●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2016年05月22日(日)

[]異世界Cマート繁盛記2

[著者:新木伸/イラスト:あるや/ダッシュエックス文庫]★★

 相変わらず散歩のついでにふら〜っと立ち寄れる
“近所の異世界”感覚が、ゆるくてまったりとした
気分に浸らせてくれます。そんな中でたまに思った
りする事ですけど、賓人って唐突にあっさり何時の
間にやら入り込めたじゃないですか。なので、逆の
パターンで前触れも無く終わってしまう可能性もあ
るんじゃないかと。例えば、現実世界に生きる価値
を改めて見出した瞬間に異世界へ行けなくなったり
とか(現状深刻になる雰囲気は皆無ですけどね)。
 そして今回は新キャラ・エナの可愛らしさが大爆
発でした。エナ自身は実は大きな野心を抱いていた
りするのですが、引っ込み思案なのに頑張って主張
しようとしている辺りも可愛くて仕方が無いです。
  
既刊感想:

2016年05月21日(土)

[]ラブと貪食の黒戮呪剣<コルドリクス>

[著者:宮澤伊織/イラスト:人米/MF文庫J]★★

 ジントが魔剣コルドリクスに魅入られてしまった、
と最初の内はあまりその事実がピンと来なったので
すが、徐々に命を狙う魔剣の狂気があらわになって
行くに連れて、急速に恐怖を実感させられました。
 その魔剣コルドリクスなんですけど、何かヤンデ
レっぽいなあと感じたのは気のせいじゃないと思う
んですよ。「自分だけのモノにしたいから貴方の命
が欲しい!」みたいな。まあ実際には既にジントの
半分は魔剣のモノになっちゃって、もう半分のジン
ト自身に引かれてるだけなんですけど。頭の中で擬
人化してみたら、そんな風に浮かんだ次第です。
 ティラニアと魔剣の関係はあまり語られなかった
ので、今度はその辺りをもっと知りたい所ですね。

2016年05月20日(金)

[]姫騎士はオークにつかまりました。

[著者:霧山よん/イラスト:霜月えいと/富士見ファンタジア文庫]★

 第28回ファンタジア大賞『審査員特別賞』受賞作。
 正社員になって弥太郎が渇望する『安定』とやら
を手に入れても、その代わりに何かを犠牲にしたり
失ったりする場合もある。一方で弥太郎が抜け出し
たい『不安定』な派遣社員でも、やりがいを感じて
いればその居場所に満足出来るのかも知れない。
 などなど。仕事と就職活動について、様々な立場
から様々な意見が出て来そうなお話でした。異種族
混同の世界ですが、弥太郎の就職活動の難儀さは妙
に生々しい感じでした。立場的な所とかは特に。
 一生に一度しか無さそうな奇跡的チャンスだった
んだからそこは姫様を所望しとけよ、とか思いまし
たけどね最後のアレは。ただ、その一言を最も望む
辺りに、弥太郎のこだわりが見えた気もしました。

2016年05月19日(木)

[]ここは異世界コンビニ デモン・イレブン2 盗賊のお客様、店員の目の前での万引きはおやめ下さい!

[著者:大楽絢太/イラスト:今野隼史/富士見ファンタジア文庫]★★★

 これもうコンビニバイト業務じゃないよ! 的な
透の心の叫びが沢山盛り込まれていましたが、それ
もこれも「だって異世界だから」の一言で黙らされ
てしまうこの理不尽さ。それでも、どうやったら元
の世界に帰れるんだろう? という疑問や愚痴が不
思議と彼ら彼女らの口から殆ど出て来ないのは、案
外異世界での業務にやりがいを覚えたからなのか、
それともそんなの考えてる余裕もないからなのか。
 どちらにしても、充実感に満たされているなあと
思う部分が大きいんですよ。激務か暇か、極端なの
はどっちも嫌ですけど、この店の場合は閉店が賭か
っているので激務じゃないとやばいわけで。凄まじ
く慌しいのを見てるとちょっと安心させられます。

2016年05月14日(土)

[]創神と喪神のマギウス

[著者:三田誠/イラスト:曽我誠/富士見ファンタジア文庫]★★

 何か現実離れした特別な能力が使えるとして、使
える年齢が十六歳までと限定されるものとして。じ
ゃあ何故それ以降の年齢に達した時点で、自分の中
に在った筈の異能力が消滅してしまうんだろう?
 そりゃ設定上そうなってるからでしょうよ、と言
われてしまえばそれまでですけど、ちょっと立ち止
まって考えてしまった所です。『創神』の能力を手
にした少年少女達の中には、「もっと長期間、十六
歳を過ぎても創神の力を使う方法は無いものか」、
こういう風に思った人が居たかも知れません。或い
は大人達の方が、利用価値を得る為に探求している
かも知れません。その辺りが、組織三つ巴の中で新
たな争いの火種になって行くのかも知れません。