ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

片柳神父のブログ「道の途中で」

2016-04-21

【熊本地震復興支援from宇部・小野田】

熊本地震復興支援from宇部・小野田

 4月18日と20日の2度、熊本に教会からの支援物資を運んできました。あまりにすさまじい被害に言葉を失いました。現地の様子を、写真でお伝えしたいと思います。

4月18日(月)

f:id:hiroshisj:20160421173209j:image

 熊本地震発生の直後から、益城町総合運動公園と御船町スポーツセンターの避難所を指定管理者として運営している熊本YMCA。12年前にマザー・テレサ写真展を開催していただいて以来、何かにつけお世話になってきました。まだ2月に職員研修会でお邪魔したばかりの熊本YMCAに、こんな形ですぐに戻ることになろうとは思ってもみませんでした。

f:id:hiroshisj:20160421173147j:image

 18日の朝、信徒の青年と小型のワゴン車に詰めるだけの支援物資を積んで宇部を出発。熊本YMCAから教えていただいた抜け道情報を頼りに、無事到着することができました。ちょうど、第1回の地震対策本部会議が開かれるところだったので、わたしも出席して開会の祈りをさせて頂きました。1200人以上の避難者の世話を行政から委ねられ、皆さん不眠不休で働いておられました。

f:id:hiroshisj:20160421173513j:image

 14日、16日の2度、震度7の猛烈な揺れに襲われた益城町。ほとんどの家が大きな被害を被っていました。

f:id:hiroshisj:20160421173441j:image

 無残に破壊された家屋。この辺りは、昔からの美しい家並みが残っていることで知られていたそうです。

f:id:hiroshisj:20160421173404j:image

 道に崩れ落ちた家の石垣。揺れのすさまじさを物語っています。

f:id:hiroshisj:20160421173334j:image

 瓦が崩れ落ちた家々。巨大地震の大きな爪痕です。

f:id:hiroshisj:20160421173307j:image

 あちこちで交通が寸断された益城町。熊本YMCAでいただいたスタッフ用地図を頼りに、大きく迂回しながら益城町総合運動公園の避難所に向かいます。

f:id:hiroshisj:20160421173256j:image

 熊本YMCAが指定管理者として運営する、益城町総合運動公園の避難所。自衛隊によるおにぎりの炊き出しに、たくさんの方が並んでおられました。

f:id:hiroshisj:20160421173221j:image

 益城町の臨時ゴミ捨て場。ゴミとは言え、皆さんのたくさんの思い出が詰まっています。。

f:id:hiroshisj:20160421174014j:image

 熊本市の中心部にある、カトリック手取教会。神学生の頃、コロンバン会の神父さんに頼まれて説教をしたことがある思い出の教会です。

f:id:hiroshisj:20160421173954j:image

 建物自体が崩れることはありませんでしたが、瓦がたくさん落ちていました。

f:id:hiroshisj:20160421173933j:image

 無残に割れた瓦。他に、堂内の御像が倒れるなど大きな被害を受けました。

f:id:hiroshisj:20160421173120j:image

 この日の夕方、熊本の空にきれいな夕焼けが現れました。ライフラインが一日も早く回復し、穏やかな生活が戻るよう祈らずにいられません。

f:id:hiroshisj:20160421220133j:image

 ANAゆめジェットのデザイナー、RIEさんがこの日に描いた熊本応援のイラスト。くまモンが涙を流しています。

4月20日(水)

f:id:hiroshisj:20160421173922j:image

 渋滞にかからずに熊本市内に入る経路もわかったので、態勢を立て直し、この日はワゴン車3台で山口県から熊本YMCAに向かいました。水や食料、燃料など、約1.5トンの支援物資をお届けすることができました。YMCA体操クラブの子どもたちが、荷卸しを手伝ってくれました。手伝ってくれた子どもの一人が「余震がひどくて、夜になってもどきどきして眠れない」と言ったのが心に突き刺さりました。

f:id:hiroshisj:20160421173913j:image

 新町のYMCAで荷物を仕分けした後、改めて必要な荷物をワゴン車に積み込んで、阿蘇YMCAのキャンプに向かうことになりました。緑に囲まれた、あっと驚くほど美しいキャンプ場です。

f:id:hiroshisj:20160421173903j:image

 阿蘇YMCAから、阿蘇西小学校の避難所に支援物資をお届けしました。

f:id:hiroshisj:20160421173851j:image

 自衛隊の皆さんと避難民の皆さんが、リレーで運び入れて下ったのであっという間に降ろすことができました。現地にいないわからないような必需品がたくさん運び込まれました。

f:id:hiroshisj:20160421173830j:image

 前日に開通したばかりの阿蘇の道。あちこちに入った亀裂が、丁寧に補修されています。

f:id:hiroshisj:20160421173810j:image

 現地で暮らすYMCAのスタッフが、「市内と比べてまったく知られていないので、ぜひ見ていってほしい」と言って、わたしたちを的石の集落に案内してくれました。

f:id:hiroshisj:20160421173748j:image

 無残に崩れ去った家屋。たくさんの高齢者が住む家を失い、避難所生活を強いられています。

f:id:hiroshisj:20160421174523j:image

 至るところでがけ崩れが起こり、赤土がむき出しになっています。元の緑に戻るのに、いったいどれくらいの年月がかかるのでしょうか。

f:id:hiroshisj:20160421174441j:image

 畑に入った大きな亀裂。断層でしょうか。

f:id:hiroshisj:20160421174413j:image

 あまりにも美しい阿蘇の景観。一日も早く元の穏やかな生活が戻るよう、祈らずにいられません。

f:id:hiroshisj:20160421174354j:image

 熊本市内の島崎教会にお見舞い金を届けました。とても不思議な形の教会です。

f:id:hiroshisj:20160421174332j:image

 地震の揺れで大きなダメージを受けた聖堂。安全性を検査するまでは、ミサもできないそうです。

f:id:hiroshisj:20160421180343j:image

 この日、RIEさんが描いた熊本応援のイラスト。たくさんの人たちの愛が熊本を包み込む様子を、温かな色で表現しています。髪飾りのリンドウは、熊本の県の花です。引き続き、祈りの中で、自分にできることを探してゆきたいと思います。

★熊本YMCAへの支援物資については、「熊本YMCA緊急災害支援」のFacebookページをご覧ください。

https://www.facebook.com/ymca.kumamoto/?fref=nf

★カトリック教会の被害状況、支援活動については「カトリック福岡教区熊本地震被災者支援室」のFacebookページをご覧ください。

https://www.facebook.com/fukuoka.diocese.relief/timeline