ひろゆきの特亜関連情報日記 RSSフィード

みんなの応援が書く元気になります!人気ブログランキング→クリックして応援してね♪

2007-08-29 *[8/29 イマイチ盛り上がらない世界陸上]

[]さくらパパ・横峯参議院議員逆ギレ提訴



考えられる最悪の対応を取っているのではないかと…−y( ´Д`)。oO○



「元愛人に脅迫された」良郎氏が会見

週刊誌「週刊新潮」で“不倫&賭けゴルフ疑惑”が報じられた“さくらパパ”こと民主党の横峯良郎参院議員(47)が28日、都内で釈明会見を行った。女性との愛人関係と、過去に少額の賭けゴルフをした事実を認め「投票していただいた方々にはご迷惑をおかけし、おわびを申し上げます」と陳謝。一方で「女性に脅迫されていた」ことを明かし、集まった報道陣に怒りをぶちまけるなど大荒れの会見となった。

会見の冒頭、約150人の報道陣の前で頭を下げ、当選後間もない時期のスキャンダル騒動について謝罪した横峯氏。女性について「昨年、お付き合いしていました」と認め、賭けゴルフに関しては「10年以上前、鹿児島にいたときに、友達と5000円ぐらいの少額の賭けゴルフはやった」と説明した。

高額の賭けゴルフや酒の席での行き過ぎた行為など、そのほかの報道については真っ向から否定。女性に慰謝料名目で500万円の支払いを不当に要求されていたことを明かし、恐喝行為を知りながら女性の言うがままに報道され名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社と女性に対し、東京地裁に5500万円の損害賠償と謝罪文の掲載を求める訴訟を起こしたことを明らかにした。

訴状によると、女性は金銭の支払いに応じない場合「週刊誌などのマスコミに言います」と恐喝してきたという。

横峯氏が神妙にしていたのは、同席した谷澤忠彦弁護士が訴訟の経緯を説明していた時まで。質疑応答になると一転“ブチ切れ”。質問する記者やリポーターに「朝からマンションの前にカメラを構えてインターホンで聞いてましたね」「おたくですね、(さくらアカデミーの)子どもに電話したのは」などと、顔を真っ赤にしながら反論。「何一つ私に確認もとらないで、週刊新潮の記事のまま報道するのか」「ありもしないことを報道されたら、気の弱い人なら自殺してますよ!」と一連の報道に対して不満をぶちまけた。

エキサイトしすぎて、弁護士が「怒るな、けんかする場じゃない」と何度もなだめたが、怒りは収まらず、最後は弁護士も「もうええわ、こんな会見」とさじを投げる場面も

家族への説明については「ちゃんと言いました。恐喝されていると」。娘で女子プロゴルファーの横峯さくら(21)は「(裁判を)とことんやれと言っている」とした。今後、恐喝行為に対して「刑事告発も検討している」(谷澤弁護士)といい、騒動は泥沼化の様相を呈している。


▼週刊新潮編集部のコメント 横峯議員の提訴については、まだ訴状が届いていませんが、本誌記事に掲載したとおり、横峯議員は本誌の取材に対し、愛人問題や賭けゴルフの件などを大筋で認め、反省の弁を述べておりました。にもかかわらず、なぜ前言を翻し、突然の提訴に至ったのか、理解に苦しみます。

また、横峯議員の賭けゴルフ問題については、今週発売される「週刊新潮」において、再び記事を掲載します。横峯議員は先週末、賭けゴルフをした相手を呼び出し、口止めを依頼するという卑劣な工作を行っていました。つまり現職の国会議員が、犯罪行為の証拠隠滅を図った上で、メディアを相手に訴訟を起こしたわけであり、その非常識で悪質きわまりない行動は、完全に議員失格であると考えています。


ソース・スポニチ

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2007/08/29/01.html

__________________________________________________


このオッサンについては、「さくらパパ」として娘の七光りでテレビでおちゃらけていればいいものを何をトチ狂ったのか立候補して…と思っていまいしたが、案の定選挙期間中に年金履歴の虚偽申請を奨励するような演説をかますなどアホっぷりを全開にしておりました。(もっともマスコミの自民・安倍バッシングに隠れてあまり取り上げられなかったけどね…)

