Hatena::ブログ(Diary)

ドミニオンの日々

2018-04-19

Night Watchmanで学ぶ シャッフルしたいカードとしたくないカード


簡易更新。

先日書いた記事で取り上げたNight Watchman(3)(以下NW)、その特徴のひとつとして、シャッフルタイミングを操作できるという点があります。第3ターンに買ったカードを最速で第4ターンにプレイできる、つまりシャッフル回数を増やして1ターン早くデッキ3周目を迎えられるという点です。

さてこの利点を、ゲーム序盤だけでなく他の状況でも生かせるでしょうか。デッキが残り5枚未満であるとき、NWを打てばシャッフルされるわけですが、さてここでこのシャッフルはしたいのかしたくないのか。

デッキの底に沈んだカードはデッキ2周で1回しか打てません。ドミニオンにおいては「シャッフルするカードは強ければ強いほど良い」という原則があり、手札に強いカードが揃っているときにシャッフルをしてしまうと、そのカードを次に使うまでに今ある山札を消費する必要が生じるため、シャッフルは強いカードだけを対象とするのが望ましいと言えます。

さて、あるターンで手札にNWがあり、山札が5枚未満であるとき、このNWは打ち得と言えます。いま手にある弱いカードを含めずに次の山札を作れるからです。

ではこれを応用して、もし終盤に手札が弱く、NWはないものの3金は出せるのであれば、屋敷を買うのもいいですが、NWを買えば上の状況を作り出すことができます。

さて、残り山札が5枚未満で、手札に銀銀屋屋NWの5枚を持つときに民兵(4)を打たれた場合、どの2枚を捨てるべきでしょうか。屋敷2枚を捨てたくなるところでしょうが、終盤であれば4金で屋敷を買うよりも、このターンはパスして銀貨2枚を捨て、NWをプレイしてリシャッフルを誘発すれば、デッキに銀貨2枚を含め、かつ屋敷2枚を含めずにおけるのです。デッキの次の1周を強くして8金の可能性を上げるためには、リシャッフル前にデッキを強くする手段があるならその手を取るべきでしょう。

2018-04-15

今日の寄付 Devil's Workshop



簡易更新。

そのターンに何も買わなければ金貨がもらえるNightカード、Devil's Workshop(4)(以下「DW」と略す)は、じゃあ返済の間何も買えなくなる寄付と相性がいいんじゃないかと思いました。

以下手順です。


1DW購入銅貨7屋敷3DW1
2寄付購入(銅貨7屋敷3廃棄)DW1
3返済なし・金貨を獲得金貨1DW1
4負債3を返済・金貨を獲得金貨2DW1
5負債2を返済・何も買わない・金貨を獲得金貨3DW1
6属州購入・銀貨を獲得金貨3銀貨1属州1DW1
7属州購入金貨3銀貨1属州2DW1

ここまでは確定。おおよそ10ターンで属州4枚に達するようです。

この後のDWではおそらく銀貨も獲得しない方が属州が買いやすくなると思いますが(未確認)、その他サプライに有用なカードがあれば、特にドローカードがあればそれを取るべきでしょう。

2018-04-14

冠を相続してみよう + 相続とランドマークについて



相続(7)の対象となるカードの条件は、「サプライにある、コスト4以下の、勝利点でない、アクションカード」です。ならば橋(4)などでコストを下げれば冠(5)を相続することも可能ですね。

さて冠は(現在のところ)唯一の「アクション-財宝」タイプを持つカードです。これを屋敷が相続すると、夢の「アクション-財宝-勝利点」カードが完成します。これで一通り遊んでみようというのが今回の記事でして。

  • 屋敷を購入フェイズにプレイできる(!)。そのターンに壮大な城(9)を購入すればその分VPトークンを獲得できる。
  • 鉄工所(4)で屋敷を獲得する、または金物商(4)で屋敷を公開すると、+1カード・+1アクション・+1金を得る
  • 泥棒(4)・海賊船(4)・山賊(5)を打たれたとき、公開された屋敷は廃棄され得る。ただし泥棒で廃棄されたとき、泥棒をプレイしたプレイヤーはその屋敷を廃棄置き場から獲得できない(廃棄置き場の屋敷は既に財宝カードではなくなっているため)。
  • 鉱山(5)や収税吏(4)で屋敷を廃棄することはできるが、屋敷を獲得することはできない(サプライの屋敷は財宝カードではない)。つまり屋敷を屋敷にすることはできない。
  • 冒険者(6)や投機(5)をプレイしたとき、山札から屋敷が公開されればそれを財宝カードとして扱う。
  • 造幣所(5)をプレイして手札から屋敷を公開すれば、サプライから屋敷を獲得できる。また屋敷をプレイしたターンに造幣所を購入すると場の屋敷は廃棄される。
  • ランドマークとして砦があるとき、デッキ内の屋敷の枚数を他のプレイヤーと比べ、最も多く持っているプレイヤーが冠を相続していれば5点を得る。

ひとつの処理の中で、ひとつのカードが持つ性質が変化する(「あなたのカード」が「あなたのカード」でなくなる)ことがあるため、なかなか面白い挙動が見れます。


ところで。

上の砦もそうですが、相続ランドマークの関係について改めてまとめてみます。以下冠に限らず、相続で何かしらのカードを対象としたときに起こることになります。いずれもつい忘れてしまいそうなので注意です。

