Hatena::ブログ(Diary)

ドミニオンの日々

2017-01-23

蒸して冷まして 引き切って

今日の一人回し。

めでたく日本語版の発売が発表になったドミニオン新拡張「帝国」ですが、初回出荷分には特典としてプロモカード「サウナ/アヴァント」がついてくるそうです。

Sauna

アクション コスト4

+1カード

+1アクション

手札からAvantoをプレイしてもよい。

===

このカードが場にある間、銀貨をプレイしたとき、手札を1枚廃棄してもよい。

Avanto

アクション コスト5

+3カード

手札からSaunaをプレイしてもよい。



サウナを打った後に手札にアヴァントがあればそれがタダで打てるため、その場合のサウナは実質的に村(3)に。そしてアヴァントを打ったあとにサウナがあればそれもタダになるため、アヴァントは実質的に村+鍛冶屋(4)、あるいは研究所(5)+研究所となります。これが圧縮後のデッキで打てることを考えると、引ききりは容易に。

ではさっそく。

  • 初手:サウナ(4)-銀貨
  • 以降3金で銀貨、4金以上でサウナが枯れるまで。
  • サウナで手札を廃棄するときは屋敷を優先。屋敷3枚を廃棄したあとは、デッキ内の総金量が8金を下回らない範囲で銅貨を廃棄。
  • サウナが枯れたあとは、3金で銀貨、5金でアヴァント(5)、6金で1枚だけ金貨・それ以降はアヴァント、8金で属州

この手順で、属州4枚まで14.3Tと出ました。

デッキに残す8金の内訳は金銀銀銅か銀銀銀銅銅になり、いずれにしても財宝カード3枚を買い足すことになります。これとサウナ5枚、アヴァント1枚を買えば準備完了。うまくいけばその後4ターン連続で属州を買って13ターン。途中足踏みすればアヴァントを買い足してもう1〜2ターンくらいに。

試してみるとわかりますが、残りアクションはほぼ減らず、先述のサウナが村になるという特典はほぼ利用しません。それよりもアヴァントを打ったあとにまだサウナが打てるという方が大きいです。

そして実際サウナは5枚も必要なわけではなく、ただアヴァントを買いたいがためにサウナを枯らしているだけです。もしこれが実戦で、対戦相手がサウナを1枚買ってくれるならこちらの手数が1ターン少なくなり、属州4枚までの平均ターン数はほぼ1ターン減ります。中途半端に相手の手を追うと手助けになってしまうあたり、都市(5)戦に似ていますね。

2017-01-22

あけましておめでとうございます

年が明け、気づいたらドミニオン界にいくつかのトピックが。


(いわゆる)stefドミ、サービス開始

dominion.games

旧goko、新goko(goko2)のサービスが終了し、そのプレイヤーだったstef氏(とSheCantSayNo氏)が提供する新しいオンラインドミニオンサービス、通称stefドミが年明けから始まりました。

その始め方については三月さんのブログhttp://4cost2buy-sir-martin.hatenablog.com/entry/2017/01/01/082325)に譲りますが、なぜか自分はアカウントの引継ぎができておらず、いまだ非課金として基本2ndの卓立てしかできておりません。


ドミニオン新拡張「帝国」、日本語版の発売が発表

http://hobbyjapan.co.jp/gamelist/dominion_empire/

いつ出るんだいつ出るんだと待ち望んでいた帝国の日本語版がようやく発売になるようです。

一部の通販サイトでは既に予約を受け付けており、その発売は2月末との噂。

そして初回出荷分には特典としてプロモカードの「サウナ/アヴァント」がつくとのこと。

f:id:hirotashi-domi:20170122201302j:image

ちょっと回してみましたが、かなり強いです。

2016-12-31

知らない間に玉座の間のルールが変更されていたらしい

帝国のルールブックから引用です。

f:id:hirotashi-domi:20161231115704j:image

Additionally, if a card such as Throne Room plays a Duration card multiple times, that card also stays in play until the Duration card leaves play, to track the fact that the Duration card was played multiple times.

これを素直に読むと「玉座の間(4)系で持続カードを複数回プレイしたとき、それを示すために、その持続カードが場を離れるまでそのカード(玉座の間系のカード)も場に残る」という意味に取れます。

あれ、これまでは次のターンに持続カードが何もしなければ玉座の間は残らなかったはずでは。

堀無限公開:

[ドミニオン]玉座の間と持続カードの相互作用と、それに関するルールブックの記述について

http://moatmoatmoatmoat.tumblr.com/post/145255879339/%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3%E7%8E%89%E5%BA%A7%E3%81%AE%E9%96%93%E3%81%A8%E6%8C%81%E7%B6%9A%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E7%9B%B8%E4%BA%92%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E8%A8%98%E8%BF%B0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6


そこでForumを調べたところ、ルールを変更した旨の記載を見つけました。

Dominion Strategy Forum

Simple Rules Questions

My ruling is that Thrones on Durations stay out until the Duration goes away. This applies even in cases where the Duration doesn't do two more things, e.g. Throne on Gear when you only set aside cards once.

http://forum.dominionstrategy.com/index.php?topic=15668.msg632744#msg632744

(新しいルールでは玉座の間は常に残るのか、という質問に対し)

Yes, I mean it reverses any rulings it happens to reverse. This is just the simplest way things can work. Note that this is how the Empires rulebook says Throne / Duration works.

http://forum.dominionstrategy.com/index.php?topic=15668.msg634607#msg634607


というわけでまたドミニオンのルールが変更されてしまったわけですが、さてこれはいつから変更されたものだったのか。

一応冒険のマニュアルも確認してみたところ、こちらにも同様の記載があったんですね。

f:id:hirotashi-domi:20161231132554j:image

Additionally, if a Duration card is played multiple times by a card such as Disciple or Throne Room, that card also stays in play until the Duration card is discarded, to track the fact that the Duration card was played multiple times.

