Hatena::ブログ(Diary)

ドミニオンの日々

2016-12-03

今日のLandmark その2 Arena

Arena

Landmark


買い物フェイズの開始時、アクションカードを捨ててもよい。そうした場合、このカードの上から2VPを得る。

---

準備:プレイヤー1人につき6VPをこのカードの上に置く。


まずはひとこと。避難所戦の1周目で共同墓地(1)捨てるの忘れずに!



というのはいいとして、さてArenaです。

これまでのドミニオンにおいて、例えば鍛冶屋(4)を打ってもう1枚の鍛冶屋を引いたとき、アクションが余っていなければその2枚目の鍛冶屋を打てない、いわゆる事故ったということになるわけですが、Arena戦では事故る代わりに2点もらえるしまあいいかという感じに。

そのため初手でターミナルアクション2枚から入っても、ターミナルドローを含めたコンボパーツ(鍛冶屋と村(3)など)から入ってもいいかもしれません。



■あえて打たないアクションカード

例えば終盤に木こり(3)を打っても5金が7金になる場合、これまでは公領と屋敷を買って4点とすべきだったでしょうが、Arena戦では木こりを打たずに捨てて5点とすべきです。

そうでなくとも、例えば村と鍛冶屋のようなコンボパーツが揃っているデッキから引いた手札にアクションカードが村しかないような場合、それを打って鍛冶屋を引くことに賭けてもいいですが、素直に諦めて2点をもらいに行くという手もあるでしょう。

あるいは2人戦における「7枚目の属州問題」を抱えているとき、手札のアクションカードを打てば8金出る(かもしれない)が打たなければ5金しか出ない場合など、属州の6点より公領+2VPの5点を取りに行くべきでしょう。



■引き切り・圧縮デッキ

例えば礼拝堂(2)による圧縮デッキを作ったとき、デッキが出来上がった後の礼拝堂は役立たずになっていましたが、今後は2点を生むという役割ができました。ともあれ引き切りデッキはこれまでと同じ感覚で、1枚だけ多めにアクションカードを入れればいいでしょう。



■Villaについて

さてVilla(4)です。購入することで1ターンの間に何度も購入フェイズを経験できるわけですから、2点を何度も得る機会が得られます。まずは購入フェイズの開始時に手札からアクションカードを捨て、2点を得つつ4金出し、Villaを買って手札に入れ、そのままアクションフェイズを終えて再び購入フェイズへ。そのVillaを捨てればもう2点得られます。

これをやりたいがためだけにVillaを買うことはないでしょうが、もともとコンボデッキを狙っているときの村としてVillaを買い集めたいとき、デッキを作りながら勝利点を延ばすことができます。

これと同じように、使節団(4)での追加ターンにアクションフェイズを引いてくることを期待するというのもありでしょう。

2016-11-27

今日のLandmark その1 Aqueduct

Aqueduct

Landmark



財宝カードを獲得したとき、その山からこのカードの上に1VPを移動させる。

勝利点カードを獲得したとき、このカードの上からVPを得る。

---

準備:8VPを銀貨と金貨の山の上に置く。



銀貨と金貨を獲得するたびにVPトークンが1点ずつ溜まっていき、勝利点カードを獲得したとたんにそれらをすべて得る。ではいつ取るべきなんでしょう。

基本的な考え方としては、3点貯まっているときに買う公領は実質的に属州であり、5点貯まっていれば屋敷だって属州です。通常のゲームではまだ属州を買っていないのに公領や屋敷から先に買うなんてことはあまりしないわけですが、実質的な属州なら買ってもいいでしょう。買えるチャンスで買わなければ他の人に買われてしまうわけですし。



■最初の屋敷はいつ、誰が

例えば4人戦で、全員が初手銀-銀で入れば8点貯まります。第3Tの1番手が屋敷でも買えば9点、デッキの成長を止めるとは言え十分な点数でしょう。ではそれをみすみすやらせるわけにはいかないと、第2Tの4番手が8点の屋敷を買うのはどうか。それも有効だという事になれば3番手が7点で、いやいや2番手が6点で・・・と次第にそれほどお得でもないのを承知で、これくらいで買わないと誰かに買われるとばかりに争うことになります。さながら競りゲーのよう。

これは極端な例でしたが、ともあれデッキ1周目で屋敷を買うのはその後のゲーム展開で大きく出遅れてしまうため、さすがに避けた方が無難でしょう。もちろん大広間(3)や島(4)のような、使える勝利点カードが買えるなら悪くありませんが。2周目に5点乗っていればまあいいかなという感じでしょうか。できればその屋敷を廃棄できるカードがあれば。



■あなたの上家はどんな人?

