Hatena::ブログ(Diary)

hiroyukikojimaの日記

2019-01-10

新著『暗号通貨の経済学 21世紀の貨幣論』が刊行されました!

00:55

 ぼくの新著暗号通貨の経済学 21世紀の貨幣論講談社メチエが、大手書店には並び、アマゾンにも入荷されたようなので、販促の追い打ちをかけたい。

暗号通貨の経済学 21世紀の貨幣論 (講談社選書メチエ)

暗号通貨の経済学 21世紀の貨幣論 (講談社選書メチエ)

前回(来週、新著『暗号通貨の経済学』が刊行されます! - hiroyukikojimaの日記)は目次をさらした。普段は、目次のあとは「序文」をさらすことにしてるんだけど、本書には「序文」はない。その代わり、長〜い「序章」があるが、これをさらすわけにはいかない。なので、いつもとは違って、「あとがき」の前半部をさらすことにする。後半部分も読みたい人は、ぜひ、買って読んでほしい。まあ、「あとがき」はそんなには長くもないんだけどね。「あとがき」は以下である。

暗号通貨の経済学 21世紀の貨幣論』のあとがき

 

 本書は、ビットコインを始めとする暗号通貨について、総合解説を試みた本です。暗号通貨は今、非常にホットなトピックなので、集中的にリサーチし多方面から考察できたのは良い経験になりました。

 暗号通貨というアイテムは、筆者にとって、このうえなく興味深い素材でした。なぜなら、次のような様相を持っているからです。

(a) 数理暗号というツールを使うので、純粋数学と接点を持つ

(b) 貨幣である、という点で、経済学と接点を持つ

(c) ブロックチェーンという技術によって可能となる、という点で、ゲーム理論親和性がある

(d) プログラム可能という意味で、数学基礎論(数理論理学)と関係を持つ

(e) オープンソースと関係するという意味で、「どういう社会が望ましいか」という社会選択の問題と抵触する

(f) アルゴトレーディングに応用できる、という意味で、数理ファイナンスと関係する

これらはみな、筆者の大好物でした。これまで筆者は、RSA暗号楕円曲線数学貨幣論ゲーム理論数学基礎論金融トレーディングについて、それぞれ別個に書籍化してきました。今回は、これらの素材すべてを暗号通貨という一本の剣で貫く、という作業となり、大変ではあったものの、とても楽しい仕事でした。

 ぼくは、ビットコインのことを知ったときは、「へえ、そんな面白いものが提示されたんだ」ぐらいにしか考えていなかった。収容所ではタバコがお金の代わりになるぐらいだから、ネット上の2進法の数字がお金になったって不思議ではない。そんな程度の興味だった。

でも、本書の執筆依頼を受けてから、ナカモトの論文を読んだり、ネット上の解説を読んだりしたら、これがひどく面白かった。上記の「あとがき」に書いたように、ぼくの好物のフルコースというか、食べ放題というか、そういうものだったのだ。なので、資料漁りも、執筆もめちゃくちゃ楽しい仕事だった。そんなぼくのウキウキ感が、本全体にみなぎっていると思う。

是非、書店で手に取ってみてほしい。