ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

片柳神父のブログ「道の途中で」

2014-02-08

フォト・ライブラリー(418)大阪城公園のスズメたち〜「ふくらすずめ」

大阪城公園のスズメたち〜「ふくらすずめ」

f:id:hiroshisj:20140208095002j:image

今回は、大阪城公園で出会った「ふくらすずめ」たちの姿をご紹介したいと思います。「ふくらすずめ」というのは、このように全身の毛をふくらませた冬のスズメのことです。

f:id:hiroshisj:20140208094826j:image

冬の日の朝、こんな姿にふくれあがったスズメを見つけて驚き、「ふくらすずめ」と名付けた古人(いにしえびと)たちの気持ち、なんだか分かるような気がします。

f:id:hiroshisj:20140208141752j:image

この日、大阪の最高気温は4℃。北風も強く、体感温度は2〜3℃くらいだったでしょう。このくらいの温度のときだけ、普通のスズメが「ふくらすずめ」に変身します。

f:id:hiroshisj:20140208094850j:image

まんまるな体でよちよち歩く「ふくらすずめ」。まるで、毛糸の玉が歩いているようです。

f:id:hiroshisj:20140208094938j:image

強い風が吹いたら、このままコロコロと転がっていくかもしれませんね。

f:id:hiroshisj:20140208094802j:image

羽毛のコートを見せびらかすように、びしっとポーズを決めたスズメ。スズメの羽は脂分をたっぷり含み、撥水性と防寒性にすぐれているそうです。究極のダウンジャケットですね。

f:id:hiroshisj:20140208094627j:image

触ったら気持ちよさそうですが、警戒心の強い野生のスズメにそこまで近づくことは不可能です。あまり近づくと、睨まれてしまいます。

f:id:hiroshisj:20140208193156j:image

草むらの中をころころと歩き回る「ふくらすずめ」。転んでも、これなら怪我をする心配はありませんね。

f:id:hiroshisj:20140208094914j:image

木の枝に止まった「ふくらすずめ」。まるでお団子のように見えます。

f:id:hiroshisj:20140208094714j:image

ボケの茂みに止まった「ふくらすずめ」。「ふくらすずめ」の姿は着物の帯の結び方や、家紋の名前にもなっています。昔から、日本人に愛されてきたのですね。

f:id:hiroshisj:20140208094738j:image

赤い花を咲かせ始めたボケの枝の先で、大きくあくびする「ふくらすずめ」。羽毛のお蔭で暖かいのかもしれません。

f:id:hiroshisj:20140208141734j:image

どの角度から見てもまんまるな「ふくらすずめ」。ちょこんと突き出した羽もかわいらしいですね。

f:id:hiroshisj:20140208141716j:image

寒風に耐えて春を待つ「ふくらすずめ」。春まであともうちょっと、頑張れ「ふくらすずめ」!

kinuyokinuyo 2014/02/09 15:01 寒さに耐えている「ふくらすずめ」。いつもより凛々しく、美しく見えます。
神父様のお陰で、雀の色々な表情を楽しませて頂きありがとうございます。
朝日に眩しそうに目を細めている雀が特に好きです。

あつりんあつりん 2014/02/09 17:41 ふっくらしていてかわいいです。
おだんごさわってみたいです。

ミルキーミルキー 2014/02/09 22:22 ふくらすずめ、かわい〜です♡
神様の創造のわざは、筆舌に尽くし難いものがありますね!
そして、神父さまの自然への眼差しや観察力、また、子どもにも分かりやすい内容の説明が添えられていたりすると、パパが我が子に教えているみたい…そう、天のお父さまも、小さい子をお育てになる時には、そんなふうになさるかもしれませんね。(*^^*)
また、そんなことを考えながら、神父さまのご両親は、どれほど愛情深く神父さまをお育てになってこられたのだろう、などと考えてしまいます。引き寄せられて召命の道を歩まれる聖職者の方々が、主の道を全うできますように。片柳神父さまも多くのものを捨ててこられたでしょうし、今もそうなのでしょう。神様が要求なさった讃美によって、ご家族の喜びも苦しみも、永遠の明日には勝利の栄冠となることでしょう…
もしかして失礼を書いていたなら、申し訳ございません。つい、母親目線、上から目線になっているようです…
m(_ _)m

鎌倉雪ノ下ベルナデッタ鎌倉雪ノ下ベルナデッタ 2014/02/10 01:52 うちに来るスズメたち、福福サン達、
各々好みの植木鉢に、
地上部が枯れているドクダミやギボウシのテラコッタ製の植木鉢、に後ろ足で土を蹴り上げて体を半分土に埋めています。
陽が当たる時間は首を身体に突っ込み寝ています。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。