ドミニオンにおいて席順が意味を成すことはあまりありませんが、「貯まったVPトークンを取る」系のLandmark戦においてはかなり重要です。もしあなたの上家が「たとえ1点でもトークンあったら屋敷買わずにいられないマン」だったとしたら。その人は勝てないかもしれませんが、同時にあなたもまったくトークンを取れず、苦しいゲームになるでしょう。



■自分で貯めて自分で収穫

逆転の発想として、勝利点カードを買うターン内にトークンを貯められればどうでしょう。金貨や銀貨を獲得しつつ5金や8金出す、あるいは大量に財宝カードを獲得しつつ2金出すなど、可能であればAqueduct戦においては有効ですね。

  • 宝の地図(4)を揃えたターンに屋敷買って+4点
  • 交易人(4)で銀貨を複数獲得したターンに屋敷買う
  • トレジャーハンター(3*)で以下同じ
  • 大使(3)で銀貨配ったターンに屋敷買って+3点(4人戦)
  • 封土(4)を廃棄したターンに屋敷買う、あるいは空廃棄して+3点(改築(4)や建て直し(5)、変容(4)などで封土→封土)
  • delve(2)と一緒に屋敷買う。例えば8金であえて属州を買わず、delve3回買ったあとに屋敷買えば2点損する代わりに銀貨3枚を得られる。
  • 7金2buyで大使館(5)と一緒に屋敷買えば+3点(4人戦)。

■常に1点得するカード

例えば鉱山(5)や探検家(5)、掘出物(5)をプレイしたターンで買う勝利点はその都度1点余計にもらえます。特に2人戦では金貨が計8枚取られることはあまりなく、ゲーム終了時に金貨の上に何枚かトークンが残りがちです。金貨を獲得しつつ属州が買えるカードは終盤までお得に働くでしょう。

(追記:コメント欄で教えていただきましたが、そういえば値切り屋(5)や隠し財産(6)で属州を買うとき、その効果で金貨を獲得するのは属州の獲得より先でした。つまりその効果での金貨獲得によって金貨の山の上から1点が移動し、それを属州獲得によって得られます。)



■銀貨・金貨以外の財宝カードでは?

一応ルール上は、銀貨や金貨以外の財宝カードを獲得したときもその上のVPトークンをAqueductの上に移動させることになっていますが、あるとすればDefiled Shrineがあるときに、Crown(5)か、あるいはPlunder(5)かRocks(4)が出るまでの間その上のEncampment(2)やCatapult(3)が獲得以外の方法で山から移動し(Luker(2)で廃棄されるなど)、VPトークンが残っている場合でしょうか。

なおCrownの場合はアクションカードでもあるため、獲得時はDefiled Shrineの効果も同時に発生するので、その上の2点はAqueductとDefiled Shrineのそれぞれの上に1点ずつ移動することになります。

2016-11-26

そのCrown、どちらのCrownですか

Crown

アクション-財宝 コスト5

アクションフェイズ中であれば、手札から1枚のアクションカードを2度プレイしてよい。

購入フェイズ中であれば、手札から1枚の財宝カードを2度プレイしてよい。


他のプレイヤーがEnchantress(3)を場に出しているとき、Crownをプレイするとどうなるでしょうか。

これがアクションフェイズであっても購入フェイズであっても、そのターンの最初にプレイされるアクションカードであるため、その効果は+1アクション・+1カードに変更されます。しかしこれがアクションフェイズであればCrownのプレイに対し1アクションを消費しますが、購入フェイズでは消費しません。そのため残りアクションは、前者で1、後者で2となります。

