言いますと、待機児童を解消すべく保育園などを整備するのは行政の役割。せめて3歳、おしめが取れるまでは、両親のどちらかの下で養育されるようにする。本来あるべき姿を実現するのが政治の役割であると考えます。

 つまり、子どもの養育のため3年くらいは育児休暇がとれる社会を実現するのが政治の目的であるはずなのに、現状打開、応急手当は本来行政がやるべき仕事を選挙が一番の政治家が、自らの手柄を立てるべくやっているのが現在の日本の政治のように見えます。

 そういった意味から考えると、首長市町村長行政のトップであるので、政治家ではないように思います。

 よって首長は公選で選ばれるのではなく、行政マンの中から選ばれるべきであり、それを選ぶのは政治家集団である議会ではないかと思います。

 今回、小池東京都知事豊洲市場移転問題では様々なことが報道がされていますが、政治家としてはこれまでの課題を整理し、公開し職員粛清をはかることは大変立派であり拍手喝さいですが、これまでの都知事を否定するからと云って、行政マンと対決する姿勢は、行政のトップとしては苦渋の決断か?彼女のパフォーマンスなのか?

 今後、16万人ともいわれる東京都職員と対決することで、上手く都政がやっていけるのか・老婆心ながら心配しています。

2015-02-15

[]1票の重み

 先の選挙では0増5減、また最近では9減9増などという衆議院議員定数是正?なる案が出て来たが、結局は地方の議員を削って、首都圏中京圏などの人口増加の地域の政治家を増やそうという魂胆。

 しかしながら定数を増やしても増えないのが投票率投票率5割を満たさない選挙は、多数決、過半数の民主主義を大前提にする日本民主主義であれば無効にすべきかと思うが、政治家選挙に当選することが目標であるので、そのようなことを言う政治家など殆どいない。

 政治家になろうと選挙に出る人にとっては1票の重みは強く実感するが、今の日本選挙において、有権者が感じる1票の重みはどれ程のものか?雪が降れば行かない、遊びの予定があれば棄権するなど、投票したい政治家もいないし、地域のために頑張って呉れる様な期待できる政治家も居ないので、人に頼まれれば仕方ないが、何もなければ棄権する。これが今の選挙事情ではないかと思う。

 そんな1票の価値を価値として認めない、政治に期待していない地域から選出された政治家は、真の代議士:市民の代弁者ではないのではないかと思うが?

 もし1票の重みをきちんと尊重するのであれば、各選挙区で投票し、選挙区代議士を出すのではなく、その得票数に投票率を掛け、そして選挙区の人口調整をした係数を掛けた指標を作り、それで全国ランキングを作成し、上位300人を代議士として選出すれば良いのではないかと思うが?

 いかがなものか? 

ミヤマオクヤミヤマオクヤ 2015/07/04 15:45 全くそのとおり、一票の格差を云うより投票率が重視されるべきと思います。

2015-02-09

[コラム]FMながおかに出演しました

録音データを添付しましたので、聞いてみて下さい。

2015年1月29日放送分

http://firestorage.jp/download/95192087c992450efa48974f43bad84445149308

2015年1月30日放送分

http://firestorage.jp/download/521ef92e93ee6a7b4991265dab35d3b445fb8265