●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2007年12月27日(木)

[]図書館危機

[著者:有川浩/イラスト:徒花スクモ/メディアワークス]★★

図書館危機

図書館危機

 シリーズ第3巻。猥褻行為被害、昇任試験、違反語、郁対母第2ラウンド、図書隊対メ
ディア良化委員会大流血戦闘、そして図書館に訪れる転機……などなど。今回は1巻目と
2巻目の要素が丁度半分ずつの割合で盛り込まれていたかな? 前半は登場人物達の輪郭
をより際立たせるようなエピソードが主で、一方後半は図書館とメディア良化委員会の相
容れない対立模様を描いたエピソードが主で、これまでの中でのいいとこを切り取って貼
り付けたって印象。今までに増してぐいっと惹き込まれる絶妙なバランスで良かった。
 しかしこのラストはかなり衝撃的だったなぁ。あらゆる意味で大きな大きな支えだった
だけに余計にね……。ひとつの図書館時代の幕引き、そして新たな図書館時代の幕開けっ
てとこだろか? 損失と空虚感は限りなく大きく、それでも引き継がれ託された者達の体
制で歩んで行かなければならない。もしかしたら、この物語で最終的に描こうとしている
のは“メディア良化法との戦い”ではなく、“図書館内部の変革”なのかも。単純に私の
憶測だけの物言いだけど、望んでいる事でもある。そういうのを最終巻で見てみたい。
 ……あれ? そういやあのバカップルの件が幾つかの騒動でいつの間にやら有耶無耶に
なっちまってたなぁ? まあこちらもね、万事めでたしめでたしとなって欲しいよな。

既刊感想:図書館戦争
     図書館内乱

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20071227/1198747631