●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2007年12月26日(水)

[]図書館内乱

[著者:有川浩/イラスト:徒花スクモ/メディアワークス]★★

図書館内乱

図書館内乱

 シリーズ第2巻。前巻は“図書館とメディア良化法の関係”という背景の中に登場人物
達を織り交ぜてゆく描き方だったけれど、今回はその逆のパターン。“登場人物達の事情”
の中で図書館内情やメディア良化法関連を語ってゆくというもの。登場人物達(特に今回
焦点が当たった小牧、柴崎、手塚)の特徴をより明確に掴む事が出来たのが主な収穫。
 他では新館長・江東を象徴する『中立』という言葉により、図書館内部にも『原則派』
と『行政派』とがあり、一枚岩ではない事実が強調されていた点が印象の残る。心情的に
は郁が支持する原則派寄りなんだけど、原則支持が図書館内部で過多なのは偏りではない
か? という江東の指摘も確かに一理あるなと思わされたり。その一枚岩でない辺り――
原則派だけでなく行政派の姿も図書館内部事情の中で見れた事も収穫だったかなと。
 あと、郁と堂上の事は予想を裏切らないベタベタっぷりで、何かちょっと触っただけで
手がベタベタになっちまった感触を覚えたのだけど……どーすりゃいいかね? 「とっと
とくっつけやおらぁ!」って蹴っ飛ばしたくなるな〜。まあ今は成り行きを見守ろうか。

既刊感想:図書館戦争

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20071226/1198643859