なので例えば手札に王冠(0*)があるとき、Crownのプレイがアクションフェイズであればその後にプレイされる王冠が生む金量は3金に、購入フェイズであれば4金となります。後者の方が得ということになりそうですが、しかしそれではCrownのプレイによりアクションカードを引いてきたとしても、それをプレイできません。そのカードによってはアクションフェイズを選択した方が得ということになるでしょう。

さて、ターンのはじめに何も言わずCrownをプレイし、1枚山札を引いたとき、そのカードを見てから「さっきのCrownはどちらのフェイズにプレイしたものか」を決めてもいいのでしょうか。

もちろんこれは不正なプレイになるのですが、しかしこれまで原則としてアクションカードはアクションフェイズに、財宝カードは購入フェイズにプレイするものであり、いちいちアクションフェイズの終了を宣言することはありませんでした。そのため上の「何も言わずにCrownをプレイ」もついついやってしまいそうです。それが不正なプレイになり得るケースは少ないにしろ。

これはEnchantressを持続された場合だけでなく、Crownに+1カードトークンが乗っているときなど、その後の選択の前に自身が得ている情報が増える場合全般で言えることです。不要なトラブルを避けるためにも、Crownという新たな性質を持ったカードをプレイする際は常に気を付け、誤解を招く可能性がある状況ではそのフェイズを宣言した方が良いでしょう。


※参考:狂信者の追加プレイについて(http://d.hatena.ne.jp/hirotashi-domi/20121101

2016-11-11

Palace算

Palace

Landmark


得点計算時、あなたの持つ銅貨・銀貨・金貨のセット1組につき3点。

金銀銅の1セットで3点もらえるLandmark、Palaceについて考えてみます。

最初に持っている7枚の銅貨を廃棄するわけでもなければ、序盤で銀貨を数枚購入した後に金貨を買うたび3点もらえるという感覚でだいたい正しいでしょう。同じ6金で買えるハーレム(6)が2金を生みつつ2点ですから、このときの金貨はハーレムの上位互換と言えるでしょう。

また、終盤に6金出たとき、通常なら公領を買う局面で金貨を買うという選択肢が生まれます。まだデッキ内の金貨の枚数が銀貨の枚数に達していなければ公領と同じく3点となり、その上シャッフル後のデッキ状態は公領購入時と比べ良くなります。


さて、問題は例えば改築(4)のような、金貨を犠牲にして属州を取るカードについてです。これまでなら終盤の改築は金貨を属州に変えることが強い動きでしたが、これによって金銀銅セットが1つ失われてしまうと差し引き3点にしかなりません。


以下、デッキ内の財宝カードの内訳は銅貨7銀貨4金貨2だとして、改築をどう打てば最も稼げるか、考えてみます。

f:id:hirotashi-domi:20110410195247j:imagef:id:hirotashi-domi:20110813141027j:imagef:id:hirotashi-domi:20110813141028j:imagef:id:hirotashi-domi:20110206204124j:imagef:id:hirotashi-domi:20110206204124j:image

  • 金貨を属州に改築して屋敷購入:+4VP
  • 銀貨を公領に改築して公領購入:+6VP
  • 銅貨を屋敷に改築して公領購入:+4VP
  • 銅貨を屋敷に改築して金貨購入:+4VP

公領2枚獲得が一番稼げるという結果となりました。


f:id:hirotashi-domi:20110410195247j:imagef:id:hirotashi-domi:20110813141027j:imagef:id:hirotashi-domi:20110813141028j:imagef:id:hirotashi-domi:20110813141028j:imagef:id:hirotashi-domi:20110206204124j:image

  • 金貨を属州に改築して公領購入:+6VP
  • 銀貨を公領に改築して公領購入:+6VP
  • 銀貨を公領に改築して金貨購入:+6VP
  • 改築をプレイせず、属州を購入:+6VP

なんとどれも同じという結果に。

しかしデッキへの影響を考えると、上から「金貨を失い緑2枚得る」「銀貨を失い緑2枚得る」「銀貨を金貨に替えて緑1枚得る」「緑1枚得る」となり、3番目の金貨購入が最も良さそうです。