※参考エントリー 民主党・さくらパパ 年金履歴の虚偽申請を「奨励」

http://d.hatena.ne.jp/hiroyki/20070727/1185508203


で、めでたく当選したわけですが、「遅かれ早かれ何か問題起こすんだろうな」と予想していましたが、こんなにも早く現実のものになるとは…


個人的には、新潮の記事を読んで「愛人も賭けゴルフもけしからん」と言えばそうなんでしょうが、それ以上にこのオッサンの「ドケチっぷり」と「女の人に酒を無理やり飲ませて下着姿を写真に撮って喜んでいたという品性下劣っぷり」の方がもっとけしからんという印象を持ちました。


大人しく頭を下げて反省する姿勢を見せておけば、このままやりすごせたかもしれませんが、これだけ逆ギレかませばその代償は高くつくと思います。新潮等マスコミから大反撃食らって議員辞職の道まっしぐらではないでしょうか。


新潮の余裕のコメントと続編予告を見る限り、状況は極めて厳しく「もうオッサンどう考えても詰みですよ!はよ投了しなはれ!」とアドバイスしてあげたいんですが今となってはもう遅いですね。


それから、この逆ギレ提訴のこと民主党執行部は事前に知っていたんでしょうか?

知っていながらゴーサインを出したとすれば、へたすると「永田メール事件」のように民主党を揺るがす問題に発展する危険性があるように思います。(さすがに永田メール事件に懲りていてこのオッサンが暴走しているだけだと思うけど…意外と過去の教訓に学んでいないような気もするんだよね)




クリックして応援してね♪ 人気blogランキングへ

delphinidaedelphinidae 2007/08/29 18:06 弁護士を斡旋したりしてるのは民主でしょうなぁ。
もっとも、逆ギレは想定外だろう。
さっさと除名処分にして放り出すのが吉だが、民主じゃ無理だな。

taketake 2007/08/29 18:27 この弁護士、確か年金問題で噛み付いてた弁護士でしょ
そーかー、民主御用達の弁護士だったんだー、と思ってみてましたw
こんな訴訟で自らの評価を落とすとは・・・
やっぱり、民主支持者ですね〜w

mail6mail6 2007/08/29 21:40 突然ですが、もし、さしつかえなければ、
私のサイトに、あなた様の
ブログを登録していただけないでしょうか。
ランキングを楽しんだり、
さまざまなブログを拝見したり、
ブログライフの引き出しとして、
お願いできないでしょうか。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
是非、御願いします。

三毛猫三毛猫 2007/08/30 02:18 無責任な逆切れで世間は「愛人」に味方をする人が増えたでしょう。
悪いけど、愛人さんの反撃が楽しみ。

私人なら許されても、国会議員は許されない事があると「ミスター賭けゴルフ」は理解できないのかね。

ひろし(久米)ですひろし(久米)です 2007/08/30 06:25 「気の弱い人なら自殺してますよ」どうやらさくらパパは公人と私人の区別がついてないようだ。政治家は公人だから人格も問われる。民主党の対応に注目です。

ぶらぶら侍ぶらぶら侍 2007/08/30 09:57 新潮第2弾(賭けゴルフ口止め工作&ハレンチ写真)来ましたね。エグイ写真にドン引きです…
ミンス鳩山幹事長は「裁判ではっきりしてから。事実を国民に知ってもらい、横峯議員の行動を正確に判断してから(世論に)答えを出していただきたい」などと今のところ苦しい弁護していますが…
それから文春には姫井由美子の不倫スキャンダルも掲載されました。ミンスもこういう輩はさっさと斬った方がいいと思うけど、今後のグダグダの対応が見物ですな。

ursaemajprisursaemajpris 2007/08/30 10:01 抗議しときますた。
http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html

民主党は不倫集合党民主党は不倫集合党 2007/09/05 13:22 山本モナとの不倫のあった細野豪志は、未だに民主党に属している。小沢一郎が不倫・横峯良郎を担ぎ出したので民主党は不倫集合体となった。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証