●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2007年12月15日(土)

[]九月は謎×謎の修学旅行で暗号解読 私立霧舎学園ミステリ白書

[著者:霧舎巧/イラスト:西村博之/講談社 講談社ノベルス]★★

九月は謎×謎修学旅行で暗号解読 (講談社ノベルス)

九月は謎×謎修学旅行で暗号解読 (講談社ノベルス)

 半分館モノで宝探し、あとの半分は遠距離の二箇所同時暗号解読。つまり三箇所同時進
行で、シリーズ中最も謎が複雑に絡まり縺れ合った内容になっておりました。さくさく進
めていたこれまでとの展開とは一線を画していて、じっくり腰を据えて読ませてくれる展
開でかなりの満足満腹感。まあ手掛かりと六枚の地図とを幾度も幾度も見比べながらの読
み進めだったもんで、途中で頭の中がこんがらがって煙が上がったりもしたけれど……。
 三人の探偵による三箇所同時謎解き進行。関連性があるのは勿論分かっちゃいるんだけ
ど、何せそれぞれが別々の行動を取っているので(棚彦となるさんは同じ京都だけど保は
神奈川だからねぇ)、「どうやって一本の線に繋がるんかな〜?」と興味津々。真相に至
るまでの過程が実に面白い。更にその繋げ方も巧妙で、最後にもう一押しのどんでん返し
っぽい種明かしも良かったなと思う。前述の通り上々の満足感。ただ、どうもラストの締
めがあっさり過ぎなのはやっぱりちと不満。解決後のちょっとした余韻が欲しいなぁ。

既刊感想:四月は霧の00密室
     五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し
     六月はイニシャルトークDE連続誘拐
     七月は織姫と彦星の交換殺人
     八月は一夜限りの心霊探偵

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20071215/1197727961