  • 闘技場があるとき、購入フェイズの開始時に屋敷を捨てれば2VPトークンを得る。
  • 列柱があるとき、プレイされた屋敷が場にあれば、屋敷購入時に2VPトークンを得る。
  • 果樹園があるとき、屋敷を3枚以上持っていれば、4点を得る。
  • 凱旋門があるとき、「2番目に多いアクションカード」の枚数を数える際に、屋敷も含める。

2018-04-12

第2ターンに買うNight Watchmanについて



今月はNight Watchman(3)(以下NW)強化月間です。


購入すると即プレイでき、プレイすると次の山札5枚を好きに捨てられるNightカード。使い勝手がいいカードですが、これを第2ターンに購入したときに起こることについて書きます。

初手が4-3であったとき(3-4でなく)、銀貨-NWと買うとどうなるでしょうか。銀銅銅銅銅屋の6枚から5枚を見て、そこに屋敷があればそれを捨てれば、次のターンは銀銅銅銅銅の6金が確定します。ここで金貨を買えば、金銀NWの3枚を含んだデッキをシャッフルすることとなり、第4ターンから金貨をプレイできる可能性が生まれます(確率5/13=38.5%)。

6金と言えば、銀銀から始めた初手では2周目に出るとは限らず、仮に出てもそれをプレイできるのは第5ターンから始まる3周目です。初手銀貨-NWはこれに比べおよそデッキ1周半ほど先んじることになるでしょう。

さらにNWはデッキの回転そのものを良くするため、早く金貨の入ったデッキはまたその金貨で金貨を買いつつ、それらの金貨をプレイする速度を加速します。

さて、初手で買った銀貨ですが、これはもちろん銀貨でなくとも銀貨相当のアクションカード、いわゆるターミナルシルバーであってもいいわけです。ではこれが例えば、民兵(4)や巾着切り(4)だったら。同じく4-3で2ターン目にNWを買おうとしている他のプレイヤーがいる時に、自分の手番が早かったら。自分は6金出しつつ、相手の6金を潰すことができます。

そう、2ターン目のNW購入は、1ターン目に買ったカードを確実に3ターン目に引くことができるという点でも大きな意味があるのです。先打ち有利のアタックカードを本当に先に打てば、相手に大きく差をつけることができるでしょう。

この他にも、最初に買うのが男爵(4)や死の荷車(4)、物乞い(2)であれば7金が、銅細工師(4)であれば8金が確定しますし、ポーション買って3金+ポーションを出したり、あるいは礼拝堂(2)のような圧縮カードを入れて3ターン目に圧縮して即3周目、という使い方も。可能性はまだまだありそうです。

2018-04-11

「初手で魔女とキャントリップ買うべきか問題」について

f:id:hirotashi-domi:20110716071627j:imagef:id:hirotashi-domi:20110714230316j:image

簡易更新。

先日のしゃべドミで上がった問題です。

初手5-2で強い5コストのカードを買うとき、2金で買えるキャントリップがあるなら買うべきなんでしょうか。

これは魔女の他、狂信者(5)や保管庫(5)、あるいはちょっと限定されますが、屋敷を廃棄できることを前提とした弟子(5)でも同じく考えられる問題です。そう、いずれも2ドローするんです。

このうち弟子を除けばターミナルドロー(アクションフェイズで最後にプレイするドローカード)であるため、その2枚で引いたキャントリップはいわゆる「0点呪い*1」です。通常ターミナルドローと相性は悪いと思いますよね。

実際、もし2金をパスしてデッキを11枚としても、あるいはキャントリップを買って12枚としても、キャントリップはプレイすれば1枚ドローするので実質的に11枚となり、魔女が底に沈む確率1/11に差はありません。

それが例えば騎士見習い(2)のように早めに打つことに意味があるものなら別ですし、真珠取り(2)であれば第3ターンに、パトリキ(2)であれば第4ターンに打つことで、底に沈んだ魔女を掘り出してくることはできるのですが、それ以外の、例えば手先(2)や停泊所(2)でも買いたいか。

それでも買うべき理由があるとすれば、そのキャントリップが第3ターンに手札に来ず、かつ第4ターンに魔女が打てたときです。デッキが12枚であれば2ドローしてデッキをちょうど引き切り、リシャッフルせずに済みます。その場合魔女を含めたデッキをまるごとシャッフルして3周目を迎えますが、リシャッフルする場合は6枚をシャッフルして作ったデッキの下5枚を手札とする第5ターンが始まるため、次に魔女を打つ機会がおよそ1ターン遅くなってしまいます。

かつて同じ理由で「保管庫-パス」より「保管庫-銅貨」の方が強いのでは?という議論がありましたが、キャントリップが買えるなら買った方がいいでしょう。2ドローでキャントリップを引いても保管庫にとっては1金の価値のため問題なく、2周目金貨を入れ、金貨と保管庫が含まれたデッキで3周目を始められます。

*1:呪いのように役に立たないが、-1点というわけではないカード