ところで、このPalaceと最も相性のいいカードは何になるでしょう。金貨が容易に獲得できる青空市場(3)+廃棄カードや坑道(3)+捨てるカードなどが考えられますが、デッキを成長させつつ欲しいカードを選べるという意味では値切り屋(5)がかなり良さそうです。序盤は金貨を買いつつ銀貨を取り、終盤はもちろん属州を買いつつ金貨を獲得するという手順で勝利点カード集めと財宝セットの構築を同時に行えますね。

2016-11-03

Landmarkによるゲーム収束の鈍化について

かつて司教(4)と城塞(4)からなる、毎ターンVPトークンを獲得し続けるデッキ、いわゆるゴールデンデッキとそれによる千日手問題について書きました(http://d.hatena.ne.jp/hirotashi-domi/20120830)。繁栄以前の、勝利点カードを買い集めることで得点を得るというゲームだったドミニオンが、それ以外の勝利に近づく方法であるVPトークンが生まれたことによるジレンマです。

ドミニオン属州植民地が枯れる、または3山切れによってゲームが終了しますが、いずれにせよサプライからカードを獲得することでそのゲーム終了に向かいます。司教と城塞からなるゴールデンデッキは完成してしまえばそれ以降カードを買わないため、双方がそのデッキを完成させるとゲームが終了しないのです。たとえ点差がつき、それ以降もう逆転できる術がないとしても。*1

さて、帝国でLandmarkが導入されました。こちらもVPトークンやそれ以外の勝利点の獲得または失点について定義しているものですが、ではこれによって新たな問題が発生しないのか。考えてみます。


Tomb

Landmark

あなたがカードを廃棄するたびに、+1VP。

カードを廃棄する度に1点ということは、思いつくのはやはり廃棄してもできないカード、城塞です。上のゴールデンデッキで得られる点数が増えるだけでなく、司教がなくともただ廃棄ができるだけでゴールデンデッキは完成してしまいます。



f:id:hirotashi-domi:20121123085230p:imagef:id:hirotashi-domi:20121123085041p:imagef:id:hirotashi-domi:20121123085041p:imagef:id:hirotashi-domi:20121123085041p:imagef:id:hirotashi-domi:20121123085041p:image

採集者(3)を4回打って、城塞を4回廃棄すれば毎ターン4点です。




f:id:hirotashi-domi:20121123085230p:imagef:id:hirotashi-domi:20121123084250p:imagef:id:hirotashi-domi:20121123084250p:imagef:id:hirotashi-domi:20121123084250p:imagef:id:hirotashi-domi:20121123084250p:imagef:id:hirotashi-domi:20121123084250p:imagef:id:hirotashi-domi:20121123084250p:imagef:id:hirotashi-domi:20121123084250p:image・・・

こちらはネズミ(4)の枚数に気を遣う必要はありません。ネズミを打って手札に城塞がなければ手札を公開するだけです。

極端な話、デッキが城塞1枚とネズミ20枚であるとき、ターンの開始時に城塞が手札にあれば20点、そうでなければなるべく早く城塞を引いてくるのを願いつつネズミを打ち続け、最低でも5点を獲得できます。


Wall

Landmark


得点計算時、あなたの持つカードのうち15枚を除き、1枚につき-1点

二人戦で、buyを増やす手段も廃棄するカードもないゲーム。先手はデッキの状態がよく属州を買うだけの金量が出せ、後手はそれが無理という状況で、公領と屋敷は既に枯れ、属州は残り1枚、後手が5点リードしているとします。

先手は最後の属州を買ってしまうと同点手番差で負けるため、8金が出ても属州を買うことはできません。それ以外のカードは買うと-1点となり、6点差がついてしまえばもう逆転の目がなくなるため、もうどのカードも買うことができません。

一方後手はその状況が分かっているため、自身が最後の属州を買うことができないとしてもゲームに負けることはないため、こちらもカードを買う意思がありません。うっかり何かを買ってしまうと次のターンで先手に属州を買われて負けてしまうからです。

双方にカードを買う意思がなく、ただただパスが続くだけのゲームは永遠に終わることはありません。ゴールデンデッキ同士の対戦と同じく、こちらも千日手と言えるでしょう。

*1:余談ですが、goko長期リーグではこの千日手を避けるため、第50ターン終了時にゲームは終了するとしています。