ということは、このルールは冒険の発売時既に変更されていたということなんでしょうか。


あれ、確か玉座の間+道具(3)で、二度のプレイのうち一方で手札をわきに置かなかったとき、玉座は「することがなくなる」ために場に残らないとか読んだような気がするんですが・・・?

2016-12-30

異なる名前のカードを含むサプライについて まとめ

異なる名前のカードを含むサプライ

  • 廃墟(市場跡地(0)、生存者(0)、図書館跡地(0)、廃坑(0)、廃村(0))
  • 騎士(サー・ヴァンデル(5)、サー・デストリー(5)、サー・ベイリー(5)、サー・マーチン(4)、サー・マイケル(5)、デイム・アンナ(5)、デイム・ジョセフィーヌ(5)、デイム・シルビア(5)、デイム・ナタリー(5)、デイム・モリー(5))
  • Encampment(2)/Plunder(5)
  • Patrician(2)/Emporium(5)
  • Settlers(2)/Bustling Village(5)
  • Catapult(3)/Rocks(4)
  • Gladiator(3)/Fortune(8+8debt)
  • Castles(Humble Castle(3)、Crumbling Castle(4)、Small Castle(5)、Haunted Castle(6)、Opulent Castle(7)、Sprawling Castle(8)、Grand Castle(9)、King's Castle(10))
  • Sauna(4)/Avanto(5)

例えば魔女娘(4)があるとき、災いカードをランダムに決める際にEncampment(2)をその候補に入れてもいいのか、という疑問がありました。

これについて調べていたところ、魔女娘の災いカードの条件は「コストが2または3であるカード」ではなく「コストが2または3であるサプライ」であることがわかりました。つまりはカードのコストやタイプと、サプライのコストやタイプとは異なるものだったのです。

これも含め、異なる名前のカードを含むサプライについてまとめました。




  • 騎士と廃墟は一番上のカードのみ表向きに、それ以外は裏向きに積まれ、castlesと5種のsplit Pilesはすべて表向きに積まれる。表向きに積まれたものはその内容を誰でも確認してよい。
  • その山の順序を勝手に変更してはならない。

例:Encampment/Plunderの山の上に自身の+1カードトークンが乗っているとき、Plunderをプレイしたら山札を1枚引く。それが購入フェイズであっても構わない。

  • 大使(3)でサプライに戻されるときや、Encampmentがサプライに戻るとき、そのカードは自身のサプライの上に置かれる。それによってゲーム開始時と異なる順序になっても構わない。

例:Encampmentがサプライに戻り、その後大使によってPlunderが戻るとき、Encampmentの上にPlunderが乗ることになる。

  • 闇市場デッキを選ぶ際、複数の名前のカードを持つサプライが選ばれたとき、その中からさらにランダムで1枚を選択し、デッキに入れる。

  • サプライのタイプとコストは、そのランダマイザに書かれたものとされる。


  • サプライの山のコストを問うもの:魔女娘(災いカードの決定)
  • サプライの山が勝利点であるかを問うもの:交易路(3)(ゲーム前の準備)
  • サプライの山がアクションであるかを問うもの:教師(6*)、立案(3)、渡し船(3)、失われた技術(6)、鍛練(6)、誘導(8)、Defiled Shrine(ゲーム前の準備)、Obelisk(対象となるサプライの選択)、

例:

  • サプライに騎士があるとき、例えその一番上がデイム・ジョセフィーヌ(5)であったとしても、騎士の山は「勝利点カードの山」ではないため、交易トークンは乗せない。
  • サプライに魔女娘があるときに追加される災いカードの候補に、Encampment/Plunder、Patrician/Emporium、Settlers/Bustling Village、Catapult/Rocks、Gladiator/Fortune、Castlesも含まれる。またこれらが災いカードとして指定されたとき、その山のすべてのカードが災いカードとなる。
  • 教師、立案、渡し船、失われた技術、鍛練、誘導によってトークンを置けるのは「アクションカードの山」である。置くときにその一番上のカードがアクションカードでなくともよい。

例:

Gladiator/Fortuneの山から上の5枚のGladiatorが取り除かれているとき、渡し船で-2コストトークンをFortuneの上に置いてもよい。その場合GladiatorとFortuneの両方が2コスト安くなる。

なお海路(5)は「コスト4以下のアクションカード」を獲得し、そのカードの山の上に+1購入トークンを置く。置くときにそのカードの山の一番上が「コスト4以下のアクションカード」でなくともよい。

2016-12-25

Villaを使った策士ループについて



策士(5)ループには大きく分けて、仮想コインに頼るタイプと財宝カードをプレイするタイプに分かれます。前者は多種あれど、後者は策士+前哨地(5)くらいしか思いつかなかったんですが、Villa(4)の登場によって新たな策士ループが生まれました。



手順:

  • 策士を打って次のターンの手札を10枚にする
  • その10枚の中にもう1枚の策士があり、財宝カードも含めて12金出せれば成功。12金でVillaを買い、アクションフェイズに戻り、策士を打ってVillaを捨てる。
  • 繰り越した8金で属州を買う。
  • 以下繰り返し

上の手順でVillaを捨てるとありますが、実際には手札に屋敷などがあればそれを捨てればいいため、買ったばかりのVillaをプレイして得る1金と合わせて12金出せれば、つまりその前段で11金出せればOKです。

このループの素晴らしいところは、手札10枚のターンの最初のアクションフェイズ中に制約がないことです。2アクション持っているのである程度好きなことができるため、鍛冶屋(4)でもう1枚の策士を引いてきても、安定のため軽く圧縮をしてもいいでしょう。